さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

小学生になるY君の初レッスン

   

今月から新しく入られた小学生になるY君。お母様が以前ヴァイオリンをやっていらして、ゆくゆくはまた、お母様もやりたいそうです。親子でアンサンブルができるのも楽しみですね。

さて、レッスンでは初めてだったのでまず、楽器を出し弓のねじを締めて松脂をつけることから始めました。毛替えをした後の毛は全く音が出ないのでたくさん、ぬりましょうね。

次に楽器の構え方としてバイオリン以外にティッシュボックスではさんで見てもらったりしながら、両足の間隔や首を左へ回すこと、背中を張ること、左手の組み方等をつかんでいってもらいました。何よりもココでの大切なポイントは顎を強化することです。それができないまま両手をつけると左手親指に力が入ってしまい、将来、指も広がらなく音程も全て低くなってしまいますのでココだけは頑張りましょう。

次に弓の持ち方として弓以外に鉛筆を代用したりしながら、親指の形や位置を確認しながら、何度か練習。

IMG_6434[1]

気分を変えて音符を覚えてもらうために音符のカードをやりました。

ピアノの音を聴きながら、五線の音を見て少し声を出したり。ファソラを覚えたあとは今度は講師がバイオリンを持って解放弦の音を出しながら、4弦の解放弦の音、ソレラミ(GDAE)を覚えていきました。

次にレッスンで覚えた音の全てをおさらいするために鉛筆を持って少しだけワークをやって見ました。

次にまたまた、気分を変えて、バイオリンと弓を持ってみました。

そしたら、何と先ほどとは違い弓を持つ右手がいい感じになっていてびっくり!。

力も入ってなくて、形もとっても良かったです。

IMG_6435[1]先ほど持って見た時は初めてなので当然、持ったまま弓を動かしてみるとくずれてしまっていたけど。

今度は良くなってたので手首等のボーイングのイメージまで少しだけできました。

やはり、バイオリンは時間ではなく、回数です。

バイオリン、弓それぞれ一日に何回も持って見ましょう。

理想は全身の移る鏡を見ながら、練習できると早く上達します。

 

 - 生徒さんレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

さいたま市中央区からMさんがレッスンへ見えられました。

 カールフレッシュから何を学ぶのかをいつも考えましょう。 中学生のMクンがレッス …

小学生も頑張っています。

調弦を頻繁にしましょう。 毎週、お兄ちゃんと仲良くレッスンへやってくるRちゃん。 …

親子でレッスンへ

ママの音を聴きながらいっしょに歌い出したAちゃん。 Aちゃんのお写真、しばらく撮 …

さいたま市南区からお見えのFさん

Yクンはやる気満々でお教室へ 今日も元気に小さなバイオリンを抱えてレッスンへやっ …

ブログ初登場の大学院生

ご入会からたったの1ヶ月半でフォームが大改善 お写真入りではブログ初登場の6月に …

カールフレッシューやはり、我々の恐るべきバイブルです。

久しぶりに見えられた遠方の生徒さん。 久しぶりに横浜から見えられた経験者の生徒さ …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …

4才のレッスン親子でお教室へ

Aちゃん、かなり、疲れていたようですが頑張りました。 この日はAちゃんはママと朝 …

中学生Sさんのレッスン

音の出し方の基本 中学生のSさんがレッスンへ見えられました。 前回のレッスンでは …

新しくお仲間入りした年中のjクン

体験レッスン後の即入会ーそして初レッスンでした。 おうちからママとお教室まで歩い …