さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

神奈川県からレッスンへ見えられたyさん

   

新年初のレッスンへ見えられたyさん

IMG_8172

いつも横浜からクルマでレッスンへお見えになるyさん。早朝に出られるので路面が凍結していないか気にしていましたが、時間になるとお見えになられました。

実はyさんは講師と同世代なのですが、同世代と思えないほど筋力があり、体力のあられる方です。どうやらその違いは何とスイミングで鍛え上げているそうです。

実は弦楽器とスイミングはとっても良い相性のようです

講師も若かりし頃は毎日、練習後に1キロは泳いでいました。水泳は筋力がつき筋肉をやわらかくするようですね。早速、レッスンに入りました。

ローングトーンと手首を使った移弦の練習

単音はもちろんですが、重音を全脱力で手首が細やかに作動しているかを見ていきます。

yさんの場合は右肘はとっても良いのですがダウン時の手首を一音、一音、忘れずに落としましょう。

右手は考えなくても勝手に手首が動くようになるまで練習に練習を重ねましょう。

バイオリンの演奏は右手を鍛え上げないと上達はしにくいです。

yさんの場合、基本の奏法はできているのですが、更なるスキルアップを目指し、レッスンの中で行った手首を使った移弦の練習を続けていきましょう。

1本1本の指を丁寧にスケールで解し、かつ開いていきます。

IMG_8173

運動にも準備体操が必要ですが、バイオリンを弾く時も同じように前と後でストレッチや体操を行いますが、バイオリンを持っている間の準備体操はカールフレッシュのスケールですとよくみなさんにお話ししていますがyさんはこのことをよく理解されており、課題の曲を弾く前には必ずスケールを丁寧にさらっていらっしゃいます。

この日は単音のスケールを正しい音程と全て美しい音質になるまで弾き込んでおられました。

それらがクリアーされると次に6度の重音へと弾いていきます。

yさんは指の形がとても良く、また、思い出すと弓のロングトーンもきちんとできる方ですので6度の重音にも応用しましょう。

後は弓圧を全脱力し、ポジション移動では指にかかるテンションに注目しましょう。

パガニーニ/妖精の踊り

スズキメソードの「妖精の踊り」を勉強してきましょう。

yさんにぴったりなイメージの曲です。しかし、パガニーニはヴィルトーソですのでどんな曲でも大変な技巧を要します。

右手のテクニックを更に磨いて挑戦してみましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

3才の幼児レッスン

楽しそうな笑顔で入ってきたayちゃん。 お教室にくるのが楽しくなってきだしたay …

親子でレッスンへ

ママの音を聴きながらいっしょに歌い出したAちゃん。 Aちゃんのお写真、しばらく撮 …

4才のレッスン親子でお教室へ

Aちゃん、かなり、疲れていたようですが頑張りました。 この日はAちゃんはママと朝 …

神奈川県からお見えのYさん。

カールフレッシュスケールでは 神奈川県から通って下さってるYさん。 土曜日は連休 …

始めたばかりのサラリーマンさん

今月からスタートした楽器未経験のsさん。 3月からレッスン開始したサラリーマン3 …

さいたま市中央区より中学生経験者のレッスン

毎日、少しずつの練習が体に負担をかけないだけではなく演奏耐久時間も延び技術も上が …

音階を弾く時のポイントー高校生レッスンより

音階を弾くときのポイントー小野アンナ音階教本 6才の頃にピアノをやっていたという …

さいたま市南区より親子でレッスンへ

親子でアンサンブル、やはり気持ちが和みます。 弦楽器の楽しさや面白さは身近なご家 …

大学生のレッスン

大学生のMクンは本番に強いらしいです。 大学生のMクンは以前、ピアノを習っていた …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …