さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

大学でオーケストラのお誘い

      2022/08/21

Mクンが学校で練習をしていると

大学生のMクン、ある日学校で練習をしていたら、同級生のオケに入っておられる別の楽器をやっている学生から、オケに入らないかと誘われたそうです。

オケは読譜力がつくだけではなしに、様々なことを学べますから個人レッスンについて別に基礎をやっていくのなら問題ないかと思います。本当はオケに入団する前に基礎をやっているのが一番良い状態ですが。

バイオリンの練習時間も増えるかな。さて、早速、レッスンに入りました。

バイオリンの構えの確認

img_7946

レッスンで、ハッキリと認識されたことは左足の角度、この足は軸足となりますので、45度に向けたら、動かしてはいけないということ。そちらの方に楽器を向けるようにすると外側の位置というのがよくわかるかと思います。

また、この角度を持続できれば両手をつけてからも肘が動きにくいと思います。

これだと足の向きが良くありません。

まずはバイオリンケースを正面にして立ちます。

左足のつま先をお教室の場合はドアにかかっているリースまで持っていき、楽器もそちらの方向へ向けます。バイオリンを正しく、構えたら、今週は片手で90秒を目指しましょう。

バイオリンの構えでとても大切なことは必ず背中を張った状態を持続させるということです。

痛むときは少しずつ、張っていきましょう。背中が張れるようになると首も楽に回せるようになります。

片手ボーイング

Mクンは弓の持ち方はできるようになってきたので、片手でのボーイングにかなりの時間をかけています。

ポイントは全脱力した状態でアップとダウンの手首の使い方の違いを理解し、動かせるかです。

その際、弓のスピードが乗らないようにゆっくり、ゆっくり、ロングトーンを心がけましょう。

すると手首もだんだん、使えるようになってきます。

ダウン時は一気に手首を全部、へこませてから、ゆっくりゆっくり弾いていきますが、アップ時の手首は微動で木を倒さないように少しずつ少しずつふくらませていき、半分まで通過したら、肘を上げる。

その後、元の方は毛がなくなるまで、必ず弾けるようにしましょう。

ホーマン練習曲1巻第15番

まずは左手のみの練習です。弓を使わずにpizzといって指板(黒いところ)ではじく練習をしていきましょう。

img_7947

pizzがやりやすいよう爪はいつも、短めに切っておいてください。

pizzはあまり、強くはじくと調弦の音が狂ってしまいますので常に注意しましょう。

これから、新しい譜面を読む時は必ず、弓で弾く前にpizzをやりましょう。

また、他に読譜練習として、リズムの打ち込み等を念のためにやってから、入りましょう。

この曲は一音、一音、指を開けることが大変かと思います。

そのためには①顎の力を抜かないこと②左親指に力を入れないことです。

ここが一番重要なポイントです。①と②の力が分散してしまわないよう気をつけましょう。

ホーマンを弾く前には両手をつけてから、その辺のことをイメージトレニングをして正しく持っているか一つ、一つ、確認しましょう。

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市中央区より頑張ってきた中学生

いつも少しずつ練習を頑張るMクン バイオリンの練習はケガや病気でない限り、できれ …

中学生Sさんのレッスン

音の出し方の基本 中学生のSさんがレッスンへ見えられました。 前回のレッスンでは …

さいたま市桜区よりー3才児レッスン

楽しみなおけいこ 3才のyちゃんがレッスンへ見えられました。 yちゃんは毎週、毎 …

小2のレッスンより中級の階段へ

まずは調弦から 小2のIちゃんがママとレッスンへやってきました。 Iちゃんは楽器 …

横浜から月2のレッスンへ 動画あり

いつも基本を大切になさるyさん 横浜から月2でレッスンへお見えになられているサラ …

最近は親子二人三脚で始めるケースがとっても多いようです。

バイオリンの習い始めはお母さまといっしょに。そして親子でやる意味 最近のおけいこ …

ブログ初登場の大学院生

ご入会からたったの1ヶ月半でフォームが大改善 お写真入りではブログ初登場の6月に …

バイオリンスタート時のサイズー年少さんレッスンから

バイオリンスタート時のサイズ 3才児で身長がまだ100センチにも達していないお子 …

葉加瀬太郎さんの情熱大陸がお気に入りのkクン

バイオリンーやっぱり楽しいらしいです。 お家では「おじさんバイオリンのうた」と言 …

鈴木メソード4巻/ビバルディーに取り組むMクン

週ごとに着実に上達しているMクン 「継続は力なり・・・」コツコツと少しずつ弾くと …