さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市中央区の高校生レッスン風景

      2018/08/10

フォームが良くなってきた高校生

今年3月にバイオリンを始められたHさん。

始めた当初は弓の持ち方もバイオリンを構える手もぎこちなかったものの5ヶ月が経過して、フォームが固まってくると音質がクリアーで安定してきたように感じます。

はじめての本番、サマーコンサートでは意外に強い本番での一面をみせてくれて講師はびっくりしました。

レッスンよりも本番の方が良いとはやはり、驚いてしまいますよね。

他にもそのような方がいらっしゃいましたけれど、こればかりは出演してくださって始めてわかることなのだと思います。

早速、レッスンに入りました。

基礎ボーイングでは

この日のボーイングでは肘の高さを入念にチェックしていきました。

手首に対して下がっていないかです。

肘に手首を合わせるのではなく、手首に対して肘を合わせましょう。

肘の高さは4弦とも異なりますので2弦のみを弾いているときはまだ良いですが4弦弾くようになるとより注意してください。

ホーマン練習曲1

下のパートはDやGといった低弦が出てきます。AやEといった細い弦とは違い指を押さえる力を少しだけ強化しましょう。

方法は思いっきり指を高く上げて音が鳴るくらい叩きましょう。

譜読みの方はピアノをやっておられた関係から早い方だと思いますが、今後、ポジション移動時の譜読みもいずれはしっかり指がわかるようにならなくてはなりませんので、次週からスケールを追加していきます。

尚、このテキストはどんどん先の曲へと予習をして読んでいきましょう。

するとやがては初見で弾けれるようになるでしょう。

鈴木メソード1巻

「ロングロングアゴー」クレッシェンドのやり方をご説明しました。

このような曲の場合は弓の弓圧ではなく、量を変えていくと効果的です。

また、この曲の中で移弦をするときは細かいリズムではないので手首をフル回転させましょう。

するとパッセージがつながっていくと思います。

曲に集中をしているせいか演奏中に指の押さえ方が様々な形になっていることがありました。

曲においても左肘を固定させ一定の角度で指を押さえましょう。

頑張りましょう。

キラキラ星変奏曲

発表会の合奏曲、「キラキラ星変奏曲」を全て通しました。

Cのリズムだけが、少し乱れ、弓が逆になるので、弓の場所と量には十分、注意しましょう。

キラキラ星で弓の真ん中というのは真ん中から少し上を使いましょう。

真ん中から元方向へいくと重いのでどうしても遅くなっていきます。

初心者の方、ここは重要です。しっかりメモを。

いつも同じ場所で練習をすることを心がけて下さい。


友だち追加

ご登録をしてお問い合わせ、体験レッスンのお申込みをこちらからされると多くの特典をご用意しております。

詳細はトップページをご覧下さいませ。

さいたま市バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、桜区バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

バイオリンを初めて10ヶ月の中学生

ボーイング Sさんは日々の練習においてもまじめにきちんとやっておられるせいかレッ …

始めて4ヶ月で「きらきら星」を弾くようになりました。

小学生のyクンが最近、とっても練習をがんばっているようです。 それもその筈、「き …

GW明けの初レッスン

日曜日のレッスンでは 当教室では日曜日も夕方からレッスンを行っております。 GW …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

音階練習のスタートは早ければ早いほど良い。

スケールはバイオリンの正しい弾き方を学べるバイブルです。 初心者の生徒さんでは正 …

音質が向上してきた主婦のKさん。

バイオリンを始められて1年4ヶ月 始めは別のお教室で6ヶ月ほど習っておられたkさ …

音階を弾く時のポイントー高校生レッスンより

音階を弾くときのポイントー小野アンナ音階教本 6才の頃にピアノをやっていたという …

年内最後のレッスン2ーMクン

 大学生のMクンがレッスンへ 大学生のMクンが年内最後のレッスンにいらっしゃいま …

親子でレッスンー小学生

yクンのお母さまはお家では立派な先生です。 小学生yクンのお母さまは過去にバイオ …

憧れの曲「愛のあいさつ」を奏でる桜区のOLさん

バイオリンの名曲はいいですね 誰もがいつかは奏でてみたいと思う憧れの小品「愛のあ …