さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

一人でレッスンへ

   

心を鬼にして

中学生のMクンがレッスンへやってきました。

Mクンは中学生と言えどもこの1年で随分、成長したなぁとしみじみ感じています。

ついこの間まではお母様のクルマでいっしょにレッスンへ来られていましたが、お母様のご事情で来れない日が続いても大雨の中、自転車に乗って一人でレッスンにやってくるたくましさは凄いものがあります。

Mクンを見ていると講師まで励まされてしまいます。

他の習い事はやめてもバイオリンレッスンと練習だけは心を鬼にして頑張っているようです。

早速、レッスンへ入りました。

テクニックの基礎は毎日の積み重ねによって必ずできるようになる。

毎日の積み重ねといっても曲を弾いているだけでは上達はできません。

ボーイングやスケールを通して、背中、肘、親指、顎、右手首を一つ一つ、確認していきます。

肘の高さは弦によっても違ってくるのですが、基本は各弦、手首の高さに合わせましょう。

②楽器を水平に保ち、左肘はいっぱいに出したまま固定されていますか。

③指の押さえる角度は立てていませんか。

次に良い音を出すには右手と左手のバランスが重要なポイントになります。

左手8右手2の割合でしっかりもっと左指を一音一音、指板に叩きつけましょう。

弓の載せる位置は正しいでしょうか。

⑥右手はゆっくりゆっくり手首が十分回せるよう弓が運ばれていますか。

練習曲ホーマン2

譜読みをする時は小節ごとに記載されているスラー等、記載されているものの情報をいっしょにその都度、覚えていきましょう。

暗譜の訓練として、短小節ずつ、譜読みをしながら、その都度、覚えていき、後に繋げましょう。

協奏曲/ビバルディG-moll

現段階でのテンポはまだ、速くしなくても良いので、1ぺージ目の暗譜と次のページの譜読みを頑張りましょう。譜読みは面倒なようでもミスなく、正しい音、リズムを最初に読まないと最初に間違った音やリズムを覚えてしまいますので気をつけましょう。

もちろん、スラーや強弱記号等もその都度いっしょにつけていきましょう。

 

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

とっても頑張っている大学生

基礎ボーイングの重要性 みなさん、基礎練習と聞くと、どのようなことをイメージしま …

親子でレッスンへ

楽器サイズー選ぶポイントは レッスン記事が溜まり過ぎていてボードの方が全く追いつ …

ロングトーンボーイングの重要性ー小学生レッスンより

ボーイング練習が足りなかったかな。 夏休み明けのレッスンはyクンなりに頑張ってき …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

新しい曲に取り組んでいたMクン

選曲について 昨年の暮れに発表会が終わってからまもなく、冬休みに入りましたが、そ …

「初レッスン」大学生のMクン

バイオリンの持ち方 体験レッスンが終わり、昨日、初レッスンにいらした大学生のMク …

Yクンバイオリンが楽しくなってきたようですね。

構えが良くなってきましたね。 Yクン、バイオリンがしっかりと持てるようになる時間 …

小学生のYクン1/2でがんばっています。

1/2のYクン楽器に早く慣れましょう。 Yクンはつい先日1/2に持ち替えたばかり …

親子でレッスンー小学生

yクンのお母さまはお家では立派な先生です。 小学生yクンのお母さまは過去にバイオ …

中学生Sさんのレッスンから

バイオリンの音量って 弦楽器は室内楽と呼ばれる分野の楽器でビオラもチェロもコント …