さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

大学生のレッスン

      2017/03/08

大学生のMクンは本番に強いらしいです。

大学生のMクンは以前、ピアノを習っていたことから、何度も発表会に出ており、ステージ経験が豊富なことから、むしろ、普段より何と本番の方が強いらしいです。

凄いですね。確かにそのような生徒さんっていらっしゃいます。

以前、発表会の前日までこの生徒さん、大丈夫だろうか大丈夫だろうかと講師が一番、気にかけていた方が本番だけ素晴らしかったという極端なケースも。学校のオケも楽しみですね。

それまでに基礎を固めましょう。ということで早速、レッスンへ入りました。

手首と肘の関係

右手の手首と肘の関係を見ていきましょう。

手首と肘では手首が王様だと思ってください。手首の高さに肘を合わせていきましょう。

もちろん、肘の高さは弦に依っても変わってきますのでお家でのボーイング練習は4弦全て弾くようにしましょう。

ところでMクンは以前からすると少しは肘が上がってきたようですが、まだまだ、演奏中に継続できないようです。

例えば同じ弦を弾いていて肩やら、肘が動いてしまうと同じ弦での奏法がむずかしくなります。

動いてはいけない時に肩が動いてしまう原因

ではなぜ、肩が動いてしまうのでしょう。

それは肩と手首の関係です。

演奏中に肩を全く動かすべきではないということではないのです。

動いてはいけないタイミングで動いてしまう。

つまり、原因は手首が全く動かないか、手首の運動が大幅に足りない場合に無意識のうちに肩がサポートしてしまうというわけです。

正しい奏法は手首から先に動かしましょう。

手首を使わずにその代償として肩で弾き上げてしまう奏法。これだと八分音符の段階で細かい移弦がしずらくなってくる他、様々な影響を及ぼします。

正しいボーイング奏法は必ず、手首が先、肘を上げるタイミングで肩が動くというわけです。

肘がなかなか上がられない人の原因は

肘がなかなか上がらないなぁと思っている方、これ、かなり、多いと思いますが、この原因はズバリ、肩にあります。

肘を上げる時にいっしょに肩を動かすので、実は簡単に上げられ、音抜けも良くなるのですが、このタイミングで、肩を上げられないと肘を上げることがとっても億劫になってきます。

実践してみましょう。

ホーマン1

いつも書いているのですが、ホーマンの前半はいかに指が広がるかです。

そのためには顎以外の全脱力をまずは実践しましょう。

背中をいっぱいに張りその次に左肘を右手側にいっぱい出し、演奏中に肘が動かないようにする。

その後、指を押さえるときは第1関節のみをつぶして押さえる。

1と2の指間をかなり、広げましょう。

スズキメソード第1巻

「むすんでひらいて」弓の使い方は覚えてきたようですが

2の指の音程がかなり、低いです。

低くなる場合はフォームですので上記の点をしっかりやりながら、PIZZで音程をさらう練習を日毎に10回、そして、開放弦の基礎ロングトーンのボーイング15分、そしてむすんでのリズムをつけた指を押さえない開放弦の練習15分をしっかり、行うようにしてください。

バイオリンはたまにしか弾かないというのではなかなか上達しないといえます。

自分を信じてしっかり、頑張ってみましょう。

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

待ちに待ったバイオリンを手に。

ご家族全員でマイバイオリンとご対面 ayちゃんは4才になったばかりのとっても小さ …

さいたま市桜区からMちゃんがレッスンへ

ぐんぐん上達しているMちゃん 毎週のレッスンが楽しみでしかたがないMちゃん。 バ …

さいたま市中央区より中学生経験者のレッスン

毎日、少しずつの練習が体に負担をかけないだけではなく演奏耐久時間も延び技術も上が …

良い演奏とはー中学生レッスンより

中学生ー弦楽アンサンブル経験者のレッスンから Sさんは今後、ボーイングの課題が2 …

就活後復帰第1回目のレッスン

就活後復帰第1回目のレッスン風景 就活のため、半年ほどバイオリンを中断されていた …

読譜力を上げるための訓練ーさいたま市南区の小学生レッスン

練習曲をたくさん読んでいくことが大切 読譜力をつけるには練習曲の譜読みをまだ、弾 …

ママといっしょに弾けるかな。

5才になったAちゃん 先週はAちゃん、バレエの発表会があったりとかでなかなかアッ …

読譜力アップの方法ー譜読みを頑張っている経験者OLさん

読譜の力を養うには 初心者、経験者問わず、楽譜が読めるようになるには数をこなす。 …

お子様のモチベーションアップにはー幼児レッスンより

ごあいさつ の練習から この日のレッスンはお父様といっしょに嬉しそうに入ってきた …

親子レッスンー怪我をしても頑張って弾いています。

5才のIちゃん、捻挫をしてしまったようです。 2月からママと親子レッスンを始めた …