さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

大学生初心者のレッスン

   

 基礎フォーム

IMG_8165

大学生のMクンがレッスンに見えられました。

もう、学校でオケを始められたのかな。

いずれにしても個人レッスンでの基礎固めは後にどんな曲でも弾けれるようになりますので楽しみですね。

さて、レッスンに入りました。

まずは基礎フォームをチェックしていく中での弓の持ち方です。

小指が伸びてしまいます。小指は丸く力を抜いて立てておきましょう。

小指に力の入る原因として親指の形が変化(伸びていく)していくからだと思います。

親指の形はしっかりと曲げ演奏中は集中をして毛につけておきましょう。

次にレッスン中に気になったことはボーイングの中で手首が十分に使われていないという点です。

手首はダウン、アップと一音、一音、しかりと運動させましょう。

C-dur(ハ長調)のスケール

ホーマンに入る前にお家での練習では必ず、スケールを弾いて見ましょう。

するとその調の全音、半音が明確に整理されることと思います。

また、ここできちんと左手周辺の全てのフォームを確認していくことにより、次の教本がスムーズに入れます。

ホーマン練習曲第1巻

IMG_8166

スケールをきちんとさらってからこの練習曲に入ると指を広げやすいと思います。

その後、16番を弾きましょう。

初めはPIZZでフォームをくずさずに音程が取れるようになったら、弓で弾いてみましょう。

短い曲の間のうちから、暗譜をしていく習慣をつけましょう。

すると左手を見て弾けれるようになるでしょう。

演奏中は弓ではなく左指を押さえている方向を見るようにしていきましょう。

するとスムーズに弾けれるようになるでしょう。

スズキメソード第1巻

スズキメソード第1巻の『むすんでひらいて』を勉強してきましょう。

大変、よく知られた曲ではありますが、最初の週は左手はPIZZで練習し、右手の練習は長い音符と短い音符を分析し、弓の長さを使い分けましょう。

毎日、少しずつさらい、その小節ごとに暗譜をしておくと後がとても楽になると思います。

頑張りましょう。

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

進化しているバイオリンケース

OLさんの初レッスン 3月からご入会されたTさん。 この日、念願のマイバイオリン …

親子で初レッスン

今日がレッスン2回目のYクン。バイオリンの構え、弓の持ち方をおさらいし、今日から …

吹雪の中のレッスン

新しい写真がワードプレス不具合によりアップできず、現在、調査中です。 生徒のみな …

さいたま市桜区の学生さんのレッスンよりー動画あり

全てのフォームチェックは重音で確定する 重音というと上級者はともかく、中級者の一 …

さいたま市中央区のMクン

忙しいけれどコツコツ頑張っているMくん。 さいたま市中央区からレッスンにやってき …

中学生Sさんのレッスン

学校も始まったようで 年が明け冬休みも終わり学校が始まったSさん。 学校でのオケ …

夏休みに、頑張られた生徒さん

夏休み中、頑張られた生徒さん。 基礎のスケールをいつも以上に頑張られてきた今日は …

4才の親子レッスン

モチベーションを上げる発表会 発表会は子どもさんのモチベーションに繋がるとはホン …

学校オーケストラの中でも良い成績を出しているSさんの練習

オーケストラスタート半年後から個人レッスンへ Sさんは日々、通っておられる学校の …

継続は力なりー中学生レッスンより

続けてきたことにより、どんどん力をつけてきましたね。 全てのことにおいてそうなの …