さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

   

当教室は8月8日~8月18日まで夏休みでした。

その間、お問い合わせをして下さった方、ご連絡ができず申し訳ありませんでした。

18日よりレッスン始動となりました。

みなさん、練習の方は十分できましたでしょうか?

夏休みは皆さん、おでかけ等で荷物になるからバイオリンは持って行かなかったという方もあるかも知れません。しかし、弾かなかった分は必ず後に2倍、3倍の苦しみがやってきます。

後に取り返しのつかないことにならないようやはり、毎日、少しずつどうしてもやらなければですね。

さて、夏休み終了後に早速、お見えになられたyさん(大人)のレッスンを振り返って見ました。

ビブラートにかなり、苦戦しておられたようです。

サラリーマンのyさんは音質をとっても大切になさる方。

しかし、ここのところ、思うようにビブラートが音質に反映させられず悩んでおられたようです。

ビブラートというと誰もがバイオリン演奏に最も憧れる技の一つですが、yさんも綺麗にビブラートをかけて曲を奏でたいと思っておられる方のお一人です。

yさんは粗いビブラートも細かいビブラートも使い分けることがおできになるのですが、弓で音を出した時に顎を強く押さえていても振動が多く出てしまうことにかなり、悩んでおられました。

よくあることは顎の力が十分でないために楽器に振動が及んでしまうことです。

しかし、yさんはこの点はクリアーしておられました。

ではどこが原因なのか、徹底的に探っていきました。

実際のビブラートをかける講師の演奏をみせ、一つ、一つ確認していったところ、左手の左指にかけている多大な力に問題があることが発見されました。

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

①バイオリン演奏を上手に弾くポイント力を入れる箇所は1箇所に絞りましょう。

それはどこでも良いのではなくだけです。

ビブラートというと新しい技術というイメージがあるかも知れませんが、結局のところは基本なのです。

今まで学んでこられたバイオリンの構えについてもう一度、思い起こしてみましょう。

②大切なのは顎と左手のバランスです。

その力関係の比率が良好に保てていないとビブラートもまた、他の様々な技術(音程、ポジション移動、アルページヨ、速いパッセージ等)もなかなか上手く弾くことができなくなってしまいます。

悩まれていた問題が取り敢えず、解決して良かったですね。

その点に気をつけて演奏してもらったところ、音質に振動がなくなってきました。

後は自然に体に染み込ませるにはそのような練習を繰り返していただくしかありません。

頑張りましょう。

 

 

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

新年初のOLさんレッスン

年始のレッスンはOLさんから 本日、レッスンにお見えになられたOLのkさん。 キ …

中学生Mちゃんのレッスン

手首の運動は計画的に 中学生のMちゃんがレッスンへやってきました。 いつもレッス …

OLさんの初レッスン

楽器と弓の取扱い方法 10月から新しく入られた美人OLさん。 体験後、初めてのレ …

桜区の中学生レッスン

中学生のMちゃんは困り果ててたようです。 中学生のMちゃんはお教室に入ってくるな …

発表会に向けて頑張っているyクン

クリスマスコンサートに向けて 小学生のyクンにとって今年のクリスマスコンサートは …

弓の持ち方

弓の持ち方で劇的に音質が変わる! 昨日、来た生徒さんの中で面白い発見をしてしまい …

曲がどんどん進んでいく小学生yクン

曲以上にスケールも頑張って練習しましょう。 最近、少し、自分だけで練習するように …

大好きなお父様といっしょにレッスンへ

大好きなお父様とレッスンへ 先週、レッスンへ見えたayちゃん、何と大~好きなお父 …

バイオリンの美しい音色はどうしたら出せるようになるのか

バイオリンの甘い美しすぎる音色にウットリ~ 神奈川県から月1でレッスンへやって来 …

進化しているバイオリンケース

OLさんの初レッスン 3月からご入会されたTさん。 この日、念願のマイバイオリン …