さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生Mちゃんのレッスン

   

手首の運動は計画的に

IMG_8170

中学生のMちゃんがレッスンへやってきました。

いつもレッスンに来る前にお家でいっぱい練習をしてくるMちゃん。

この日はどうかな。確かに音質は昨年から見るととってもきれいになりました。

ということは手首を使うという動作が体の中に入ってきたようです。

次の段階は演奏中は手首の運動を継続させるということでしょうか。

手首の運動は気まぐれであったり、弓の開始時より遅れてはなりません。

音を出す前から、始動させなければいけません。

レッスンで感じたことは時折、音が出だしてから始動という時もあったかと思います。

するとやはり、弓が曲がってしまいましたね。

今週、最も集中して練習を行ってほしい項目はアップボウの手首です。

アップの手首の動かし方が荒いかなぁと。少しずつ少しずつ肉眼ではわからないくらいに手首を膨らませていきましょう。

これらの練習時に鏡を使用して練習するとより効果が上がります。

カールフレッシュ.スケール.システム

IMG_8169

「カールフレッシュ・スケール・システム」この音階教本から何を学ぶのか。なぜやらなければ上手くならないのか。

一言でいうと正しいフォームです。正しいフォームで弾かないと音程が取れなくなっています。また、きれいな音も望めません。

初心者の方は正しいフォームを身につける。経験者の方は正しいフォームへと矯正する目的があります。

これを音程目的でやっていたら、音程はもちろん、音質まで良くなったという事例が数多くありますので頑張りましょう。

まずは1STポジションで単音スケールをやって見ます。

1小節目での注意点は半音の箇所(ミファとシドの12)の指とくっつけることを心がけましょう。

PIZZで練習する際はあまり、強くはじき過ぎないようにしましょう。音が狂ってしまうかと思います。

次週は2小節目も勉強してきましょう。

ところで同じ指番号を使い隣の弦へ移動する音のことを五度と言いますが、その五度でずらせる箇所は指を上げずにずらして弾きましょう。

ホーマン練習曲第1巻

レッスンの中で19番をやりましたが、19番はスラーの勉強です。

2つだけのスラーですので、弓が足りなくなることはなさそうですが、手首により、やはり、弓が曲がってしまいます。

ですので、暗譜をして、しっかり、鏡を見て弾く練習を目指しましょう。

弓のスピードはゆっくり練習しましょう。

ホーマンの練習曲に入る前に必ずスケールで基礎をしっかり行ってから入ってください。

スズキメソード第1巻

「ちょうちょう」の譜読みを正確に行いましょう。

移弦の際は手首をやわらかく使えるようになるまで、基礎ボーイングを繰り返しましょう。

その日の最初は必ずPIZZでやってから弓で弾くようにしましょう。

PIZZでやりながら、指の形をしっかり確認しながら弾くようにしましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市南区よりYクンがレッスンへやってきました。

 バイオリンと弓をしっかり持って安定したボーイングへ Yクンは頑張るときはお家で …

オールジャンル対応教室ー名曲を奏でられる楽しさ

選曲はとても楽しい時間に もちろん、当教室では基本の基であるクラシックは普段から …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

小学生Sちゃん講師と同じ肩当てを使い出しました。

ママとおそろいの肩当て 小学生Sちゃんは講師が最近、使い出したViva La M …

発表会に向けて頑張っているyクン

クリスマスコンサートに向けて 小学生のyクンにとって今年のクリスマスコンサートは …

さいたま市浦和区より月2回の大人のレッスンーOLさん

OLさんご自分のペースで日々、頑張っています。 浦和区のOLさん、お仕事をもちろ …

始めて4ヶ月で「きらきら星」を弾くようになりました。

小学生のyクンが最近、とっても練習をがんばっているようです。 それもその筈、「き …

バイオリンスタート時のサイズー年少さんレッスンから

バイオリンスタート時のサイズ 3才児で身長がまだ100センチにも達していないお子 …

桜区の中学生レッスン

中学生のMちゃんは困り果ててたようです。 中学生のMちゃんはお教室に入ってくるな …

さいたま市中央区のMクンは

講師のアドバイスに細やかに反応してくれるMクン 中学生のMクンは講師の様々なアド …