さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

楽しそうにレッスンに来るayちゃん。

      2017/03/25

「ヴァイオリンのおともだち」より

『あのつくものなんだ~』のお歌を歌いながらリズムを思い出します。

大きな声を出してまずは歌詞を覚えましょう。

今週からテキストをお渡ししますが、今後、ご自宅での打ち込みの際には1234と口で言いながら叩く習慣をつけましょう。

上達の秘訣は暗譜です。次週から頑張っていきましょう。

バイオリンを出して構えてみます。

バイオリンを出した後、構えてみました。ayちゃんは顎当てに顎をしっかり乗せるという認識がまだできていないようです。

お家ではティッシュの箱をつぶすつもりで顎に力を入れ片手でまずは20秒、持てるよう一日、何回も練習しましょう。

バイオリンを持つ前には軸足となる左足は絶対に動かさせないようお家で見てあげてください。

そして、左足45度の方向へ箱を持っていきます。

背中が曲がると首を外へ回せなくなるのでよく見るようにしてください。

  「4才のリズムとソルフェージュ」/手と足を使って

譜読みはできるだけたくさんの楽譜を読むことが読譜力アップにつながっていきます。

リズムもよりたくさんのリズムの打ち込みを行うことで譜読みが速くなっていきます。

そこで一番大切なことはテンポです。拍子やリズムをいつも意識させるにはメトロノームをお家では鳴らしていく環境を整えてあげてください。

メトロノームを併用しながらの楽譜の打ち込みはかなり、効果が上がっていきます。

「おんぷにこにこワーク」

音記号の練習も毎日、一人で15個は書きましょう。ドレミの判別がまだ認識していないようです。

それぞれの音を読む、書くを毎日、15回以上は必ずおさらいするようにしてください。

週のうちの6日間、最低、これだけはやるようにしないと週1のレッスンだけでは何も認識していかないといえます。

ドレミのかるた

先週までに習った音ドレミまでを必ず書けて読めるようにしましょう。

日毎の練習をもう少し頑張りましょう。

お弓を持って見ました。

手首を必ず、ふくらませたまま、親指はしっかりと曲げましょう。

親指と中指はセットで重ねるという感覚を身につけさせましょう。

左斜目に挿入した親指は曲げたまましっかりと毛につけておきましょう。

指と指の間隔は指1本分程開けて持ちましょう。

これは弓がない状態でもイメージトレーニングさせられます。毎日毎日、これだけは続けてください。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

ヴァイオリン上達法ー中学生のレッスンより

「継続は力なり」とはよくいわれていますが。 「継続は力なり」とは昔からよくいわれ …

中学生Sさんのレッスン

 弓はf 字孔に乗せ駒に対して平行に乗せましょう。 バイオリンの正しい奏法は弓を …

親子レッスンーもうキラキラ星も弾いています。

曲がいっぱい弾けれるようになりました。 バイオリンを始めて10ヶ月で、本当にたく …

良い演奏とはー中学生レッスンより

中学生ー弦楽アンサンブル経験者のレッスンから Sさんは今後、ボーイングの課題が2 …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

さいたま市中央区のMクン

忙しいけれどコツコツ頑張っているMくん。 さいたま市中央区からレッスンにやってき …

さいたま市南区からお見えのFさん

Yクンはやる気満々でお教室へ 今日も元気に小さなバイオリンを抱えてレッスンへやっ …

一人でレッスンへ

心を鬼にして 中学生のMクンがレッスンへやってきました。 Mクンは中学生と言えど …

小学1年生になるSちゃんの初レッスン

この春からピッカピッカの一年生になるsちゃんも3月からお仲間に加わりました。 既 …

さいたま市南区の小学校1年生のレッスン

 発表会に向けて頑張りましょう。 すくすく、大きくなっているように見受けられるy …