さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

4才の女の子ママと大奮闘

   

「ヴァイオリンのおともだち」より

『まっすぐたいらに』と『ちいさいおともだち』をバイオリンで弾いてみました。

その前に歌詞をつけてリズムを思い出して見ます。

『まっすぐたいらに』の方は全て開放弦ですので最初からいっしょに弾いてみました。

弓の乗せている手はあまり、力を入れないようにやさしく弾いてあげましょう。

『ちいさいおともだち』は1の指を押さえるのでまだ、弾かずにPIZZだけの練習を十分しましょう。

弦をはじく時の注意点は親指を浅くかけ肘が動かないように右手側に肘を出しておきましょう。

はじく時はあまり、強くはじき過ぎても音が狂ってしまいますし、逆に小さ過ぎるのも音楽がこわれてしまいますので何度も何度も練習しましょう。

演奏中は顎をしっかり、抜かないようにしましょう。

お母さまにお手本を見せてもらいました。

さぁ、ここで何とお母さまにご登場いただいてAちゃんにお手本を見せてもらいました。

お母さまも間違ってはいけないと本当に必至です。

Aちゃんのお母さまは昨年Aちゃんと始めたばかりなので、おうちでもお互いに良いライバルになっているようです。

お母さまが弾き終った後、Aちゃんと二重奏をしました。

次週は一人でお母さんと弾けるかな?。頑張りましょう。

「おんぷにこにこワーク」

Aちゃんは先週はドからファまでを覚えました。今週は一つ加えてソとラを覚えましょう。

ソとラを何度も書いて見て、声を出して覚えましょう。

もっとも早い覚え方はミ、ソ、シ(味噌汁)と覚えるそうです。

3つとも線の上なので区別がつきやすいようです。

お家でも一生懸命、頑張りましょう。

「4才のリズムとソルフェージュ」

両手を使ったり、足を使ったり、また、机を使って見たりと様々な方法で小さいうちはリズムの打ち込みを楽しみながら、やっていきましょう。

その時に大切なポイントは1234と必ず口で数えながら、打ち込むことです。心の中ではいけません。

お家では「ヴァイオリンのおともだち」のテキストでたくさんの先の曲の譜読みをしていきましょう。

まずは歌詞を読んでどんどん覚えていきましょう。そして、リズムと階名唱(ドレミ)です。

ドレミのかるた

先週はファまでを覚えましたね。ソとラを新しく覚えましょう。

書いたら必ず、その2つの音を声に出して歌って見ましょう。

お母さまのレッスンでは

先ほどお子さんのレッスンでやった同じ曲のレッスンをしていきます。

『ちいさいともだち』では押さえる1の指がまだ、不安定なようです。

レッスンで説明をした通り手首の形に気をつけて指の当て方をよく見てみましょう。

お母さまの場合のこの曲ははじめにPIZZをして指の形を整えた後、弓でも弾けれるよう頑張りましょう。

ホーマン練習曲第1巻

第15番は指を広げる練習です。

手首の形や肘とフォームが全て正しくできていないと指は広がりません。

また、演奏は集中力ともいえます。

レッスンの中でこれを弾くときは気合いを入れて顎強化を集中しましょう。

すると広がりやすくなることと思います。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

4才ー今日も楽しくレッスン

おけいこの日が本当に楽しみなんですね。 4才の子がレッスンへやってきました。 今 …

ヴァイオリン上達法ー中学生のレッスンより

「継続は力なり」とはよくいわれていますが。 「継続は力なり」とは昔からよくいわれ …

日々、協奏曲に励むMクン

コツコツ頑張るMクン 学校でどんなに忙しくなっても頑張って練習するMクン。 全て …

さいたま市桜区の中学生レッスン

左親指はネックから出過ぎないようにすることが重要 中学生のMちゃんがレッスンへや …

中学生Mクンのレッスン

いつもコツコツやることが大事ですね。ー若いMクンに期待 バイオリンの練習はスポー …

10年のキャリアをお持ちの生徒さんご入会ありがとうございます。

体験レッスン時よりも 10月から、新しく入られたOLのyさん。 またまた、お写真 …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

中学生Mクンのレッスン

スケールを弾くことの目的 音階(スケール練習)の一番の目的はみなさん、何だと思い …

神奈川県からお見えのYさん。

カールフレッシュスケールでは 神奈川県から通って下さってるYさん。 土曜日は連休 …

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

シニアのバイオリンレッスン   以前いらしていたシニアのTさん。その方 …