さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンを初めて10ヶ月の中学生

   

ボーイング

Sさんは日々の練習においてもまじめにきちんとやっておられるせいかレッスン開始当初から見ると随分、上達したと思います。

特に右手のロングトーンの練習は左手のテクニックまで上がっていきます。

重音のロングトーンのボーイングはとても重要です。

全脱力しながら、手首に遊びが出ないよう気を付けましょう。

鏡を使い、肘を上げるタイミングを覚えましょう。

また、アップとダウンの手首の使い分けをしていきましょう。

今週、重点を置いて欲しいポイントは鏡を見ながら、弓が曲がらないよう手首でコントロールしていきましょう。

カールフレツシュをまじめに取り組むSさん。

週ごとにだんだん、小節数も増えてきました。

今は単音の固定ポジションスケールですので親指が第一ポジションの位置から少しでも離れることがないよう注意しましょう。

弓でスケールをさらう時は全てのパッセージを元のみ(もう少し短く)で肘を上げて弾きましょう。

先日のレツスンでは元で弾いていたのですが、一音、一音、手首が作動してない点が気になりました。弓は短くても手首はフル回転させましょう。

肘を上げるタイミングは遅くても早過ぎても良くないので気をつけましょう。

6度と8度の重音は指の形がしっかりと矯正されますので、毎日、少しずつやっていきましょう。

ガボット/ゴセック

全体の音量が出るようになりました。点のついているスタカートは全て弓をしっかり止めましょう。

一部の箇所、長めになるところがあります。

スタカートの後の四分音符は全弓ですが、レガートでもう少し歌いましょう。

そこの弓のスピードはゆったり目です。

しかし、弓のスピードとテンポは別の話ですので、歌っても遅くならないように注意しましょう。

強弱記号をチェックしてください。

強弱記号をつける最も良い時期は本当は譜読みをする段階からいっしょにやっていくのが望ましいと言えます。

次週は1ページ目の暗譜を目指しましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

4才のレッスン親子でお教室へ

Aちゃん、かなり、疲れていたようですが頑張りました。 この日はAちゃんはママと朝 …

大学生初心者のレッスン

 基礎フォーム 大学生のMクンがレッスンに見えられました。 もう、学校でオケを始 …

新年初のレッスンー経験者サラリーマンさん

今年の初レッスンは 新年あけましておめでとうございます。 記事が少し、遅れており …

新入会年少さんの初レッスン

新しい年の今月から、年少さんのお友だちがお仲間入りしました。 まだ小さいのにやる …

桜区より中学生のレッスン

 病み上がりで少し不調だったMちゃん Mちゃん、先週は体調を崩し、バイオリンがあ …

基礎ポイントを追求することによって誰もが上達するレッスン

左手の基礎フォームをマスターした高校生 思えばまだ、当教室にご入会されて1年も経 …

ヴァイオリン上達法ー中学生のレッスンより

「継続は力なり」とはよくいわれていますが。 「継続は力なり」とは昔からよくいわれ …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

さいたま市浦和区より月2回の大人のレッスンーOLさん

OLさんご自分のペースで日々、頑張っています。 浦和区のOLさん、お仕事をもちろ …

ママといっしょに弾けるかな。

5才になったAちゃん 先週はAちゃん、バレエの発表会があったりとかでなかなかアッ …