さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンの構えは基礎を習得する上での心臓部分です。

      2016/08/26

調整に出していたyさんの楽器がもどってきてレッスンへ

yさんの楽器、当教室から調整へ出していました。

レッスンでお渡し。調整後のバイオリンをはじめて弾くyさん。

音が良くなっていることにビックリしたようです。

特にペグが回しやすくなって他も随分弾きやすくなったようです。

弓の毛替えもしたらやはり、音がいいと喜んでおられました。

さて、本日は上手く弾けるでしょうか。

フォームが安定しているとビブラートも重音もポジション移動も楽です。

フォームが安定しているとビブラートも重音もポジション移動に直面してもあわてることなくすんなり、弾けます。

重音のビブラートもしっかり基礎ができてないとバイオリンが揺れますし、親指に力が入ってしまうことにより、ビブラートをかけ出したら、音程が低くなってしまうというケースも多くなってきます。

曲でかけ始めたら全体的に音程が低くなってしまうのですがというご相談をよく受けます。

これはビブラートだから特別なことをやるわけではなく、どこに力を入れどこの力は抜けていなければならないのかという基本をもう一度見直してください。

ビブラートは曲だけしかかけないものなのに曲でかけだしたら、音程がというのはとっても困ってしまいますよね。

バイオリンの構えは初心者でも経験者でもプロでもいつも力をいれなければならない必修項目です。

もちろん、バイオリンの構えだけが基礎の全てというわけではありません。

しかし、構えはバイオリンの心臓部分であって、そこがおかしくなると他の体の部分、例えば肘や手首、指とかその他の部分だけを矯正しようとしても上手く弾けなくなります。

また、バイオリンの構えはバイオリンを始めてまず、最初に習い最後までついてくる重要必修基礎項目です。

それだけにこれを日々重要だと心の底から思いバイオリンを構えるごとに気をつけながら弾くかどうかは本人次第になってしまいます。

講師は生徒さんがバイオリンをちゃんと持てないことにより、困ることが出てくるわけでもないので私はそのことで全く怒りませんが(むしろ、やさし過ぎる先生です。)困るのは生徒さんです。

もしも、バイオリンを構えていて、すぐ、疲れてしまうとか体のどこかが痛いという方は肩当てや顎当てを見直してみてください。

別記事に書きましたが、肩当ては最近どんどん進化してきています。

また、顎当ての形状、高さも様々なものが店頭に並んでいます。

お店に足を運び店員さんにアドバイスしてもらうのも良いかも知れません。

上達には基礎と順応性

IMG_7027

yさんを見ていて本当にいつも感心することは楽器に対しても講師に対しても順応性があっていつも素直に受け入れられる方なのです。

このことはとても大切なことで、まだ、達していない技術に挑戦した時、これこれこうすると弾きやすくなりますよ。

と申し上げるとすぐ、そのようにやってみるから、弾けなかった箇所ができるようになっていくのです。

逆にきちんと全て講師が言っていることを納得してからでないと実行に移せないタイプ。

このような方はなかなか上達しません。

確かに弾いたことがなかったり、むずかしい技術に直面すると生徒さんにとっては講師の言われることがチンプンカンプンで???となってしまい、なかなか、その場で行動に移せない方って多いと思います。

でもどちらが上達が早いかというと前者のタイプなのです。

その場では全く言われることがわからなくても取りあえずは言われる通りその場で弾いて見る。

yさんはいつもバイオリンを取り出してからまず、何をやらなければならないのかをよく御存じでいらっしゃいます。

バイオリンの正しいフォームのどこかがくずれていないかをいつもご自分で気にかけながら音を出されるせいか演奏中のフォームはほぼ安定しています。

更なる飛躍の100パーセントを次は目指して頑張りましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

音階練習のスタートは早ければ早いほど良い。

スケールはバイオリンの正しい弾き方を学べるバイブルです。 初心者の生徒さんでは正 …

大人のレッスン-yさん

右手の訓練 レッスンにいらしたyさん。 まずはバイオリンを持ってから、右手の脱力 …

弾き方のノウハウを覚えていくと止まらずに弾けるようになる。

久しぶりの対面レッスン しばらく、生徒さんのご希望で、zoomレッスンを行なって …

さいたま市南区の主婦の方のレッスン

お嬢様と同じ練習曲を お嬢様のSちゃんはお母様のレッスンが終わった後、しばらくし …

3月から始められたOLさんーどんどん上達しています。

発表会に向けて本当に頑張っておられます。 先月入られたばかりのOLさんなのですが …

始めて3ヶ月の大学生

ホーマン1ー20 しばらく、オンラインレッスンであった大学生のKさん。 久しぶり …

小学生親子レッスン

バイオリンの心臓部分である顎。まずは片手でしっかり持てるようにしましょう。 小学 …

小学1年生のレッスン

親子でレッスンへ この春で小学2年生になるYクンがレッスンへやってきました。 お …

さいたま市中央区のMクンは

講師のアドバイスに細やかに反応してくれるMクン 中学生のMクンは講師の様々なアド …

3才の幼児レッスン

楽しそうな笑顔で入ってきたayちゃん。 お教室にくるのが楽しくなってきだしたay …