さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

桜区より中学生のレッスン

      2017/04/30

 病み上がりで少し不調だったMちゃん

Mちゃん、先週は体調を崩し、バイオリンがあまり、練習できなかったかな。いつものMちゃんにしては少し、不調でしたが、でもとても頑張りました。

さぁ、レッスンで少し固くなった体を少しずつほぐしていきましょう。

お家での練習も一気にたくさんやらず、少しずつ少しずつやっていきましょう。初めは練習を2.3回に分けてだんだんと増やしていきましょう。

楽器を構えて見ましょう。

背中が少し曲がりやすくなっています。お家の練習では楽器を持つ前に準備体操をする習慣をつけると良いでしょう。

楽器を構えるときには軸足の左足の角度を45度程度に向けましょう。その足は動かさないようにします。そして楽器は同方向へ持っていきましょう。

すると、バイオリンが内側に来にくくなると思います。

今週の片手持ちは100秒を目指しましょう。

そして片手ボーイングへ

ボーイングは基本的に大きく分けると2種類しかありません。

単音でも重音でも手首は使わないといけませんし、何ら違いはありません。

手首の持って行き方に明らかな違いが出てくるのはダウンとアップです。

日々の練習ではまずは混合ではなしに、それぞれ分けて練習してから、混合にします。

その後、混合で弾いたとき、ダウンからアップへの切り返しをなめらかに持っていけるまで練習しましょう。

ホーマン第1巻 15番

先週はPIZZでも指を広げて音程を取るのがやっとでしたが、左手の指の形も良くなり、広げられるようになってきました。

音程をいつも安定させるには背中、楽器、親指、肘と様々な部分を基本に従ってやっていないと計画的に音程を決めることができません。逆の言い方をすると音程をはずすということはこれらのどこかが良くないということになります。

ですから、音程をはずす原因は音が低くなってしまう場合はまずはフォームといえます。

高くなってしまう場合は耳のケースもありますが。

両手のボーイングを徹底指導していきます。

次に左手をつけてのボーイングを徹底指導していきました。

先週からすると左手の押さえ方と右手のバランスが取れてきたようで、良い音で鳴り出し始めました。

今度は右手です。もっともと弓をゆっくり引っ張りましょう。

ダウンのスピードが速く、使い過ぎてしまうのでアップの元の最後まで行けなくなってしまうようです。

これは次のホーマンにも影響がいきましたね。

ホーマンを弓で弾いてみました。

テキストの15番は全て全音符ですが、これは意外とむずかしいのです。

全ての音を均等に美しい音を出すには脱力、手首フル回転、弓のスピード、弓の量と、肘を上げるタイミング、左手の形等、今までやってきた全てのことができないと弾けません。

これらをやろうとしていても演奏中にフォームが崩れてしまうと楽譜通りの音が出ません。

そういう意味では全音符は休みなく弾き続けなければいけないためむずかしいといえます。回数をこなして体で覚えていきましょう。

先週からすると音が良い音になってきました。頑張りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

一歩一歩上達している中学生のMちゃん

やはり、基礎をまじめにやると必ず上達していきます。 バイオリンは集中力が実はとて …

親子でレッスンへ見えられたTさん。

お母さまも頑張ってバイオリンを弾きます。 昨日はお母さまからレッスンをしました。 …

小学生も頑張っています。

調弦を頻繁にしましょう。 毎週、お兄ちゃんと仲良くレッスンへやってくるRちゃん。 …

小学生と年中さんの新しいお友だち

初めて覚えた感動ー初めてのレッスン 3月から、小学生と年中さんのご兄弟でバイオリ …

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

当教室は8月8日~8月18日まで夏休みでした。 その間、お問い合わせをして下さっ …

大学生Mクンがレッスンへ見えられました。

マイバイオリンを抱えて初のレッスン 大学生のMクン。マイバイオリンがきて初のレッ …

バイオリンを初めて10ヶ月の中学生

ボーイング Sさんは日々の練習においてもまじめにきちんとやっておられるせいかレッ …

新年初のOLさんレッスン

年始のレッスンはOLさんから 本日、レッスンにお見えになられたOLのkさん。 キ …

さいたま市南区からお見えのFさん

Yクンはやる気満々でお教室へ 今日も元気に小さなバイオリンを抱えてレッスンへやっ …

音階を弾く時のポイントー高校生レッスンより

音階を弾くときのポイントー小野アンナ音階教本 6才の頃にピアノをやっていたという …