さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

楽器演奏者の練習と本番は折れない心と無限な可能性を創り上げる

   

練習はプロだって大変、つらいものです。

楽器演奏者にとって弾けないものを弾けるようにする練習って、本当につらいですよね。

そういう意味ではアマチュアもプロも同じようなことがいえます。

ではなぜ、そんなに大変な思いをしてまで、練習を頑張れるのか、ここがごいっしょに考えてもらいたい点なのです。

モチベーションという意味では間近に控えた本番のためとかすぐにある目標のために頑張るとかといったパターンが一番、多いと思うのですが、今日は本来「練習」とは何か、また、人前で楽器を演奏することでどんな効果が得られるのかについて触れて見たいと思います。

なぜヴァイオリンなの?

「私、ピアノが弾けます」「私、ヴァイオリンが弾けるのです」この2つのうち、一般の人がこれを何げなく聞いたときどちらに印象が残るでしょうか。

ピアノをやっている人口はとっても多いのですが、社会人になって企業に就職して、弾いてない限り、ピアノなら子どものころに習っていたことがあっても一般的だし、めずらしくないでしょう。ある意味では変わった人なのではなく、常識的な人という印象も持たれますよね。

しかし、そこまでなのです。それ以降、色々な話をしてみたいとか、その人と親しくなりたいとかそのような気持ちを持たれる方は少ないと思うのですが、ヴァイオリンはそうでななく、やっている、やっていた、ということをどこかで知るとたちまち人が寄ってきてくれるようになります。

だからといって寄ってくる人がヴァイオリンをやっていたわけではないので、とても不思議な気持ちになりますが、ヴァイオリンをやることで、多くの人と関わることができることは事実です。

少しずつの日々の努力が生み出す無限な可能性と自信

楽器を奏でない人からすると弾いていることってとっても優雅に見えたりするようですが、現実はそんな綺麗事どころではありません。

弾くことによって頻繁に出ていく楽器のメンテナンス料、そして自分の身体メンテナンス料。

しかし、それでもなぜ弾くのかというと楽器演奏からしか得られないものがあるからです。

別の言い方をするとまじめに楽器を弾いていれば必ず得られるものがあるということです。

しかし、1回や2回の練習では全く効果が得られません。

どうしてかというと、急に一気に上手くなるものではないからです。すると今の現代の人たちはそんなものイヤダ、すぐに上達できるものをやりたい、となるのですが、それだと、得られるものはかなり少なくなってしまうのです。

そうではなく、楽器を始めたことによってたくさんのメリットが欲しくありませんか?ではそのメリットについて見ていきましょう。

人は自分のレベルよりはるかに難しい難曲に挑戦する時、ご自分の経験年数等からこんなの弾けるわけがないと本をしまってしまってはそこまでなんです。

何も生まれません。しかし、頭で考えたら弾けるはずがないと思えるものでも日々の長期戦の練習によってある程度のレベルまで持っていくことができるようになるとしたら、どうでしょうか。私にできないことはないという少しばかりの自信につながりませんか?さらに希望が持て、少しずつ練習することによって少しずつではあるけれど前進していっているのだという前向きな姿勢に繋げていけるのです。このようなことを楽器演奏から得られている人は人生の様々な苦難においても立ち向かっていくことができるのです。

もう、治らないと言われている難病と立ち向かっている人、それであっても、何か良いものはないかと日々探究し、必ず何か良い方法があると信じ、さらには自分にみつけられないことはないという前向きな姿勢で生きることができるような人になるといえます。

本番によって鍛えられた集中力が業界以外の資格試験や就職にも良い結果が

練習の他に更に、本番で弾かなければならないということになると、まず、そこに向けての健康管理はもちろんですが、それ以外に決められた期限の中でそれをできるようにする時間の管理も必要になってきます。

