さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

弾き方のノウハウを覚えていくと止まらずに弾けるようになる。

      2022/04/08

久しぶりの対面レッスン

しばらく、生徒さんのご希望で、zoomレッスンを行なっていた社会人のKさんが、久々にお教室へ見えられました。

まずはボーイングチェックをしていきます。

手首と肘の高さのバランス。

そしてアップボウ時の小刻みな手首運動。

前回から見ると随分、弓もゆっくり動かせるようになり、弓の木を倒してしまうようなことはなくなりました。

次に楽器のどの辺に弓を当ててどのような点に注意していくと音量が出て音質も良くなるのかということを教授していきます。

良い音を出すには左手と右手のバランスに注目しましょう。

このことは初級の生徒さんから上級の生徒さんの全てに共通することなのですが、バイオリンでいう良い音。

ここではメンテナンスの話しはおいておいて、奏法のお話しをしていきます。

また、弾く会場によっても残響2.0のホールと残響0秒のホールでは奏法を変えないと一番後ろの列まで音を持っていくことができなくなります。

ここで触れたいのが音量と音質の話しなのですが、音量と音質ってそもそも別の話しで小さい音だから悪い音とは限らないのです。

ですが、弦楽器の場合は右手の奏法を間違えてしまうと3列目までしか音をもっていけてない事例も数多くみてきました。

では右手の奏法とは何なのかですよね。

それは大きく分けて2つの課題があります。

当教室はご入会されるとこの点に着眼を当てて初心者の方から上級者まで指導してきました。

右手の奏法が出来上がってくると左指をどれぐらい押さえれば良いかを確認していきます。

また同時にそのころには音程を決められるようになる基礎テクニックを積んでいきます。

この日のkさんはこの後、練習曲で低弦を奏でた後、いよいよ曲へと入っていきました。

「きらきら星変奏曲」に取り掛かっていきました。

途中でつまずく原因とは

演奏していて途中でつっかえてしまう。そのようなことってみなさん、誰でもありますよね。

しかし、それには必ず原因があるのです。

どんな原因かというと一言で弓の場所と弓の量なのです。

これがそのパッセージにおいてふさわしい場所、量でないとどうしても弾けなくなってしまいます。

そんな時は弓の場所と量を変えてみましょう。

必ず弾けれる場所が見つかるかと思います。

そこが正しい場所です。

それはプロが演奏しても同じです。

弾き方のノウハウをしっかり覚えていきましょう。

 

お問い合わせは下記のボタンへ

友だち追加

  LINE OfficialAccount
   こちらは体験レッスンお申し込み専用アカウントです。
   現生徒さん用ではありませんのでご注意くださいネ。
 
  お友だち登録後
 メッセージをいただけますと
  詳細をご返信いたします。

 

 

 

 

 

 

さいたま市バイオリン教室、西堀ピアノ教室、浦和バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、桜区ピアノ教室、中浦和ピアノ教室、桜区バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、西堀バイオリン教室、オンラインレッスン、.zoomでレッスン、facetimeでレッスン、lLINEでレッスン、オンラインバイオリンレッスン、どこからでもアクセス、楽しく音楽,、さいたま市南区ピアノ教室、埼玉バイオリン教室、別所バイオリン教室、南与野バイオリン教室、ABEピアノ教室、子供習い事、大人のレッスン

 

 

 

 

 

 

 

さいたま市バイオリン教室、西堀ピアノ教室、浦和バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、桜区ピアノ教室、中浦和ピアノ教室、桜区バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、西堀バイオリン教室、オンラインレッスン、.zoomでレッスン、facetimeでレッスン、lLINEでレッスン、オンラインバイオリンレッスン、どこからでもアクセス、楽しく音楽,、さいたま市南区ピアノ教室、埼玉バイオリン教室、別所バイオリン教室、南与野バイオリン教室、ABEピアノ教室、子供習い事、大人のレッスン

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

中学生Sさんのレッスン

音の出し方の基本 中学生のSさんがレッスンへ見えられました。 前回のレッスンでは …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

「タイム・ トウ・ セイ・ グッバイ」をバイオリンとピアノで

 サラリーマンyさんのお気に入りの曲 洋楽ポップス「タイム・ トウ・ セイ・ グ …

音階練習のスタートは早ければ早いほど良い。

スケールはバイオリンの正しい弾き方を学べるバイブルです。 初心者の生徒さんでは正 …

フォーム矯正により、凄いスピードで上達ー中学生レッスンより

調弦から音質が変わった中学生Mクン レッスン前に必ず行うものが調弦ですよね。 今 …

始めて4ヶ月で「きらきら星」を弾くようになりました。

小学生のyクンが最近、とっても練習をがんばっているようです。 それもその筈、「き …

兄弟でレッスンへーさいたま市南区より

兄妹で仲良くレッスンへ まだ始められたばかりの5才のRちゃんと7才のOクンご兄弟 …

弓の持ち方

弓の持ち方で劇的に音質が変わる! 昨日、来た生徒さんの中で面白い発見をしてしまい …

鈴木メソード4巻/ビバルディーに取り組むMクン

週ごとに着実に上達しているMクン 「継続は力なり・・・」コツコツと少しずつ弾くと …

小学生yクン頑張りました!

集中力が鍵ですね。 バイオリン演奏は楽器をもっている間、①いつもどこに集中してい …