さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生のMクン頑張って練習してきました。

      2016/08/07

講師も久々に登場

いつもいつも部活等で忙しいMクン。

でも今日はいつもより少し頑張ってきたように感じられました。

まず今日はロングトーンのボーイング。

単音、重音、それぞれを手首に集中して脱力できるまで弾き続けていくと音が澄んできます。

単音と重音では弓圧のコントロールが異なってくるので、その辺りもボーイングで確認してから

スケールを弾きましょう。

スケールの目的は単に音程を取れるようにするだけではありません。

実は音程が取れるようになるまでにはいくつものプロセスがあるのです。

効能としては音質が良くなり、左手も右手もしなやかになり、一音、弾いただけで

上手い!弾きっぷりからしてスケールを毎日、やっている人とやってない人では

全く違うと傍目にもわかられてしまうほどテクニツクにもかなりの差が出てくるようです。

ということで、今日もカールフレッシュスケールをやってもらいました。

今日は固定ポジションの段階で左親指が出過ぎてしまうようです。

親指が引っ込むと肘が固定され、指の型も決めやすくなります。

次週から、6度の重音も加わります。

重音を弾く時は右手の弓圧をかなり抜くようにしましょう。

 

IMG_6977

 

次にホーマン2の169番をやりました。16分音符やシンコペーション等、大変、細かい音符の連続ですが、後半、よく頑張って譜読みをしてありますがソとレの違い等、最後の最後まで譜面を正確に読む習慣をつけましょう。

弓の場所は前半は問題がありませんでしたが、後半の一部で真ん中でないと弾きにくい箇所があったと思います。

シンコペーションの箇所は弓を軽く一度、返して弾きます。

次週は最初から最後まで上記のことを注意しながら、通してきちんと弾けれるようにしましょう。

 

IMG_6976

次にバッハのガボットを弾いてもらいました。三和音の一番下の音、開放弦のレの音が鳴っていません。

しっかり出すように。装飾音符の音の間違え、装飾音符は通常小さく表記されているので見間違えないように。

デクレッシェンド2か所をかなり、意識してきれいに弾かないと次の小節のPに繋げられません。

バッハは譜面に記載されていることを全てやらなければなりません。

逆の言い方をすると記載されていないこと、例えばテンポが変わるというような事があってはなりません。

IMG_6978

恐らく、テンポを一部遅くしたり、速くなったりというようなことは無意識のウチに起こってしまっているのだと推測しますが、それが起きてしまう大半の原因は弓の場所と弓の量です。

もちろん、音だけが変わっていき、リズムが変わらないパッセージは全く同じように弓の場所と弓の量を統一しなければなりません。

これはどこでも良いわけではなくバッハの場合は比較的どんな作品でも1か所しか弾ける場所はなかったように思います。

このようなことから練習ではもう一度、整理をして、いつも正しい場所でしか弾かないようにすることです。

正しいか正しくないかはバッハの場合、正しくないとそこで弾けなくなってしまうのですぐに気がつくと思います。

次週はこれらの事をまとめて最初から通して弾けれるようにしてきてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

夏休みに、頑張られた生徒さん

夏休み中、頑張られた生徒さん。 基礎のスケールをいつも以上に頑張られてきた今日は …

スズキメソード4巻までに修得しておかなければならないこと

5月で5才になるyちゃん凄い勢いで上達してます。 年少のyちゃんは昨年のちょうど …

吹雪の中のレッスン

新しい写真がワードプレス不具合によりアップできず、現在、調査中です。 生徒のみな …

大宮区のOLさんー初レッスンへ

マイ楽器とご対面 11月に体験レッスンに見えられ、この12月からレッスン開始され …

サマーコンサート出演後に一気に上達されたTさん

サマーコンサート出演で驚くほど上達された大学生のTさん バイオリンを始めてホント …

経験者のレッスン

日々熱心にバイオリンと向き合うことが大切ですね。 いつも思いますが、「練習」は本 …

オールジャンル対応教室ー名曲を奏でられる楽しさ

選曲はとても楽しい時間に もちろん、当教室では基本の基であるクラシックは普段から …

毎日の練習を欠かさない4才の女の子

毎日、楽器を持つことが大切 子供さんのやる気を起こすモチベーシヨンアップの一つに …

横浜から月2のレッスンへ 動画あり

いつも基本を大切になさるyさん 横浜から月2でレッスンへお見えになられているサラ …

ヴァイオリン上達法ー中学生のレッスンより

「継続は力なり」とはよくいわれていますが。 「継続は力なり」とは昔からよくいわれ …