さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンを持ち替えた桜区の年中さん

      2018/09/05

バイオリンが小さくなって持ち替えたyちゃん。

yちゃんは腕の長さがここ2、3週間の間にかなり、長く伸びたようです。

次の1/4の楽器が、GW前はまだかなり、大きかったのにこの2,3週間で伸びてしまったようです。どれぐらい持つかということはこればかりは個人差があるので、みなさん、同じではありません。

もう少し持ちたいと思っていてもあっという間に大きくなってしまう子もいますし、逆のケースもあります。

ということで早速、先週から、1サイズ上の1/4に持ち替えたyちゃん。

バイオリンが大きくなると音量もアップしたせいか、弾いていて気持ちが良いのでしょう。

レッスンに来たときから、ニコニコでした。

楽器に慣れるまでは

バイオリンが大きくなると重量も多少は重たくなりますので、楽器が下がらないように肩当ての高さを調節しましょう。

肩当ての高さは着ている衣類が薄くなれだけで変化していきます。

また、左腕の肘が左側へいかないように注意しましょう。

楽器が変わると最初の頃は力みがかかり、弓圧を入れて弾いてしまう子が多いですが、弾き方は今までの楽器と全く同じです。

音が良くないなぁと感じる時は松ヤニの量をチッェックしましょう。

持ち替え当初はスケールの重音にウエイトをおきましょう。

バイオリンを持ち替えた当初はやはり、誰でもフォームが変わりやすいのです。

良く変わる人もいますが、悪くなる人もいます。

そこでいつもより、練習においてスケールの重音にかなりのウエイトをおいて勉強しましょう。

すると左肘と指の形が安定してくるでしょう。

形が良くなってから必ず練習曲や曲に取りかかってくだい。

ロングトーンのボーイング練習

ロングトーンのボーイング練習時に、楽器が変わったので、特に指弓の小指が突っぱらないか。

また左手肘が正しいかを随時、頻繁に確認しながら弾いていきましょう。

重音を弾く時はもっと弓圧を抜いて弾きましょう。

くれぐれも弓の使う長さー全弓であっても今までのように一定量を心がけましょう。

持ち替え時に注意していただきたいポイントは弓が長くなりましたので、スピードが速くなりがちです。

特にゆっくりゆっくりのロングトーンを重視しましょう。

カイザー1

全て、読んできているところは良いかと思いますが、臨時記号で、音程を取ることが大変な箇所、または弾きにくい箇所はそこだけ暗譜してしまうと弾けるようになるかと思います。

また、新しい曲を最初に見る時はゆっくりで良いので、臨時記号の見間違え等のないよう、正確に一音、一音、読んでいきましょう。

特にカイザ1の場合は全て第一ポジで弾けるのでテクニックより読譜の正確さが問われてきますので、速いテンポで弾いていても間違った音を弾いていたり、つっかえながら弾いていては意味がなくなりますので、正確に仕上げでいきましょう。

1週の間に分割して練習していきましょう。

鈴木メソード4

この日のレッスンはビバルディー協奏曲 a ーmollの第3楽章を聴かせていただきました。私が見たのは初めての週でしたが速く、手首をフル回転させなければならない難所をバイオリンが変わったばかりとは思えないほど滑らかにテンポ良く弾けてたところは大変、素晴らしいと思います。

今後の改善点は第ニ、第三ポジションをそれぞれ、別にしっかり、復習しましょう。教本等の指番号は表記通りに弾けるように頑張りましょう。

次週はサマーコンサートのソロ曲とアンサンブルをメインに聴かせて下さいね。

時間が余ったらこの曲はやりましょう。

頑張りましょう。


友だち追加

ご登録をしてお問い合わせ、体験レッスンのお申込みをこちらからされると多くの特典をご用意しております。

詳細はトップページをご覧下さいませ。

 

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教師、浦和ヴァイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室、浦和子供バイオリン教室,別所バイオリン教室

 

 

 - バイオリンのお話し

  関連記事

肩当て選び

肩当てはどんなものを買ったらいいの? 先生によっては肩当てはしない方が音が変化し …

弓のスティックと毛の相性

弓のスティックと毛の相性   まず、ステイックには丸タイプと角タイプと …

弓で確実に技術が上がる

「魔弓の伝説」と題して過去にリサイタルを行った演奏家もいるように弓はマジックとい …

初心者のバイオリン習得期間

曲が弾けれるようになるまでに  バイオリン初心者の方から、よく聞かれることなので …

弓の毛替えについて

弓の毛替えってどうして必要なの? 一言で説明しますと、スティックの木は違うけれど …

バイオリン講師が語るバイオリン教室の選び方

バイオリン教室の選び方   バイオリンを習おうと決意はしたけれど、いざ …

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

シニアのバイオリンレッスン   以前いらしていたシニアのTさん。その方 …

バイオリン弦、ドミナントをお勧めする理由

曲、楽器、会場を選ばない弦はやはりドミナント 最近は時代とともにさまざまなバイオ …

弦楽器の重要なメンテナンス

発表会に備えて弦と弓の毛替えをしましょう。 通常、弦楽器のメンテナンスといえば弦 …

楽器と弓の相性

  楽器と弓は価格が合えば相性も合うというわけではありません。 人間に …