さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

神奈川県からお見えのYさん。

   

カールフレッシュスケールでは

神奈川県から通って下さってるYさん。

土曜日は連休初日のせいか来るまでに道路が混んで混んで大変だったそうです。

さて、レッスンに入りました。img_7400

まず、1stで朝から固まってる筋肉を少しずつほぐしていきます。

自分の練習でもいつも感じていることですが、朝のスケールは能率は良いのですが、やはり、軌道に乗せるまでが大変だと思います。

一旦、指がなめらかに動き出すと後は快調にいくのですが。

Yさんは何度もバイオリンを持ち直しながら、修正していきます。

上手くいかないと思ったら、このようにフォームをチェックしながら、何度か持ち直してみます。

すると指が動かしやすくなってきたようです。

先へとどんどん弾き込んでいきます。すると音も音程も良くなってきました。

日ごとのスケール練習においてスケールをどれぐらいでやめて練習曲や曲に入ったら良いのか

これは時間で計るのではなく、目安にすることはです。音が透き通るぐらいクリアーになってきたか、これが基準になります。

そのころには音程も良くなっているのです。

単音にしろ、重音にしろ、ここまではスケールを弾いていただかないと効果がよくわからないと思います。

すると、その後、練習曲や曲に入ると信じられないぐらいそれが楽に弾けてる自分に出会えます。

ポジション移動では

全音と半音の分析をしておくことはいつも行っておかなければならないことなのですが、それとは別にバイオリンという楽器の性質をよく覚えておきましょう。

バイオリンは下のポジションほど指と指の指間を広くとらなければならず、逆にハイポジションの位置ほど指を重ね合わせていくほど指間を狭く取ります。

img_7399

これが上も下も同じ感覚で指を置こうとすると音程を取るのがむずかしいです。

あと、ここでの一番のポイントは左肘が固定されているか、固定されないと指の押さえ方がバラバラになり、音程を計画的に決めるのがむずかしくなります。

鈴木メソード2「ロングロングアゴー」

昔、聴いていた誰もが知っている懐かしのメロディー。よ~く聴く旋律、こういう作品がお気に入りなYさん。

やはり、名作って有名になるだけあって弾く人の心も聴く人の心も和ませますよね。

この曲、Yさんにピッタリな気がします。

単純なメロディーに思えてもビブラートを使い音量の変化に伴い行っていく裏ワザボーイング奏法。

そしてバリエーションでは細かい手首まで使っていく作品。

有名になる作品の裏には必ずと言っていいほど裏ワザテクニックが隠されています。

聴くだけではわからない弾いて見て初めてわかる楽しさなのかも知れません。

みなさんもごいっしょに名作を奏でてみませんか?。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市中央区のMクンは

講師のアドバイスに細やかに反応してくれるMクン 中学生のMクンは講師の様々なアド …

曲がどんどん進んでいく小学生yクン

曲以上にスケールも頑張って練習しましょう。 最近、少し、自分だけで練習するように …

4才の年少さんー親子でレッスンへ

楽しい楽しい親子レッスン 今週も元気よくAちゃんがお母さんといっしょにレッスンへ …

大人のレッスン-yさん

右手の訓練 レッスンにいらしたyさん。 まずはバイオリンを持ってから、右手の脱力 …

さいたま市中央区の中学生レッスン

日毎の積み重ねが偉大な力に 中学生のMクンは本当に毎日、忙しくて大変な毎日を送っ …

さいたま市南区のサラリーマンSさんー4ヶ月でハイドンを弾くように。

たった4ヶ月でハイドンに取り組むようになった大人のSさん。 最近、当教室では大人 …

4才の親子レッスン

モチベーションを上げる発表会 発表会は子どもさんのモチベーションに繋がるとはホン …

小学生ー2回目のレッスン

体験後のレッスンでは ありがたいことに10月から2組ご入会してくださいました。 …

大学でオーケストラに誘われたMクン

Mクンが学校で練習をしていると 大学生のMクン、ある日学校で練習をしていたら、同 …

大学生ーサマーコンサートに向けて頑張っています。

本番が近くなればなるほど 幼き頃にピアノをやっていた大学生なだけあって、ピアノの …