さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

難技巧に取り組む浦和区のOLさんーレッスンで一発解決

      2018/08/30

ビオッティーの巧みな細かいパッセージ

今、ビオッティ協奏曲NO23番を弾いておられるOLさん。

ビオッティーというとNO22もNO23も非常に細かい弾きにくいパッセージが多いのですが。

一部難儀な移弦技と同時に行う左手の隣の弦に触れさせず雑音を出さない奏法に大奮闘。

移弦を伴うスラーとスラーでない混合奏法の速ワザなのでよけいにむずかしいのでしょう。

こんな時の指導法として、口では弾けれるようにはなりません。

講師が横でまずは左指の実演ーそのままの形をものまねさせます。

そして講師が方向変換をし、次は右肘が生徒さんの目に入るような位置で演奏します。

パッと見て生徒さんの目に映る箇所は講師の手首ですが、それだけでは弾けるようにはならないです。

ただ、手首の量をフル回転させれば弾けるというものではないのです。

次に生徒さんにそこの箇所を演奏してもらい、今度は肘の動きを実際に生徒さんの腕に触れてチェックしていきます。

はい、原因が判明しました。講師の演奏フォームと違うところが生徒さんにも納得していただき、何と難技巧なパッセージがたった1回のレッスンで弾けれるようになって帰っていかれました。

ズバリ、右肘の高さを固定状態で手首をフル回転使うことでそこのパッセージ全てが弾けれるようになりました。

ついでに移弦の基本も復習され、GDの移動なので動かさないというセオリーも納得して弾けれるようになりました。

生徒さんに満足していただけヴァイオリニストとしてとっても嬉しく思います。

カールフレッシュ・スケール

3度の分散和音もレッスンで私が弾いたフィンガリング方法で勉強してきましょう。

新しい箇所ではなく今までやっているところはメトロノームを使用し、少しずつテンポを上げる訓練を行いましょう。

単音のスケールでも重音なら必修ですが、左肘を完全に固定し指がいつも同じ角度で当たることを確認しましょう。

いつもレッスンでご説明している正しい形ができない時は必ず原因があります。

背中は曲がっていませんか?次に楽器は傾いていませんか?肘は左右に動いていませんか?

1つ1つをきちんと押さえながら弾いていくことによって上達が見込めます。

少しずつ、ごいっしょに頑張りましょう。

 

ご登録をしてお問い合わせ、体験レッスンのお申込みをこちらからされると多くの特典をご用意しております。

詳細はトップページをご覧下さいませ。


友だち追加

中浦和バイオリン教室、桜区バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

中学生Sさんのレッスンから

バイオリンの音量って 弦楽器は室内楽と呼ばれる分野の楽器でビオラもチェロもコント …

合奏曲を親子で楽しまれているkさん。

アンサンブルができるようになった喜び バイオリンを始めるといつかはアンサンブルも …

連休最終日のレッスン

遠方から、クルマでお見えになられたyさん。 今日のレッスンはまず、指を慣らしてい …

親子でレッスンへ

ママの音を聴きながらいっしょに歌い出したAちゃん。 Aちゃんのお写真、しばらく撮 …

最近は親子二人三脚で始めるケースがとっても多いようです。

バイオリンの習い始めはお母さまといっしょに。そして親子でやる意味 最近のおけいこ …

一歩一歩上達している中学生のMちゃん

やはり、基礎をまじめにやると必ず上達していきます。 バイオリンは集中力が実はとて …

桜区の年少さんー曲がたくさん、弾けれるようになりました!

バイオリンの最大な魅力は   当教室もGW中ですが、レッスンのある方も …

小学生-親子レッスン

姿勢を正しボーイングへ 小学生のyクンがお母さんとレッスンへやってきました。 姿 …

プレバイオリンコースの生徒さん

5月で3歳になったKクン 3歳のkクンがママといっしょにレッスンへ見えられました …

バイオリンの構えは基礎を習得する上での心臓部分です。

調整に出していたyさんの楽器がもどってきてレッスンへ yさんの楽器、当教室から調 …