さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生Mちゃんのレッスン

   

手首の運動は計画的に

IMG_8170

中学生のMちゃんがレッスンへやってきました。

いつもレッスンに来る前にお家でいっぱい練習をしてくるMちゃん。

この日はどうかな。確かに音質は昨年から見るととってもきれいになりました。

ということは手首を使うという動作が体の中に入ってきたようです。

次の段階は演奏中は手首の運動を継続させるということでしょうか。

手首の運動は気まぐれであったり、弓の開始時より遅れてはなりません。

音を出す前から、始動させなければいけません。

レッスンで感じたことは時折、音が出だしてから始動という時もあったかと思います。

するとやはり、弓が曲がってしまいましたね。

今週、最も集中して練習を行ってほしい項目はアップボウの手首です。

アップの手首の動かし方が荒いかなぁと。少しずつ少しずつ肉眼ではわからないくらいに手首を膨らませていきましょう。

これらの練習時に鏡を使用して練習するとより効果が上がります。

カールフレッシュ.スケール.システム

IMG_8169

「カールフレッシュ・スケール・システム」この音階教本から何を学ぶのか。なぜやらなければ上手くならないのか。

一言でいうと正しいフォームです。正しいフォームで弾かないと音程が取れなくなっています。また、きれいな音も望めません。

初心者の方は正しいフォームを身につける。経験者の方は正しいフォームへと矯正する目的があります。

これを音程目的でやっていたら、音程はもちろん、音質まで良くなったという事例が数多くありますので頑張りましょう。

まずは1STポジションで単音スケールをやって見ます。

1小節目での注意点は半音の箇所(ミファとシドの12)の指とくっつけることを心がけましょう。

PIZZで練習する際はあまり、強くはじき過ぎないようにしましょう。音が狂ってしまうかと思います。

次週は2小節目も勉強してきましょう。

ところで同じ指番号を使い隣の弦へ移動する音のことを五度と言いますが、その五度でずらせる箇所は指を上げずにずらして弾きましょう。

ホーマン練習曲第1巻

レッスンの中で19番をやりましたが、19番はスラーの勉強です。

2つだけのスラーですので、弓が足りなくなることはなさそうですが、手首により、やはり、弓が曲がってしまいます。

ですので、暗譜をして、しっかり、鏡を見て弾く練習を目指しましょう。

弓のスピードはゆっくり練習しましょう。

ホーマンの練習曲に入る前に必ずスケールで基礎をしっかり行ってから入ってください。

スズキメソード第1巻

「ちょうちょう」の譜読みを正確に行いましょう。

移弦の際は手首をやわらかく使えるようになるまで、基礎ボーイングを繰り返しましょう。

その日の最初は必ずPIZZでやってから弓で弾くようにしましょう。

PIZZでやりながら、指の形をしっかり確認しながら弾くようにしましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

大人のレッスン-yさん

右手の訓練 レッスンにいらしたyさん。 まずはバイオリンを持ってから、右手の脱力 …

大宮区のOLさんー初レッスンへ

マイ楽器とご対面 11月に体験レッスンに見えられ、この12月からレッスン開始され …

3月から始めた小学1年生のsちゃん

ピカピカの一年生になったSちゃん 4月から小学校に入り、ピカピカの学校生活を送っ …

ロングトーンボーイングの重要性ー小学生レッスンより

ボーイング練習が足りなかったかな。 夏休み明けのレッスンはyクンなりに頑張ってき …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …

兄弟でレッスンへーさいたま市南区より

兄妹で仲良くレッスンへ まだ始められたばかりの5才のRちゃんと7才のOクンご兄弟 …

鈴木メソード4巻/ビバルディーに取り組むMクン

週ごとに着実に上達しているMクン 「継続は力なり・・・」コツコツと少しずつ弾くと …

弓の持ち方

弓の持ち方で劇的に音質が変わる! 昨日、来た生徒さんの中で面白い発見をしてしまい …

さいたま市中央区より経験者のレッスン

 発表会も12月に迫り練習にも熱がこもりますね。 さいたま市中央区より中学生のM …

小学生レッスンよりー楽器を通してあらゆる能力が開発される!

次へのスタートが早いSちゃん 発表会では素晴らしいノーミスの演奏をやり遂げた小学 …