さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

10年のキャリアをお持ちの生徒さんの初レッスン

      2018/08/30

体験レッスン時よりも

10月から、新しく入られたOLのyさん。

またまた、お写真を撮るのを忘れてしまいましたが。

先月、体験に来られた時から、あまり日数も経ってないのに少しだけ良くなっていてビックリしました。

yさんは10年ほどのキャリアを持つ経験者です。

そんなこともあって、講師の指摘する言葉の一言、一言に経験の中からか、共感されています。

しかし、バイオリンは最初が大事です。

きちんと正しいバイオリンの弾き方を学んでないと必ず行き詰まります。

ですので、どこがどのようにいけないことから、現状がどうなっているのかをしっかり、こちらから、教授していきます。

バイオリンもスポーツと同じ面があり、今まで使っていない筋肉を使うと最初の時期は身体が慣れるまで大変なこともありますが、弾いていくうちに次第に痛みもなくなります。

しかし、毎日、少しずつの練習が身体にも上達にも良いのであって、週末にまとめて練習するのは身体を壊してしまいますので気をつけましょう。

また、練習後は必ず、その都度、ストレッチ等で筋肉をほぐしましょう。

レッスンでは以下のことを中心にやりました。

膝が曲がっていませんか?

膝と聞くと?だと思いますが、確かに単刀直入な言い方です。

次に膝というと足ですよね。

ではその足がどうなっていたら左足の膝が曲がってしまうのか考えてみましょう。

yさんの場合は足の歩幅が殆どありませんでした。殆ど開けずに立っておられたのです。

これが、その後の明暗の別れ道となっていったようです。

かなり、開けると膝は自然と実は伸びるものなのですコレ、かなり重要です。

開けが足りないと自然と曲がってしまいます。曲がっていくと楽器が安定させられず、直ぐに疲れてしまうでしょう。改善しましょう。

左足の向きは正しいですか?

左足の角度ですが、外側45度へ向けましょう。

楽器の向きは足の向きと同方向に自然となってしまいます。

真ん中に向けると背中が曲がりやすくなって弾けなくなりますので確認を入れて下さい。

背中を伸ばす集中力

では足さえ良ければ背中まで良くなるかと言うと当然、そうではなく、別の話です。

背中を演奏中は伸ばすようにしないと弾けなくなってしまいますので集中しましょう。

弓を持つ右手の親指は

親指はしっかり、常に毛につけておきましょう。

そうしないと指全体に力がが入ってしまい、手首が動かせなくなったり、小指が突っぱってしまったりとこれも弾けなくなってしまいますので注意していきましょう。

親指の当たる位置の確認

レッスンでもやりましたが、親指はしっかりと曲げ、爪側から見て右斜め上が当たるように正しく挿入しましょう。

この位置が正しくないと曲げた状態を維持できず、どんどん親指が伸びていき、細かい奏法ができなくなります。

一つ、一つをしっかり確認していきましょう。

 

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいさいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

小学生レッスンよりー楽器を通してあらゆる能力が開発される!

次へのスタートが早いSちゃん 発表会では素晴らしいノーミスの演奏をやり遂げた小学 …

経験者のレッスン

日々熱心にバイオリンと向き合うことが大切ですね。 いつも思いますが、「練習」は本 …

Aちゃん、元気よくレッスンへ

バイオリンが少しずつ構えられるようになったAちゃん。 先週はお母様が体調不良によ …

3才の幼児レッスン

楽しそうな笑顔で入ってきたayちゃん。 お教室にくるのが楽しくなってきだしたay …

バイオリンの美しい音色はどうしたら出せるようになるのか

バイオリンの甘い美しすぎる音色にウットリ~ 神奈川県から月1でレッスンへやって来 …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

1週間で劇的な進歩を遂げたOクンーその秘訣は

基本の姿勢が良くなってきたOクン この1週間で劇的な進歩を遂げたOクン。 その秘 …

大人のレッスン経験者と6才の初心者

Yクン弓の持ち方が良くなりましたね。 / ^ = ^ \ 今日も元気いっぱいのY …

さいたま市南区よりFさん親子がレッスンへ

Yクン、バイオリン、気合いを入れて頑張って持っています。 このお写真が撮れず残念 …

鈴木メソード4巻/ビバルディーに取り組むMクン

週ごとに着実に上達しているMクン 「継続は力なり・・・」コツコツと少しずつ弾くと …