さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市中央区から初レッスンへ

   

埼玉県さいたま市桜区のABEバイオリン教室の阿部です。

さいたま市中央区から中学生のMクンが初レッスンに

Mクンは中学生に今年の4月から入ったばかりです。

早速、レッスンに入りました。

まず、取りあえずはお家で練習をしてきた鈴木の6巻/フィヨッコ/アレグロをやりました。IMG_6868

音程は良くさらってありましたね。

ただ、強弱をもっと効果的に強く出す方法はこの曲の場合は弓圧です。

もちろん、全体的には弓を使い過ぎているので、全体的にはもっと弓を使う量を減らしましょう。

テンポをゆっくり弾いている時でも速くしたときの量を想定し、同じ量だけの短い量で練習します。

そして、音量を落とすところは弓の量はそのままで弓圧を抜いてPにしましょう。

つまり、この曲の右手は最初から最後まで弓が大きくならないよう一定の量を保つことが大事です。

それができるとインテンポ(速いテンポ)で弾けるようになっていくと思います。

楽譜の中の音符はだいたい頭に入っているようですが、強弱記号もいっしょに暗譜しておきましょう。

Pだけでなく、クレッシェンド等もマークしておいてください。

強弱をつけた状態でゆっくりゆっくり短めの量で弾くことができるようになったら

次はメトロノームを利用して、一日、2メモリずつテンポを上げていきましょう。

一辺に上げてしまうことはやめましょう。

バイオリンのフォームを見てて感じたことは左手の親指の位置です。第一ポジショを弾いているのに親指までが指といっしょに上がってしまっています。

因みにポジション移動のときは指から移動ではなく親指からです。

各ポジションの親指の正しい位置を覚えることを次回からしていきましょう。

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市中央区のMクン

忙しいけれどコツコツ頑張っているMくん。 さいたま市中央区からレッスンにやってき …

新入会年少さんの初レッスン

新しい年の今月から、年少さんのお友だちがお仲間入りしました。 まだ小さいのにやる …

桜区より中学生のレッスン

 病み上がりで少し不調だったMちゃん Mちゃん、先週は体調を崩し、バイオリンがあ …

音階を弾く時のポイントー高校生レッスンより

音階を弾くときのポイントー小野アンナ音階教本 6才の頃にピアノをやっていたという …

中学生Sさんのレッスン

音の出し方の基本 中学生のSさんがレッスンへ見えられました。 前回のレッスンでは …

小学生のレッスン

発表会に向けて 当日は朝本番ですので、大変だと思いますが、少しずつ、今から、夜を …

はじめて手にしたマイバイオリンー大学生

待望のバイオリンとご対面 大学生のMクンがレッスンにやってくる日でした。 その前 …

弾き方が音楽的になってきた小学生Sちゃん

年明けにレッスンへいらした小学生のSちゃん。 年明けのレッスンは講師もかなりの覚 …

始めたばかりのサラリーマンさん

今月からスタートした楽器未経験のsさん。 3月からレッスン開始したサラリーマン3 …

小学生Sちゃん講師と同じ肩当てを使い出しました。

ママとおそろいの肩当て 小学生Sちゃんは講師が最近、使い出したViva La M …