さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリンの練習時間

   

レッスンの前日の練習について

レッスンにて最高の状態を目指すなら懸命にさらうのは前日ではなくその日までのけいこを重視する方がいいということがやはり、レッスンでも立証されました。このことはプロの本番にも共通することなのですが、前日、数時間以上にもわたる練習をしたところで当日、効果を発揮することができるかというとその逆だと私は断言します。

因みに良きヴァイオリニストは睡眠時間をたっぷり取るといわれています。(8時間程度)これをけずって練習を続けたりしたら、当日、指が好調に回らなくなります。そうではなく当日朝早くからミュートを使用しようが、できるだけ早い時間から指ならしをする方法がベスト。

当日の指ならしというのは軽くネ。また、楽器を持つ前にストレッチをすることも忘れずに。練習終了後にストレッチをやる人は多いけれど、もちろん、練習後もしなければならないですが、練習前にも取り入れると楽に弾けるような感じがします。

レッスン当日はレッスンのために余力を蓄えておくことも大切なのでさら~っと短時間練習かな。もちろん、休憩を入れても構いませんが。弦楽器を弾くという行為はスポーツ選手に値するぐらいの運動量だということをいつも念頭に入れておくと良いかもしれません。

講師のバイオリン練習時間

プロの人っていったい毎日、何時間ぐらい弾いているの?ってみなさん、興味シンシンですよね。私の場合は毎日、一定の時間じゃないんです。なぜかというと例えば、日曜日に本番だった場合、週単位で考えた場合は月曜日が一番多く、5時間ほど弾き、火曜日が4時間、水曜日が3時間、木曜日が2時間、金曜日が1時間、前日はほぼ弾かず、弾いても30分で当日は弾いても30分というように余力を蓄えておきます。

月単位でも同じように月の初めはたくさん弾いてだんだん減らしていき本番まで調整をしていきます。あと、入浴は必ず、練習後です。練習前に入ってしまうと指がふやけて動かしにくくなりますから。私の場合、たくさん弾く日は2回は休憩を入れその度にストレッチをしています。みなさんの場合は練習時間が毎日、30分ぐらいしか取れないケースであったとしても、30分の中で持ちっぱなしというのではなく持ったり、下したり持ったり下したりの回数を増やして練習してみてください。必ず効果が出ることと思います。

 

 - バイオリン上達法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

初心者のためのバイオリン上達法

音程が思うように取れない理由は・・・・ 以前、ピアノをやっていて、絶対音感もお持 …

バイオリン上達法2その秘訣は暗譜にあった!

最短でマスターできる暗譜の仕方はコレ! せっかく、曲が弾けるようになっても暗譜だ …

夏の練習の時間帯

朝練を習慣つけると体にも良く必ず上達できる! みなさん、暑い夏がやってきました。 …

バイオリニスト阿部知恵子
上級者のためのバイオリン奏法

スキルアップ講座   中級者から上級者向けのバイオリン奏法をまとめてみ …

バイオリン練習嫌い克服法

埼玉県さいたま市桜区のABEバイオリン教室の阿部です。 梅雨に入りだんだん暑い季 …

初心者のバイオリン習得期間

曲が弾けれるようになるまでに  バイオリン初心者の方から、よく聞かれることなので …