さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

1週間で劇的な進歩を遂げたOクンーその秘訣は

      2018/02/11

基本の姿勢が良くなってきたOクン

この1週間で劇的な進歩を遂げたOクン。

その秘訣はどこにあったのでしょうか。

一日の練習回数はもちろんなのですが、その中で特にボーイング練習の回数をかなり増やしていたようです。そして、自分で日ごとに何と何をやらなければならなくて何ができていないのかをしっかり、分析していたようです。

講師がトップページを久しぶりに更新して驚きました!。同じ生徒さんと思えませんでした。この時はまだまだ、バイオリンを強く顎で押さえることがやっとだったのに美しい音でもう、曲を弾いているではないですか。写真だけでは音源が出なくて少し、残念なのですが、Oクンは3月から始めたとは思えないぐらいに上達してきました。

しかし、この長いお休みのGWで安心して気が抜けて遊んでしまうのか、いや、さらに努力を重ね向上させるのかはこのお休みにかかっています。

どうしても一人一人のその差は連休後に出てきてしまいます。

上達の鍵はズバリ折れない集中力です。

逆に弾けなくなる原因は他のことに気が取られていたりで、練習が飛んだ場合であると100パーセントいえます。上達の鍵は毎日、コツコツ一日も空けずに回数多く練習することなのです。

それでなければ弾けてたことが全く弾けなくなってしまいます。

そういう意味では練習は自分との闘いなのです。自分を甘やかしてばかりいるといつも何もできない人になってしまいます。

ちゃんと上達のできる人は自分に対して厳しい人です。

弾けないのは周りの人が悪いのではなく、自分の練習が悪いときちんと分析できる人なのです。

練習は確かに楽しいことばかりではなくつらいことも

苦しいことも大変なこともいっぱいあります。

講師はこれを何度もアマチュアの子供の頃から経験してきました。

悔しくて悔しくて何度もべそをかいていました。

でも泣いていても弾けるようにはなりませんでした。

そのことにある日から気がつき、翌日からは泣かなくなりました。

泣いている場合ではないということに気がついたのですね。

このように頑張り続けるという集中力は本当に大変なことであります。

しかし、みなさんは誰もが持っている自分のその弱さに負けないでください。

自分に勝って大きな自信をつけ、一回りも二回りも大きく成長していってくださいますことを強く心から願っています。

もしも、みなさんが、思い悩んでしまったら、Oクンのやったことを実践してみましょう。

 

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

大学でオーケストラに誘われたMクン

Mクンが学校で練習をしていると 大学生のMクン、ある日学校で練習をしていたら、同 …

大学生初心者のレッスン

 基礎フォーム 大学生のMクンがレッスンに見えられました。 もう、学校でオケを始 …

さいたま市桜区からMちゃんがレッスンへ

ぐんぐん上達しているMちゃん 毎週のレッスンが楽しみでしかたがないMちゃん。 バ …

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

当教室は8月8日~8月18日まで夏休みでした。 その間、お問い合わせをして下さっ …

兄弟でレッスンへーさいたま市南区より

兄妹で仲良くレッスンへ まだ始められたばかりの5才のRちゃんと7才のOクンご兄弟 …

頑張ってレッスンへ来てくれた中学生のMちゃん。

体調不良だったのに頑張ってきてくれました。 中学生のMちゃん、体調不良で何度も講 …

中学生Mクンのレッスン

スケールを弾くことの目的 音階(スケール練習)の一番の目的はみなさん、何だと思い …

GW明けの初レッスン

日曜日のレッスンでは 当教室では日曜日も夕方からレッスンを行っております。 GW …

合奏曲を親子で楽しまれているkさん。

アンサンブルができるようになった喜び バイオリンを始めるといつかはアンサンブルも …

親子でレッスンへ

楽器サイズー選ぶポイントは レッスン記事が溜まり過ぎていてボードの方が全く追いつ …