そして、本番当日に向けて、上がらない、緊張しないメンタルトレーニング、これらは一発勝負でして、本番に強くなるトレーニングをする必要があります。

しかし、このトレーニングが、実は各業界の難易度の比較的高い資格試験(実技試験を含む)においても一発でクリアーしてしまうということが起きています。

これは実際のお話ですが、こうして、記事を書いている講師もある時期、別の業界の資格試験に挑戦したことがありますがなんと全て一発で取れました。

また、人前に出るという経験から、就職試験の面接にも上がらず、受けられるメリットがあります。

とはいえ資格試験であれ、練習と同じで、勉強せずに合格することはいかなる場合においてもできないということが、わかってますので、勉強も限られた時間の中で、いつどこでどんな勉強をするかから割り出していきました。

覚えることがたくさん、あり過ぎ、凄いページ数で最初は気が遠くなってしまう時期もありましたが、楽器演奏の本番で培われた日々のトレーニングが生かされたのでしょうか、試験は学科、実技共に一発でした。

このことは子供さんの受験にも十分、生かせると思います。

最近になって音大生の一般企業への就職も良くなってきているという記事をどこかで見ました。

楽器をやることで人生の中で、自分も気ずいていないその人の無限な可能性が引き出され、新たな発見をする。

それだけ何にせよ楽器が弾けるということは凄い秘めた能力を持っている人ということになります。

折れない心

人生、長く生きれば生きるほど様々な苦難とどうしても直面してきます。

新しいことを始めた方、また深刻な悩みを持っておられる方、また逆に夢はもっていてやりたいことはハッキリしているのだけれど、それがなぜか続けられない叶えられないという方、これらの方たちに今、一番必要なことって何だろうってよく考えることがあります。

それはどんな事が起きても、どんな結果になっても「あきらめない人生」にあるのかなぁと。

すぐに自分の思ったような結果が得られないと簡単にあきらめてしまい、他の事をやろうとしてしまったり、その場から逃げてしまったりというようなことはありませんでしたか?。

何事においても上手くいかないのには上手くいかない原因があると私は考えています。

楽器演奏も全く同じですよね。弾けない箇所は必ず何らかの原因がある。

これを日々探究していくことによって長いトンネルからやっと抜け出せるのです。

それには凄い何日もの努力根気がいることだと思えます。

しかし、この楽器演奏によって培われた根気というものが折れない心から「あきらめない人生」へと何事においてもプラス思考に変えていけるのではないかと思っています。このように楽器を演奏することは多くの労苦を伴いますが、計り知れないほど多くのメリットが自分に与えられるという永久パスポートを得られることになるかと思えます。

時間は創り出すもの。わずかな時間を組み合わせて永久パスポートを入手して豊かな人生を送りませんか。

IMG_6421[1]

 

 - その他

  関連記事

「全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」の審査員

全日本ジュニアクラシック音楽コンクール」審査員のお仕事 一昨日、私のところに、「 …

バイオリンの独学ってムリ?

人前で演奏するわけでもなくプロにならなくても~ バイオリンって独学が可能な楽器か …

レッスン室の本棚掃除中に出てきたとんでもない物とは

本棚最上段奥から予想をしないとんでもない物が出てきて絶句!! みなさん、GWはい …

レッスン室のドア塗装

丁寧な下地処理に感動 レッスン室のドアが傷んできたので塗装工事をしました.。 講 …

できたらいいなと思われている楽器ナンバーワンは?

できたらいいなと思われている楽器、人気は?   http://oshi …

お教室の看板

手作りの予定だったのですが~ グーグルさんの審査通過条件の中に、看板が必修条件に …

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 昨年は大変、お世話になりありがとうございました …

3月31(木)まで入会金が無料です。

キャーンペーンのお知らせ 当教室のキャーンペーン期間3月31日までにご入会頂きま …

バイオリン練習嫌い克服法

埼玉県さいたま市桜区のABEバイオリン教室の阿部です。 梅雨に入りだんだん暑い季 …

お教室のPCが寿命になり新しく買い替えました。

デスプレイが寿命で壊れたため新たな環境へ 週末に新しいパソコンを購入し、やっと初 …