さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンの美しい音色はどうしたら出せるようになるのか

      2016/05/26

バイオリンの甘い美しすぎる音色にウットリ~

神奈川県から月1でレッスンへやって来られるYさん。

曲がご本人が思ってた以上にレッスンにきて素晴らしい音色で弾けるようになったせいか、お帰りは満面の笑みで大変、喜ばれて帰って行かれました。

帰り際に「バイオリンってホントウにいいです。楽しいです。今日の今日は本当に感動しました」。

なんておっしゃられるとバイオリンの魅力をこっちが教えてもらったようなとっても嬉しい気持ちになりました。

そんなYさん、確かに今日は曲にかなり力を入れて見ましたが、大切なのは曲だけやってたわけではないのです。

確かに曲がスラスラ美しいイントネーションで弾けれるようになるまでは相当の曲の練習量が必要ですが、パッと一弾き聴いただけでこの人、上手いわと思わせるバイオリン奏法ってどんな奏法なのでしょう。

それはどこをとっても安定しているしなやかさなのではないでしょうか。

IMG_6772

バイオリンであればあたり前の弾き方、弓はf字孔の真上に持っていく。

これは当り前のことなのですが、それ以外の場所と毎日、みなさん、比較したことありますか?また、知らず知らずのうちに、みなさん、弓を先まで全部使おうとしていることってないですか?そんなやるべきことでない弾き方をしようとするから響かなくなってしまったり、弓圧がかかってしまったりするのです。

今日のYさん、そこから、徹底的にレッスンしました。

ボーイング時、弓が斜めになる。弓圧がかかるのはどうして?答えは上記に示されていますね。

このように本来なら、日々の練習においても音が良くなるまでボーイングをするべきなのです。

ボーイングが終わるとカールフレッシュ.スケールシステムへ進みイントネーションのチェックと手首のしなやかさを追求していきます。

IMG_6773

ポジション移動に入り親指の移動のタイミングが遅れています。

対策としてはまず、暗譜をし、どこで移動をするのか、親指をどこへ指を持っていくのかしっかり覚えてください。

これがきちんと覚えていないと話になりません。

次に移動時こそ親指の力が抜けているか、逆の言い方をすればあごに力が入っているか。

この2点ができたとすれば次のステップはメトロノームを使用しながらの目視トレーニング(どのタイミングでどこを見るのかということ)の訓練をしましょう。

次に6度の重音をやりました。5度の取り方(指をねかせてずらしていく)まずは1stポジションまでができたら、先の移動もやってみましょう。

次に8度もやりました。14の取り方がメインになりますが、安定性を得るために真ん中の指23も押さえるようにしましょう。

さぁ、ここまでやってくるとバイオリンの本来の自然な弾き方になってきました。

ここで鈴木の教本にある「ミューゼット」を弾いてみました。この曲をきれいに弾くポイントは八分音符と四分音符の弓の長さの使い分けです。

それを理解された後は手首をしなやかにどこまで自然体で弾けれるかというのがこの曲のポイントです。

Yさんは全て均等に手首がしなやかに自然体で弾いておられましたから、当然、音色も全て良いです。

付け加えると左指の押さえ方も均等だから、音色も全音、とってもきれいでした。

レッスン中にきれいに弾けれるようになりましたので今日、やったところまでは完全に暗譜をしてきましょう。

最後に、ビブラートの基本をやりました。

Yさん、本当に楽しみですね。

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

今月から新しくお仲間入りされました。

新しくお仲間入りされたのは 今月から何と新しく小学生Sちゃんのお母さまが、お教室 …

Yクンバイオリンが楽しくなってきたようですね。

構えが良くなってきましたね。 Yクン、バイオリンがしっかりと持てるようになる時間 …

さいたま市桜区の学生さんのレッスンよりー動画あり

全てのフォームチェックは重音で確定する 重音というと上級者はともかく、中級者の一 …

さいたま市中央区より経験者のレッスン

 発表会も12月に迫り練習にも熱がこもりますね。 さいたま市中央区より中学生のM …

3月から始められたOLさんーどんどん上達しています。

発表会に向けて本当に頑張っておられます。 先月入られたばかりのOLさんなのですが …

お母様お一人でのレッスン

Fさん、頑張ってきましたね。 今日はお子さんのyクンが春休みでご旅行中な為、お母 …

さいたま市南区のYクンレッスンー劇的に上達するボーイング練習とは

新しい楽器に少しずつ慣れてきましたね。 いつもの時間になるとYクンがお母さんとや …

親子でレッスンへ

ママの音を聴きながらいっしょに歌い出したAちゃん。 Aちゃんのお写真、しばらく撮 …

曲がどんどん進んでいく小学生yクン

曲以上にスケールも頑張って練習しましょう。 最近、少し、自分だけで練習するように …

大学生Mクンが元気よくレッスンへ

バイオリンが大好きな大学生のMクン Mクンはバイオリンだけではなく、音楽が大好き …