さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

10年のキャリアをお持ちの生徒さんの初レッスン

      2018/08/30

体験レッスン時よりも

10月から、新しく入られたOLのyさん。

またまた、お写真を撮るのを忘れてしまいましたが。

先月、体験に来られた時から、あまり日数も経ってないのに少しだけ良くなっていてビックリしました。

yさんは10年ほどのキャリアを持つ経験者です。

そんなこともあって、講師の指摘する言葉の一言、一言に経験の中からか、共感されています。

しかし、バイオリンは最初が大事です。

きちんと正しいバイオリンの弾き方を学んでないと必ず行き詰まります。

ですので、どこがどのようにいけないことから、現状がどうなっているのかをしっかり、こちらから、教授していきます。

バイオリンもスポーツと同じ面があり、今まで使っていない筋肉を使うと最初の時期は身体が慣れるまで大変なこともありますが、弾いていくうちに次第に痛みもなくなります。

しかし、毎日、少しずつの練習が身体にも上達にも良いのであって、週末にまとめて練習するのは身体を壊してしまいますので気をつけましょう。

また、練習後は必ず、その都度、ストレッチ等で筋肉をほぐしましょう。

レッスンでは以下のことを中心にやりました。

膝が曲がっていませんか?

膝と聞くと?だと思いますが、確かに単刀直入な言い方です。

次に膝というと足ですよね。

ではその足がどうなっていたら左足の膝が曲がってしまうのか考えてみましょう。

yさんの場合は足の歩幅が殆どありませんでした。殆ど開けずに立っておられたのです。

これが、その後の明暗の別れ道となっていったようです。

かなり、開けると膝は自然と実は伸びるものなのですコレ、かなり重要です。

開けが足りないと自然と曲がってしまいます。曲がっていくと楽器が安定させられず、直ぐに疲れてしまうでしょう。改善しましょう。

左足の向きは正しいですか?

左足の角度ですが、外側45度へ向けましょう。

楽器の向きは足の向きと同方向に自然となってしまいます。

真ん中に向けると背中が曲がりやすくなって弾けなくなりますので確認を入れて下さい。

背中を伸ばす集中力

では足さえ良ければ背中まで良くなるかと言うと当然、そうではなく、別の話です。

背中を演奏中は伸ばすようにしないと弾けなくなってしまいますので集中しましょう。

弓を持つ右手の親指は

親指はしっかり、常に毛につけておきましょう。

そうしないと指全体に力がが入ってしまい、手首が動かせなくなったり、小指が突っぱってしまったりとこれも弾けなくなってしまいますので注意していきましょう。

親指の当たる位置の確認

レッスンでもやりましたが、親指はしっかりと曲げ、爪側から見て右斜め上が当たるように正しく挿入しましょう。

この位置が正しくないと曲げた状態を維持できず、どんどん親指が伸びていき、細かい奏法ができなくなります。

一つ、一つをしっかり確認していきましょう。

 

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいさいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

小学生Sちゃん講師と同じ肩当てを使い出しました。

ママとおそろいの肩当て 小学生Sちゃんは講師が最近、使い出したViva La M …

はじめて手にしたマイバイオリンー大学生

待望のバイオリンとご対面 大学生のMクンがレッスンにやってくる日でした。 その前 …

主婦の方のレッスン

大人のレッスンでは様々なテキストを使用 当教室では鈴木メソード、新しいバイオリン …

2才児プレバイオリン初レッスン

楽しみにきてくれた2才の男の子 前回のプレ体験レッスンでどうやら、バイオリンに興 …

【名曲解説】鈴木メソード2-初級者が誰もが苦戦してしまう「メヌエット/ボッケリーニ」

子供も大人の生徒さんも誰もがつまずいてしまうボッケリーニ 週末にいらした大人の生 …

さいたま市桜区の学生さんのレッスンよりー動画あり

全てのフォームチェックは重音で確定する 重音というと上級者はともかく、中級者の一 …

「練習」は自分との闘いー経験者のレッスンより

日々熱心にバイオリンと向き合うことが大切です。 いつも思いますが、「練習」は本当 …

マイバイオリンが欲しくなられた学生さん。

バイオリンを始めて4ヶ月で自分の楽器が欲しくなられたTさん バイオリンを始めたき …

新年初のレッスンー経験者サラリーマンさん

今年の初レッスンは 新年あけましておめでとうございます。 記事が少し、遅れており …

カールフレッシュ〜10度の重音を弾く小学生

10度の重音を楽しく弾く小学生 小学生Mクンがレッスンにきました。 この日はお母 …