さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

曲がどんどん進んでいく小学生yクン

      2017/03/06

曲以上にスケールも頑張って練習しましょう。

最近、少し、自分だけで練習するようになり出したyクン。

少し前、スケールを熱心にやっていたせいか、その後、曲が凄いスピードで進んでいくことを体験したかと思います。

しかし、また、スケールに力を入れなくなると、フォームが崩れ出すことから、音程が決めにくくなってきます。スケール練習はエンドレスです。

終わりはありません。

優先順位をいつも間違わないようにしましょう。

最初はボーイングをやり、スケール、ホーマン、そして最後に曲です。

ですのでスケールの小節がだんだん増えていくごとに練習時間が自然と増えてくると思います。頑張りましょう。

 ボーイング

背中を丸めずに両手でボーイングをしてみましょう。

背中を丸めなければ左肘も下がらず、楽器を水平に持っていきやすいと思います。

ダウンは弓を使い過ぎです。先1/3は残すようにしましょう。

カールフレッシュ

2小節目のナチュラルの形とフラットの形の両方を弾けれるようにしておきましょう。

更に次の3小節目まで弾けれるようにしてきましょう。

はじめはpizzで指の形を正しくしそれが安定したら、弓で弾きます。

弓で弾く時は必ず元だけでアップの時、肘を上げて毛がなくなるまで弾くように習慣つけてください。

その間、いつも注意して欲しいことは小指の形です。

演奏中に時おり、突っぱってしまいますので気をつけましょう。

ホーマン1

ホーマンの練習曲はフォームが正しくないと指が広げられななり、音程が下がってきます。

演奏する時は背中を張って、楽器を水平にし、左肘を固定する。

楽器を水平にできないと肘がどうしても左右に動いてしまい、指の形も正しく押さえられなくなってきます。

このように姿勢を正した状態で練習曲の19番を弾きましょう。

「はじめてのバイオリン」

『スコットランドのつりがねそう』の仕上げをしてきましょう。

テーマとバリエーションは暗譜してしまいましょう。

無理のないテンポ設定をしましょう。

また、曲の途中で走らないようメトロノームをかけながら、勉強してください。

スズキメソード1巻

『かすみか雲か』は付点の後の八分音符と次の四分音符2つは長めにならないようにしっかり切りましょう。

展開部はレガートでもっともっと歌いましょう。

『アレグロ』の譜読みをpizzで始めていきましょう。

譜読みをする時は楽器を持つ前に口で数えながら、リズムの打ち込みと階名唱を必ず行ってから、弾きましょう。

また、小節ごとに表記されている強弱記号等も同時にやりながら小節ごとに暗譜をしていきます。

頑張りましょう。

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市中央区より経験者のレッスン

 発表会も12月に迫り練習にも熱がこもりますね。 さいたま市中央区より中学生のM …

親子でレッスンへ

楽器サイズー選ぶポイントは レッスン記事が溜まり過ぎていてボードの方が全く追いつ …

さいたま市南区よりFさん親子がレッスンへ

Yクン、バイオリン、気合いを入れて頑張って持っています。 このお写真が撮れず残念 …

小学生-親子レッスン

姿勢を正しボーイングへ 小学生のyクンがお母さんとレッスンへやってきました。 姿 …

神奈川からレッスンへ

 寒い悪天候の中、レッスンへ 神奈川県からレッスンへ見えられたyさん。 やはり、 …

中学生Mクンのレッスン

いつもコツコツやることが大事ですね。ー若いMクンに期待 バイオリンの練習はスポー …

楽しそうにレッスンに来るayちゃん。

「ヴァイオリンのおともだち」より 『あのつくものなんだ~』のお歌を歌いながらリズ …

さいたま市桜区より中学生のレッスン

 一歩一歩、上達しているMちゃん 毎週のレッスンが楽しくて仕方のないMちゃん。 …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …

中学生のMクン頑張って練習してきました。

講師も久々に登場 いつもいつも部活等で忙しいMクン。 でも今日はいつもより少し頑 …