さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市南区の主婦の方のレッスン

      2018/08/30

お嬢様と同じ練習曲を

お嬢様のSちゃんはお母様のレッスンが終わった後、しばらくして、一人でお母様の付き添いなしでレッスンへきてくれて気がついたのですが、何とホーマン練習曲の1曲がお母様と同じ曲をやっていたこと。

お母様も2曲弾いていただきましたが、2曲目はお疲れになってきたのかヘ長調のシのフラットを見落とされていました。

が、後にいらしたお嬢様はここのフラットはしっかり、見落とされず楽譜通りに何事もないように弾いていました。

このお母様のことを後に来たお嬢様に告げると何だかニヤニヤしながら嬉しそう。

私はそんなことしないもんっていうところでしょうか。

親子で互いに刺激し合い良いライバルになっているようです。

微笑ましいですよね。

動画が撮ってあったのですが、2曲は長過ぎるのでカットしたら、短くなり過ぎてしまいました。申し訳ありません。

この後の2曲目が同じ曲なのですよね。

もう一度編集し直そうとも思いましたが、次回にいたします。

ホーマンは下のパートを勉強していくと全弦弾いていくので手首がフル回転使えるようになります。

全く知らない曲ばかりですがホーマンをやっている間に第1ポジションの全音域とリズムが取れるようにしていきましょう。

週ごとに新しい曲をどんどん見ていくと譜読みがどんどん速くなっていきます。

カールフレッシュのスケールを弾きながら良い音を出すコツを学ぼう。

カールフレッシュのスケールを弾きながらやっていくことは低弦を押さえる時に左指を引きつけて思いっきり指板に叩く習慣を身につけていきましょう。

良い音を出すコツは左指先と右手のバランスなのです。

バイオリンの奏法はいつも実は右手と左手では全く違う動きをしています。

このことは見ているだけでもご理解できるものだと思いますが、実際に演奏をしている奏者の方では何をやっているかというと右手と左手では同じ力をかけているわけでもなく、左右の両手を同じように脱力をしているわけではありません。

左指をしっかり叩き、右手は弓圧を入れず、自然に乗っかっているように弾きます。

単音と重音では違い、重音では更に右手の脱力が求められますが、やはり、左右異なることをやっています。

演奏中は左右のどちらに集中するのか

では異なる動きをするものでしたら、どちらに集中するのかですよね。

交互に集中するのでは上手く弾けなくなってしまいます。

演奏上での重要なポイントは全て左手に集中するです。

右手の巧みな動きは右手が惰性で正しく動き出すようになるまで弾いておくということです。

余談ですが、良い音を作り出す条件として、まめなメンテナンスも常日頃から心がけておきましょう。

今週のポイント

ポジション移動において親指を動かそうです。

力を抜いてタイミングよく、他の指より先に親指を移動させていきましょう。

移動時の指の形も確認しましょう。

モーツァルト/奏鳴曲より

全音、手首をフル回転させて同じ音色になるように弾きましょう。

もっともっと歌っていいと思います。

新しいバイオリン教本より

新しい曲の譜読み「リゴードン」を見てきましょう。

 

ご登録をしてお問い合わせ、体験レッスンのお申込みをこちらからされると多くの特典をご用意しております。

詳細はトップページをご覧下さいませ。


友だち追加

中浦和バイオリン教室、桜区バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

小学1年生になるSちゃんの初レッスン

この春からピッカピッカの一年生になるsちゃんも3月からお仲間に加わりました。 既 …

大人のためのポップス.レッスン動画

子供のためのバイオリン教本より 大人のためのポップス。 当教室では弾きたい曲のリ …

さいたま市中央区よりSさんがレッスンへ

 単音と重音のボーイング ボーイング練習時に全身移る鏡を毎日、利用するのとしない …

初心者が自分の楽器を手にするとモチベーションがかなり上がります

初めて手にした自分の楽器 バイオリンを大学オーケストラから始められて半年のTさん …

小学生になるY君の初レッスン

今月から新しく入られた小学生になるY君。お母様が以前ヴァイオリンをやっていらして …

初めてのレッスンー学校から直行

さいたま市中央区の中学生のMちゃん 今週から、レッスンを開始されたMちゃん。 と …

小学生親子レッスン

バイオリンの心臓部分である顎。まずは片手でしっかり持てるようにしましょう。 小学 …

さいたま市中央区からMクンがレッスンへ

中学生で忙しいMクンですがコツコツ頑張っています。 中学生と言えば部活でしょうか …

年中のAちゃんー週ごとの上達

年中さんのAちゃん毎週、上達してきています。 年中さんのAちゃん、最近、とっても …

難技巧に取り組む浦和区のOLさんーレッスンで一発解決

ビオッティーの巧みな細かいパッセージ 今、ビオッティ協奏曲NO23番を弾いておら …