さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生Mちゃん体験レッスン2回目

      2018/09/05

体験レッスンでは

楽器の取り扱い方法からお手入れの方法までの手順をやっていきます。

今回は自分でできるよう1つ1つ確認していきました。

楽器はどんなものであってもこわれものなんだぁという意識をいつも持って大切に扱う習慣をつけてください。

特に経験のない初めての方たちにはレッスン中、講師は楽器を真剣に見ています。

img_7393

さて楽器を取り出し、体験1回目でやったバイオリンを両手で弾くまでの手順を一通り簡単にやってみます。

左手首の形と指番号

手首全体の力を脱力し、顎に力を入れていきましょう。

この時に親指までいっしょに力が入ってしまうと指が広がらなくなってしまうので注意が必要です。

次に親指の形は曲がらないように浅くかけます。

バイオリンの指番号を覚えましょう。バイオリンの指は人差し指から1234です。

親指は押さえません。また、どの指も押さえず指を開く形が開放弦といい楽譜の中では0と記されています。

さて、手首の形ですが、どのような形にしたら良いのかなぁと最初はわからなくなってしまう方がいらっしゃったのですが、手首だけで形を作ろうとするのではなく、背中を張り、肘を外側限界まで出すと自然と手首の形が決まります。

その時に親指を曲げたり、ネックから出過ぎたりしない注意をしてください。

もう一つ指を押さえるときの基本は前の指を全部押さえましょう。

例えば1の場合は1本ですが2を押さえる場合は1と2を押さえる、3を押さえる場合は123と押さえます。

この押さえ方の基本はスケールや練習曲においてです。

曲の場合は1本ずつ押さえましょう。いずれビブラートをかけることになっていきますので。

両手でボーイング

本レツスンではいきなり、両手からのボーイングはやりません。

片手からじっくりボーイングをやっていくのですが、体験ということで両手から入っていきます。

もちろん、ボーイングに入る前にバイオリンの十分な片手持ち、そして弓の体操を何度も繰り返した後、ボーイングに入りました。

アップ、ダウン、それぞれの手首の動かし方の違いをやりましたが、やはり、アップはダウンと比べるとやはり、むずかしく感じることと思います。

img_7395

それと一人で弾いて見るとまだ、右手の力が抜けてませんね。

弓を持つ指もそうなのですが、右手首全体の力を抜いて脱力しましょう。

自分の楽器がくるまでは

バイオリンの代わりにティッシュの箱で、しっかり挟む練習を。弓の練習はエンピツやおはしを使って練習しましょう。

バイオリンの練習に入ると片手持ちの練習にまずはかなりのウエイトを置いてください。

バイオリンは最初のレッスンでやったことが一番、大事です。

がんばりましょう。

 - 体験レッスン

  関連記事

ご入会ありがとうございました。

先週、体験レッスンへ見えられた年中さんと小学生 先週、体験レッスンへ見えられた5 …

2件の体験ーご入会ありがとうございます。

週明けに2件の方が体験に見えられご入会して下さいました。 まず、1件目は経験半年 …

体験レッスン「ちょうちょ」

土曜日に体験レッスンにいらしたMさん。 Mさんは依然、どこかでバイオリンを少しだ …

大学生ー体験レッスンからご入会

女子学生さんの初のご入会 女学生さんの体験レッスンがありました。 Tさんは楽器と …

年長さんの体験レッスン

この春から小学生になるSちゃん。 バイオリンとのきっかけはテレビを観ていてバイオ …

お問い合わせ誠にありがとうございます

早速、お問い合わせが 昨日、3才の女の子の体験レッスンのお申し込みをいただきまし …

体験レッスンー残席が少なくなってきました。

ここのところ、体験レッスンのお問い合わせを多くいただき誠にありがとうございます。 …

主婦の方の体験レッスンー即日入会となりました!

主婦の方がなんと遠方から来てくださいました。 昨日、遠方から当教室へ体験レッスン …

6才の新しいおともだち

 体験レッスンが終わり3月からスタートです。 体験レッスンを終え、3月から新しく …

本日は主婦の方の体験レッスンがあります。

主婦の方の体験レッスンでした 本日は主婦の方の体験レッスンがあります。 お教室の …