さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市桜区の学生さんのレッスンよりー動画あり

      2018/09/01

全てのフォームチェックは重音で確定する

重音というと上級者はともかく、中級者の一部や初心者だと「まだいいです。もうちょっと後でやりましょう」と先にやらなければならないことを優先し、重音を先延ばしにされるお教室も多いことと思いますが、当教室では初心者のかなり、早い時期からすぐ重音を学ぶことができます。

具体的に示すとレッスンを開始して4回目ぐらいから、重音を弾いているかと思います。

なぜ、そんなに早い時期からというと重音のゆっくりとしたロングトーンボーイングをやっていただくことにより、全てのフォームを含めたスキルチェックができるからです。

言い換えれば効果測定のようなものです。効果測定としては他に曲を弾いていただくということもある意味では効果測定になりますが、厳密なところの測定にはなりません。

どこかがまだ悪い、どこが悪いのかハッキリしないというのが実状じゃないでしょうか。

ですが、重音練習は手首、肘、弓の持ち方、左手と右手のバランス、楽器を持つ姿勢とありとあらゆる確認をすることができます。

このうちのどこか1つでも正しくないと音が2つ同時に鳴らなくなるのですぐにわかるかと思います。

どんなレベルの方であっても重音の開放弦のロングトーンボーイングだけは毎日、やるようにしましょう。さらに重音のスケールを毎日やると激的に上達します。

大学生のGクンも開放弦→そしてスケールの重音をやっていただきました。

レッスンだけではなく、毎日、取り入れましょう。

カールフレッシュスケールで音程をバッチリ決めるには

ポジション移動で気がついたことは楽器の角度です。

背中を張って楽器を水平にしないとそれに付随する肘も右手側に固定されず、また、指の形も定まらなくなるので音程を計画的に決めることができなくなってしまいます。

音程が決まらないには必ず原因があるのです。偶然はずしたのではありません。

しっかりフォームを見直しましょう。

そして6度の他に8度もさらっておいてください。

バッハ/協奏曲ーAmoll

ズバリ、曲での音程も完璧にする方法を書いておきます。

これから示す事柄2つを必ず、毎日やることです。まず一つ目は表題をよく見ましょう。

A-mollとありますよね。この曲の調です。

①これと同じ調のカールフレッシュをレッスンでやっているのと同じ方法でやりましょう。

今やっているCから同じ調号なので1ページめくるとA-mollになるかと思います。

特にバッハに有効なのは1番をまずはファーストポジで弾き、その後、次ページの移動をやると効果的です。

②曲の全体テンポをつまずかないテンポまで落とし、指を少しずつ慣らしていく。

必ず日毎にゆっくり通しを1回はやる。(弾けれるようになるまでは速くは厳禁)

弾けれるようになるとだんだん自然とテンポが上がってきます。

次に音の取れない箇所を取り上げ、2,3種類のリズムを変えて取れるようにさらう。

その時にももちろん、上記で示したように正しいフォームに気をつけながら弾きましょう。


友だち追加

桜区バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

親子初レッスン-2回目のレッスンで始めてお母さまも加わりました。

今日がレッスン2回目のYクン。 バイオリンの構え、弓の持ち方をおさらいし、今日か …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

親子でレッスンへ

ママの音を聴きながらいっしょに歌い出したAちゃん。 Aちゃんのお写真、しばらく撮 …

GW明けの初レッスン

日曜日のレッスンでは 当教室では日曜日も夕方からレッスンを行っております。 GW …

小学生Sちゃん講師と同じ肩当てを使い出しました。

ママとおそろいの肩当て 小学生Sちゃんは講師が最近、使い出したViva La M …

楽器演奏ースポーツと似ている部分と違う部分は?

楽器演奏も運動です。 Mクンは中学生で部活もあり、いつもいつも大変な毎日を送って …

新しい曲に取り組んでいたMクン

選曲について 昨年の暮れに発表会が終わってからまもなく、冬休みに入りましたが、そ …

出張が入っても熱心に続けられるサラリーマンさん

継続は力なりですね。 年中、お仕事の関係で、全国を飛び周っておられるyさん。 先 …

親子レッスンー怪我をしても頑張って弾いています。

5才のIちゃん、捻挫をしてしまったようです。 2月からママと親子レッスンを始めた …

たった一弾きで分かってしまうバイオリンのステージー大学生レッスンから

上手い人ってどこがどうなの? タイトルに書いた「たった一弾きで分かってしまう」と …