さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンを初めて10ヶ月の中学生

   

ボーイング

Sさんは日々の練習においてもまじめにきちんとやっておられるせいかレッスン開始当初から見ると随分、上達したと思います。

特に右手のロングトーンの練習は左手のテクニックまで上がっていきます。

重音のロングトーンのボーイングはとても重要です。

全脱力しながら、手首に遊びが出ないよう気を付けましょう。

鏡を使い、肘を上げるタイミングを覚えましょう。

また、アップとダウンの手首の使い分けをしていきましょう。

今週、重点を置いて欲しいポイントは鏡を見ながら、弓が曲がらないよう手首でコントロールしていきましょう。

カールフレツシュをまじめに取り組むSさん。

週ごとにだんだん、小節数も増えてきました。

今は単音の固定ポジションスケールですので親指が第一ポジションの位置から少しでも離れることがないよう注意しましょう。

弓でスケールをさらう時は全てのパッセージを元のみ(もう少し短く)で肘を上げて弾きましょう。

先日のレツスンでは元で弾いていたのですが、一音、一音、手首が作動してない点が気になりました。弓は短くても手首はフル回転させましょう。

肘を上げるタイミングは遅くても早過ぎても良くないので気をつけましょう。

6度と8度の重音は指の形がしっかりと矯正されますので、毎日、少しずつやっていきましょう。

ガボット/ゴセック

全体の音量が出るようになりました。点のついているスタカートは全て弓をしっかり止めましょう。

一部の箇所、長めになるところがあります。

スタカートの後の四分音符は全弓ですが、レガートでもう少し歌いましょう。

そこの弓のスピードはゆったり目です。

しかし、弓のスピードとテンポは別の話ですので、歌っても遅くならないように注意しましょう。

強弱記号をチェックしてください。

強弱記号をつける最も良い時期は本当は譜読みをする段階からいっしょにやっていくのが望ましいと言えます。

次週は1ページ目の暗譜を目指しましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市桜区の中学生レッスン

左親指はネックから出過ぎないようにすることが重要 中学生のMちゃんがレッスンへや …

さいたま市南区より中学生経験者の初レッスン

月2回のフリーレッスンでスタート バイオリン歴7年のAさん。昨日が初レッスンとな …

小学生親子レッスン

バイオリンの心臓部分である顎。まずは片手でしっかり持てるようにしましょう。 小学 …

4才ーレッスン開始5ヶ月で凄いスピード上達

1回のレッスン毎に数曲弾けてしまうyちゃん つい5ヶ月前にご入会され、始めは幼児 …

バイオリンの構えは基礎を習得する上での心臓部分です。

調整に出していたyさんの楽器がもどってきてレッスンへ yさんの楽器、当教室から調 …

ブログ初登場の大学院生

ご入会からたったの1ヶ月半でフォームが大改善 お写真入りではブログ初登場の6月に …

読譜力アップの方法ー譜読みを頑張っている経験者OLさん

読譜の力を養うには 初心者、経験者問わず、楽譜が読めるようになるには数をこなす。 …

さいたま市南区より小学生のレッスン動画あり

基礎練習を欠かさない小学生Sちゃん 夏休み明けのレッスンではみなさん、調子をなか …

さいたま市南区よりFさん親子のレッスン

 ボーイング練習 弓をゆっくりゆっくり引っ張るロングトーンの練習を毎日、続けてい …

小学生のYクン1/2でがんばっています。

1/2のYクン楽器に早く慣れましょう。 Yクンはつい先日1/2に持ち替えたばかり …