さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリン上達法2その秘訣は暗譜にあった!

      2018/09/05

最短でマスターできる暗譜の仕方はコレ!

IMG_6292

せっかく、曲が弾けるようになっても暗譜だけはどうも苦手という方が、ウチに来られる生徒さんの中にもおられるのですが、暗譜をすると音質も格段と良くなり、演奏自体にも余裕が出てくるのでぜひ、頑張ってほしいと思います。

ではどのようにしたら早く暗譜ができるのか、私が実践している方法をご紹介しましょう。

ここでは新しい曲、譜読みが必要なケースを例にとって説明していきます。

曲に入る前にもちろん、イメージをつかむためにCD等を聴いておくことは言うまでもありません。

実際に楽譜を開いてからどうすれば?というところから入っていきます。

暗譜の基本は曲が全て仕上がってから行うという考え方はまず、捨てて下さい。そうではなく最初からしていきましょう。

最初の譜読みの段階では初見ですよね。私は初見でワンフレーズごと弾きながら、ワンフレーズ覚えてということをその都度しています。

楽譜の中には強弱記号や表情記号、これに加えバイオリンの場合はスラーやフィンガリング等も決めなければいけません。

子どもの教則本の場合はスラーも指も比較的、教本に書いてある通り弾くことと思いますが、輸入版のピースになるとどんな風に弾くかでスラーも考えていかなければなりません。全てが楽譜の通りというわけにはいかないケースもあります。

また、フィンガリング(指使い(ポジション等)も曲の前後を見て総合的に判断しなければなりません。ピアノの場合と違い、バイオリンの場合はポジションや指番号まで覚えてなければ演奏できないなんてなんて大変なことかと思われる方もおられるでしょう。この全てを1つできたら1つ覚えるなんてやり方をしていたら、どれだけあっても時間は全然、足りません。

そのような方法を取るのではなく、1フレーズの間に出てくるこれら全て(小説の中に書いてある全ての情報)を一気にまるごとその都度、暗譜していく方法でやらないと長い曲の暗譜はできません。

以前、実際にあったお話ですが、私のところへ体験レッスンに来られた生徒さんの中にこのような方がいらっしゃいました。

数か月前までよそでバイオリンをやっていてある曲の暗譜が宿題だったところで転勤になられたそうなのですが、指やリズム、音は覚えたもののスラーをいっしょに覚えてこなかったせいか一音もスラーをつけられていない演奏はまるで別の曲を聴いているかのようでした。

この状態から、スラーをつけた演奏に完成させるまでに相当な日数がかかってしまったことを記憶しています。

指使い(フィンガリング)も最初に決めてしまわないと練習の度に違うポジションや指で弾いていたりするといつまで経っても覚えられないと思います。一言でいえば後付けは全てダメです。

では、難技巧な箇所はどうするのか、例えば23連符とか丁寧にさらわないとならない箇所ほど実は暗譜がすごく楽です。

1.2回丁寧にさらえばしっかり、覚えています。問題は本当に簡単な単調なパッセージほど暗譜しにくいのです。

例えば音でいえばドドドドドレレドレレドレなど音の動きもほとんどなく、2度間の音程ではなかなか暗譜が大変です。

同じ音が続いていたならば大変だと思います。しかし、このようなパッセージでも上記のような方法ー初見時、小節やフレーズごとに書いてある情報を一気に弾いては覚える弾いては覚えるを繰り返していれば確実に覚えられます。

ではさらに早く覚えるにはしっかり小節数を計算することです。極端なケースで(よくありましたが)1週間で1曲全部、暗譜していかなければならない場合は総小節数を把握し7で割った数を一日の暗譜量としてこなしていきます。

やはり、日々の練習は絶対に必要になってきますね。さらわなくて、楽譜を見ているだけでは暗譜はできません。

冒頭で述べたように暗譜をして音質を向上させ、技術を上げることに挑戦していきましょう。

 

 

 

 - バイオリンのお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

初めてバイオリンを習う方へー楽器はどうする?

子供さん用分数楽器について お子さまにバイオリンを習わせたい、お教室も見つかった …

弦楽器の重要なメンテナンス

発表会に備えて弦と弓の毛替えをしましょう。 通常、弦楽器のメンテナンスといえば弦 …

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

シニアのバイオリンレッスン   以前いらしていたシニアのTさん。その方 …

楽器演奏者の練習と本番は折れない心と無限な可能性を創り上げる

練習はプロだって大変、つらいものです。 楽器演奏者にとって弾けないものを弾けるよ …

弓の毛替えについて

弓の毛替えってどうして必要なの? 一言で説明しますと、スティックの木は違うけれど …

分数楽器に使用する弦の種類

分数楽器に使用する弦 クロムコア 1/32~1/16 スチール弦は耐久性が良く分 …

【バイオリン上達法】ビブラート編 動画あり

誰もが憧れるビブラートー始める時期は? バイオリンを習ったからには必ずいつかはや …

子どもの分数楽器の買い替え時期について

子供用分数楽器について 小学一年生から始めた場合いったいバイオリンって何回買い替 …

弓で確実に技術が上がる

「魔弓の伝説」と題して過去にリサイタルを行った演奏家もいるように弓はマジックとい …

バイオリン講師が語るバイオリン教室の選び方

バイオリン教室の選び方   バイオリンを習おうと決意はしたけれど、いざ …