さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

弓の持ち方

   

弓の持ち方で劇的に音質が変わる!

DSCF13821

昨日、来た生徒さんの中で面白い発見をしてしまいました。中学生のU君。

ここのところ練習不足が何週間も続いていたようですが、ここにきてやっと元の勘を取り戻してきたかなぁという状態。

まずいつものごとくスケールを弾き始める。前々から思っていたけど何だか音の張りが弱く感じる。うぅん?なぜだ?ありとあらゆるフォームにチェックが入る。指先1本1本を見ていくうちに面白いことに気がついてしまいました。

右手の親指です。彼はどんな持ち方をしていたのか、親指の当たりどころが今一のせいで指が伸びてしまって毛にしっかり触っていない。

つまり親指が曲がっていない状態であった。こうなるとどんな事が起きていくのか、音質が全体に弱くなってしまうのである。

毛にしつかりつけることで音に安定感が増し張りのある音質つまりパワフルな演奏へと蘇るのである。これはみなさんも試して見てね。

側で聴いていると別人に思えてしまうぐらいだから劇的な変化でしょうね。さぁ、よくなったところでカイザーを弾いてもらい曲に移る。

曲はウエーバー/カントリーダンスでした。ウェーバーの他の作品についての話を交えながら各パッセージのテクニック指導に進む。

ワンボースタカートの弾き方、第5ポジの親指の位置を指摘、楽語から読み取れるイマジネーションをディスカッションする。

やはり追い詰められるのかどんどんテンポが速くなっていってしまうんだよね。これじゃまずい。かなりテンポを落としメトロノームの中で平たく弾いてくるように指摘。これをやるとメトロノームなしで普通に弾いたときめちゃくちゃ楽になるものです。

アマなんだから先生と同じテンポで弾ける方がおかしいし、スタカートだって均等にいかないのは当たり前。

何とかワンボースタカート落ち着くといいな。うまく切れないときって毛替えが原因のときもあるからその辺もじっくり来週は見てみよう・・・。

 - 生徒さんレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

【名曲解説】鈴木メソード2-初級者が誰もが苦戦してしまう「メヌエット/ボッケリーニ」

子供も大人の生徒さんも誰もがつまずいてしまうボッケリーニ 週末にいらした大人の生 …

会社員のレッスンー神奈川県から

レッスンが楽しみで仕方のないyさん 神奈川県のyさんが月1のレッスンにお見えにな …

出張が入っても熱心に続けられるサラリーマンさん

継続は力なりですね。 年中、お仕事の関係で、全国を飛び周っておられるyさん。 先 …

さいたま市中央区の経験者レッスン

今週はMクン、大変だったようですが いつも、頑張っているMクンも今週は本当に色々 …

バイオリンの構えは基礎を習得する上での心臓部分です。

調整に出していたyさんの楽器がもどってきてレッスンへ yさんの楽器、当教室から調 …

親子でレッスンへ

楽器サイズー選ぶポイントは レッスン記事が溜まり過ぎていてボードの方が全く追いつ …

小学生yクン頑張りました!

集中力が鍵ですね。 バイオリン演奏は楽器をもっている間、①いつもどこに集中してい …

親子でレッスンへ見えられたTさん。

お母さまも頑張ってバイオリンを弾きます。 昨日はお母さまからレッスンをしました。 …

憧れの曲「愛のあいさつ」を奏でる桜区のOLさん

バイオリンの名曲はいいですね 誰もがいつかは奏でてみたいと思う憧れの小品「愛のあ …

幼児ー3回目のレッスン

3回目のレッスンで 2月からレッスン開始されたyちゃん。 レッスン開始3回目で、 …