さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンを始めて一年になる中学生

   

学校での部活動を入れると4月で1年ですね。

バイオリンを始めて4月で1年になるSさん。Sさんは学校の部活でもバイオリンを弾いていらっしゃり、それを含めると1年になるのでしょうか。

その間、本当に色々な曲をやりましたね。難しい曲もあったようですが。

学校での部活を始めてすぐに個人レッスンを始められたことが正解だと思います。

学校の先輩から手ほどきを受けていただけではやはり、フォームが心配ですよね。

直らなくなる癖がついてしまう前に来られて本当によかったと思います。

Sさんのレッスンはフォームを固めながら、どんどんスキルアップさせていくことが目標です。早速、レッスンへ入りました。

重音のボーイングについて

いきなりなのですが、まずはSさんには重音の開放弦を少し弾いてもらいました。

重音、これを聴いただけで、実はバイオリンがどのぐらいのレベルなのかが分かってしまうものなのです。

少し前までのSさんは重音を弾いても同時に音を出すことがまだ完全ではありませんでした。

しかし、今現在は全弓きちんと重音が出せるようになりました。

これは実は大変、大きな大きな進歩なのです。

では同時に2つの音が出せないのはなぜなのでしょう。

解答は手首の運動がどこかで止まってしまって(遊びという)いるからです。

アマチュアの方で出すべきところの重音が出せないと焦りからか、つい弓圧を入れて弾いている方がいらっしゃいますが、それは正しい奏法ではありません。

弓圧を入れても手首が使えなければ2つ同時に出すことは不可能です。

ポジション移動ではガードをマスターしましょう。

オケにおいてもポジションの基本ができていると難なく音程が取りやすいかと思います。

1から7ポジの親指の位置を再確認し、移動する時は親指から先へもっていきます。

その時にレッスンの中でやったガードを実践して見ましょう。

肘の角度も良いですし、指の当て方も良いのでガードはタイミングをはずさなければすぐできるようになるかと思えます。

音程を確実に取るコツは目線です。親指の移動中はネックの左則方を。音を出すときには押さえている指を見ましょう。

6度-8度の重音

重音を弾く時の弓圧は意識をしてかなり、抜いてください。

良い音を出すには左手と右手のバランスがとても重要です。

右が抜ければ左手はかなり、楽になります。

その上で定型通りに指を押さえていきます。

ガボット/ゴセック

頭のテーマの音量はもう少し出してしっかり弾きましょう。

スタカートを意識し過ぎると短くなり過ぎて何を弾いているのかがわからなくなりますのでそこの弓の量は短過ぎず、しっかり弾きましょう。

16分音符の各箇所のさらい込みをしましょう。レガートより、ワンボースタカートでさらい込んでおきましょう。

しっかり暗譜をしておきましょう。

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

中学生Mクンのレッスン

スケールを弾くことの目的 音階(スケール練習)の一番の目的はみなさん、何だと思い …

Fさん親子でレッスンへ

HAUCHARD   小学生のYクンは最近、おうちでよく練習を頑張って …

出張が入っても熱心に続けられるサラリーマンさん

継続は力なりですね。 年中、お仕事の関係で、全国を飛び周っておられるyさん。 先 …

弾き方のノウハウを覚えていくと止まらずに弾けるようになる。

久しぶりの対面レッスン しばらく、生徒さんのご希望で、zoomレッスンを行なって …

「初レッスン」大学生のMクン

バイオリンの持ち方 体験レッスンが終わり、昨日、初レッスンにいらした大学生のMク …

4才のレッスン親子でお教室へ

Aちゃん、かなり、疲れていたようですが頑張りました。 この日はAちゃんはママと朝 …

大学でオーケストラに誘われたMクン

Mクンが学校で練習をしていると 大学生のMクン、ある日学校で練習をしていたら、同 …

サラリーマンー大人のレッスン

横浜からレッスンへ 早朝からクルマに乗られ当教室へレッスンへ見えられるyさん。 …

大学生さん初撮影です。

なかなか撮影が間に合わず いつもそうなのですがレッスンしながらの撮影はなかなか余 …

読譜力を上げるための訓練ーさいたま市南区の小学生レッスン

練習曲をたくさん読んでいくことが大切 読譜力をつけるには練習曲の譜読みをまだ、弾 …