さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

大学でオーケストラのお誘い

      2022/08/21

Mクンが学校で練習をしていると

大学生のMクン、ある日学校で練習をしていたら、同級生のオケに入っておられる別の楽器をやっている学生から、オケに入らないかと誘われたそうです。

オケは読譜力がつくだけではなしに、様々なことを学べますから個人レッスンについて別に基礎をやっていくのなら問題ないかと思います。本当はオケに入団する前に基礎をやっているのが一番良い状態ですが。

バイオリンの練習時間も増えるかな。さて、早速、レッスンに入りました。

バイオリンの構えの確認

img_7946

レッスンで、ハッキリと認識されたことは左足の角度、この足は軸足となりますので、45度に向けたら、動かしてはいけないということ。そちらの方に楽器を向けるようにすると外側の位置というのがよくわかるかと思います。

また、この角度を持続できれば両手をつけてからも肘が動きにくいと思います。

これだと足の向きが良くありません。

まずはバイオリンケースを正面にして立ちます。

左足のつま先をお教室の場合はドアにかかっているリースまで持っていき、楽器もそちらの方向へ向けます。バイオリンを正しく、構えたら、今週は片手で90秒を目指しましょう。

バイオリンの構えでとても大切なことは必ず背中を張った状態を持続させるということです。

痛むときは少しずつ、張っていきましょう。背中が張れるようになると首も楽に回せるようになります。

片手ボーイング

Mクンは弓の持ち方はできるようになってきたので、片手でのボーイングにかなりの時間をかけています。

ポイントは全脱力した状態でアップとダウンの手首の使い方の違いを理解し、動かせるかです。

その際、弓のスピードが乗らないようにゆっくり、ゆっくり、ロングトーンを心がけましょう。

すると手首もだんだん、使えるようになってきます。

ダウン時は一気に手首を全部、へこませてから、ゆっくりゆっくり弾いていきますが、アップ時の手首は微動で木を倒さないように少しずつ少しずつふくらませていき、半分まで通過したら、肘を上げる。

その後、元の方は毛がなくなるまで、必ず弾けるようにしましょう。

ホーマン練習曲1巻第15番

まずは左手のみの練習です。弓を使わずにpizzといって指板(黒いところ)ではじく練習をしていきましょう。

img_7947

pizzがやりやすいよう爪はいつも、短めに切っておいてください。

pizzはあまり、強くはじくと調弦の音が狂ってしまいますので常に注意しましょう。

これから、新しい譜面を読む時は必ず、弓で弾く前にpizzをやりましょう。

また、他に読譜練習として、リズムの打ち込み等を念のためにやってから、入りましょう。

この曲は一音、一音、指を開けることが大変かと思います。

そのためには①顎の力を抜かないこと②左親指に力を入れないことです。

ここが一番重要なポイントです。①と②の力が分散してしまわないよう気をつけましょう。

ホーマンを弾く前には両手をつけてから、その辺のことをイメージトレニングをして正しく持っているか一つ、一つ、確認しましょう。

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

当教室は8月8日~8月18日まで夏休みでした。 その間、お問い合わせをして下さっ …

大学生ー本当にバイオリンを楽しんでいただいているようです。

新年あけましておめでとうございます。 新年のごあいさつがかなり、遅れてしまいまし …

頑張ってレッスンへ来てくれた中学生のMちゃん。

体調不良だったのに頑張ってきてくれました。 中学生のMちゃん、体調不良で何度も講 …

神奈川県からレッスンへ見えられたyさん

新年初のレッスンへ見えられたyさん いつも横浜からクルマでレッスンへお見えになる …

初めてのレッスンー学校から直行

さいたま市中央区の中学生のMちゃん 今週から、レッスンを開始されたMちゃん。 と …

年中のAちゃんー週ごとの上達

年中さんのAちゃん毎週、上達してきています。 年中さんのAちゃん、最近、とっても …

難技巧に取り組む浦和区のOLさんーレッスンで一発解決

ビオッティーの巧みな細かいパッセージ 今、ビオッティ協奏曲NO23番を弾いておら …

さいたま市南区から小1のSちゃんがレッスンへ

レッスン開始2ヶ月半で少しずつ弾けれるようになってきたSちゃん 3月からバイオリ …

小学生低学年のレッスン

さいたま市南区のYクンのレッスン さいたま市南区からお母さんといっしょにレッスン …

中学生Sさんのレッスン

 弓はf 字孔に乗せ駒に対して平行に乗せましょう。 バイオリンの正しい奏法は弓を …