さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市南区より中学生経験者の初レッスン

      2018/08/30

月2回のフリーレッスンでスタート

バイオリン歴7年のAさん。昨日が初レッスンとなりました。

楽器をお渡ししてから、2日ほどしか弾けなかった筈なのですが、以前やった曲をきちんと練習しておられたようです。

お教室にとっても楽しそうに入ってこられるAさんを拝見していると不思議なことに何だか講師までウキウキしてきます。

体験レッスンではご自宅に楽器がなかったことから、体験ではほとんど弾かれませんでしたのでよけいに楽しみになるのでしょう。(講師が)。

当教室では3年以上の経験者であれば固定曜日のレッスン、または曜日フリーのレッスンのどちらでも回数自由で受けることができます。

3年以下の方の場合はどちらであっても月4回となります。

さて、レッスンに入りました。やはり、これくらいの方になるとご自分で調弦なさいます。

調弦後、軽く音を出してもらってから、練習してこられた曲を聴かせていただきました。

鈴木メソード7巻

3日前に楽器をお教室に取りにこられた時に講師が「何を弾くの?」とお尋ねしたら、「鈴木メソードの7巻のどれか」をという解答が返ってきましたので、その後、講師は7巻の全曲を見直しました。

3日後、レッスンに持ってこられた曲はモーツァルト/メヌエットでした。

発表会のことも考えられて、今回は余裕で弾ける曲を選曲されたようです。

この3ヶ月間の間にやらなければならない項目はたくさんあります。

長い曲をいきなり、短期で選曲しますと一度、やっている曲であっても曲だけで終わってしまい他のテキストが全くできなくなってしまいますので。

だからといって長い曲を永久的に弾かないわけではなく、少しずつ基礎力をつけながら、ステップアップされていかれることをお勧めいたします。

聴かせていただいた感想をレッスンでも申し上げたのですが、「モーツァルトではなく、弾き方がシューマンですね。」と申し上げました。

弾き方が重いのならベートーベン、いや違う。講師「何だか軍隊のようですね」と苦笑。

それではどのようにしたら、そう、ならないのかモーツァルトぽくなるのかの方法論、弾き方をパッセージごとに伝授していきました。

もう1つはテクニックでは7巻のこともあって、ポジション移動の中でのフィンガリングの選択も問われてきます。

モーツァルトが指示したポジション指定はしっかり守りましょう。

あとはモーツァルトのこの曲でのクレッシェンドの効果的な弾き方をお教えしました。

モーツァルトに効果的なビブラートのかけ方について次回は詳しくやっていきましょう。

次回から付け加えていくテキストについて

次回から少しずつ付け加えていく教本についてお話しさせていただきました。

お子様は(中学生は大人ですね)曲が大好きなことは承知しておりますが、それだけをやっていては必ず途中で伸び悩んでしまい、前へ進めなくなってしまいます。

今まで以上のレベルの曲を弾けれるようになるための数々の教本や基礎練習がどうしても必要になってきます。

もっと現実的な言い方をしますとスケールや練習曲を日々取り組むようにされないと3年後には誰でもどれだけキャリアを積んでいた人でも全く弾けないようになってしまいます。

どんなに上手であった方でも本当に全く弾けなくなってしまうのです。

また、バイオリンはある程度、学べば、また、いつ再開してもその程度までは弾けれると思っていませんか?

これは大きな思い違いで3年後には間違えなく、どなたも全く弾けない状態になってしまっています。

人の筋肉というものはそのように使わないと柔軟さを維持できるものではないのです。

ブランクがあればあるほど深刻な状態だといえます。

話しはテキストに戻しますが、今後はレッスンの中で指定した練習曲と音階教本もやっていきましょう。

当教室の生徒さん、特に最初から当教室で始められた方はどの方もかなり、短期で上達されています。

もちろん、それ以外の最初からではない方も上達されていますが。

なぜかというと弾けれるようになるための基礎というものをしっかりはじめから固めていくからです。

ごいっしょに頑張りましょう。


友だち追加

ご登録をしてお問い合わせ、体験レッスンのお申込みをこちらからされると多くの特典をご用意しております。

詳細はトップページをご覧下さいませ。

中浦和バイオリン教室、桜区バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

10年のキャリアをお持ちの生徒さんの初レッスン

体験レッスン時よりも 10月から、新しく入られたOLのyさん。 またまた、お写真 …

全員のオンラインテストを終え昨日からZOOMレッスンが始まりました!

講師も初めての試みでしたが・・・ 3月の下旬から凄い勢いでコロナの感染者が増え続 …

読譜力アップの方法ー譜読みを頑張っている経験者OLさん

読譜の力を養うには 初心者、経験者問わず、楽譜が読めるようになるには数をこなす。 …

学生オケで弾いておられるTさんのレッスン風景

バイオリンを始めてまだ3ヶ月ですが。 2つの学生オーケストラに入っておられるTさ …

毎日の練習を欠かさない4才の女の子

毎日、楽器を持つことが大切 子供さんのやる気を起こすモチベーシヨンアップの一つに …

親子レッスンー怪我をしても頑張って弾いています。

5才のIちゃん、捻挫をしてしまったようです。 2月からママと親子レッスンを始めた …

大人のレッスン経験者と6才の初心者

Yクン弓の持ち方が良くなりましたね。 / ^ = ^ \ 今日も元気いっぱいのY …

音楽でパワーをもらっている4才のAちゃんとお母さま

 今週も元気よくレッスンへ だんだん、寒さが増している中、幼稚園でも風邪が流行っ …

4才になったyちゃんのレッスン

どんどん曲が進んでいくyちゃん 4才になったyちゃん。本人はおうちではとにかくた …

姉妹でアンサンブル

yちゃんのお姉ちゃまはリトルピアニスト 3才のyちゃんは2月にまだ、始めたばかり …