さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

親子で初レッスン

   

IMG_6461今日がレッスン2回目のYクン。バイオリンの構え、弓の持ち方をおさらいし、今日から新しく、バイオリンの指番号を覚え、押さえ方をイメージして見る。

次に先週、少しだけやりかけていた弓を持ってのボーイングのイメージトレーニングをしながら、アップダウンの手首の使い方を掴んでもらう。

次に音符カードで新しくシドレの音を数えながらピアノの音を聴いてもらう。

次に教本(5才のリズムとソルフェージュ)を開いて拍子を感じてもらいながらリズムの打ち込みを講師とやってみる。

次にバイオリンと弓を持ちいよいよ音を出してみる。講師が補助をしながら教本の中にある解放弦の音を弾いて見る。

各弦の肘の高さの違いを覚えてもらうために講師の肘をYクンに掴んでもらいながら講師が弾いてみる。さらに弓を講師がわざとデタラメに持ちYクンに直してもらう。

今日のポイントは足をもっと開く。バイオリンを持つときに背中を曲げないこと。バイオリンを構えている間に足を動かしたりしないように。バイオリンをティッシュボックスに代えたりして何度も持って見ました。

驚いたことにYクンは先週からレッスンが始まったばかりなのにもう、弓の持ち方を覚えてきたとは。

講師の持つ弓の指をしっかり直してたから凄い記憶力です。あとは弓を動かしてもお指がくずれないようになるまで頑張りましょうね。ワークをやってもらいその間にお母様のレッスンへと入る。

IMG_6464今日からお母様もレッスンに加わりました。まず、毛替えの後なので松脂が足りないところをタップリぬって、肩当の角度を確認してもらう。

次に昔、弾いていた曲を簡単に弾いてもらった後、レッスンのご希望をうかがい、これからの課題をお話しする。その結果、カールフレッシュとホーマンのテキストを使用し、正しいフォームと読譜力、バイオリンの基礎項目、ポジションなどを一つ一つ習得していってもらうことになりました。

その後、カールフレッシュの実際のさらい方をやりながら覚えてもらいました。

バイオリンの指の押さえ方やファーストポジションの親指の位置から肘の角度等、主に左手側が中心になっていくでしょう。ホーマンも譜読みが早くなってきたら、親子でアンサンブル(二重奏)も可能になります。楽しみですね。

 

 - 生徒さんレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

親子でレッスンへ見えられたTさん。

お母さまも頑張ってバイオリンを弾きます。 昨日はお母さまからレッスンをしました。 …

さいたま市中央区からMクンがレッスンへ

中学生で忙しいMクンですがコツコツ頑張っています。 中学生と言えば部活でしょうか …

新年初のOLさんレッスン

年始のレッスンはOLさんから 本日、レッスンにお見えになられたOLのkさん。 キ …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

発表会に向けて頑張っているyクン

クリスマスコンサートに向けて 小学生のyクンにとって今年のクリスマスコンサートは …

さいたま市中央区より中学生経験者のレッスン

毎日、少しずつの練習が体に負担をかけないだけではなく演奏耐久時間も延び技術も上が …

大学生Mクンが元気よくレッスンへ

バイオリンが大好きな大学生のMクン Mクンはバイオリンだけではなく、音楽が大好き …

新年初のレッスンー経験者サラリーマンさん

今年の初レッスンは 新年あけましておめでとうございます。 記事が少し、遅れており …

中学生Mクンのレッスン

スケールを弾くことの目的 音階(スケール練習)の一番の目的はみなさん、何だと思い …

会社員のレッスンー神奈川県から

レッスンが楽しみで仕方のないyさん 神奈川県のyさんが月1のレッスンにお見えにな …