さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリン練習を困難に感じたら・・・・

   

DSCF03841

もしもバイオリンを弾いていてすぐ、疲れるとか昔、弾けてたものが弾けないとか弾きにくいとか、なかなか上達しないとかで、思ったような音が出ないとかで練習を困難に感じたことはありませんか?おそらく、それら全てが自分に原因があると思い込んでしまっている方が多いように思いますが、実はそうでもないのです。弦楽器は微妙な調整が狂ってしまうだけで、弾けてたものが弾けなくなったり、自分にとって優しい曲がいつまでも弾けない状態だったりして練習する気をなくしてしまわれた方はおられませんか?バイオリンの調整って単なる音をよくするだけのものではないのです。

みなさんの場合で〇〇の憧れの曲はまだ、弾けれるようになるにはかなり先なんだろうなぁとあきらめている人もまた、楽器と自分の技術が良くないために〇〇の曲は形にならない、音楽にならないと感じた経験をお持ちの方って必ずおられると思います。でも、バイオリンって私たちが思う以上に繊細で凄くデリケートなのです。ミリ単位のズレも演奏者を困難にしてしまうのだなぁとつくずく感じてしまいました。

今日、実は講師も楽器の調整に行ってきました。前々から音が伸びなくなっていて練習を困難に感じていたところ、見てもらったら、単なる弦の劣化ではなく、駒のわずか1ミリのズレが発見されました。(足の部分)下の部分ってなかなか、我々、演奏家でも気がつきにくいところであると思います。上の部分が少しでも曲がっていたりするとすぐ、気がつき自分で直すのですが、下が1ミリズレているとは考えもしませんでした。これが原因で弾きにくかったとは目から鱗でした。

正しい位置に調整をしていただき弦も張り替えた後、弾いて見たら、とっても楽に上手く弾けて、なんとさらってないものまで、簡単に弾けてしまったのでうれしくなって帰ってきました。

そう考えるとバイオリンの調整ってその人を時には劇的にスキルアップさせてしまうものなのかも知れません。

IMG_6458[1]

大量に弾かなければならないお仕事の選曲もこれで決められそうです。

 - 弦楽器工房

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

緊急入院ー楽器が!!!

バイオリンがはがれた!!! 昨日、講師動画を撮ろうとスマホを三脚に設置し、何回か …

肩当て選び

  肩当てはどんなものを買ったらいいの? 先生によっては肩当てはしない …