さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

バイオリン弦、ドミナントをお勧めする理由

      2018/09/05

曲、楽器、会場を選ばない弦はやはりドミナント

DSCF03841

最近は時代とともにさまざまなバイオリン弦が出回ってきました。

バイオリンをはじめてやる方にとってはどれを使用したらいいのかときっと検討がつかないことと思います。

クロムコア、ヘリコア、ドミナント、インフェルド赤、青、オブリガード、エヴァピッッイ、ワーシャル、ビジョン、ビジョンチタニウム、オイドクサ、オリーブ等。

実際に、私はこれらを全てを試して見たことがあるのですが、ドミナント以外の他の弦は曲によって不向きな点が。

例えば速いテンポの細かいパッセージが弾いているのに弦がついてこなかったり、ひっくり返ったり、倍音やハーモニクスを慣らすのにエネルギーを使ったり、速いテンポの重音奏法時に想像もしない雑音が入ってきたりとか、かなり、曲を選んでしまう弦もあったり、また、プロのようにかなり良い弓を使用していないと細かいパッセージが出ないだけではなく、音質の伸びが良くないことから、弾いていて手が疲れてしまうとかね。

また、曲や道具だけではなく、他の弦は演奏する会場、ホール等を選んでしまいます。

実際に、私が残響0秒のホールから、2秒のホールまでを今までに本番で演奏してきましたが、どんな音響の悪い0秒の地下ホールであったとしてもドミナントなら張り替えて5時間後に最高の良い音質をみなさまにお聴かせすることができます。

しかし、ドミナントのデメリットとして通算で40時間程で音が劣化しますので賞味期限が早い、すぐ買い替えなければというところでしょうか。

バイオリンの良い音質とは音量ではない

室内楽用のホールがあるように弦楽器の音量はピアノや金管楽器のように大きな音を出すことは不可能なのでたとえ、ピアノに負けないようにと音量の出る弦を張ったからといって音楽にもならず、演奏として成り立たないのです。

もしも、ピアノの音量でバイオリンの音が被されてしまうのなら、それはピアニストの技量の問題です。

特にバイオリンは顎当てから響くので耳元に伝わってくる音色と実際に出ている音色とは格段の違いがあります。

だから、音量の少し出る弦というのも意味がありません。耳元で良く聴こえても実際には良い音質ではないです。

実際に、私も若いころ、音量の出るバイオリンってないのかしらんと探し回ったことがありましたが、全く無意味でした。

ドミナントは上記の理由から本番用の弦とも言われてきましたが、道具のグレードを選ばないので、初心者のみなさんにもおすすめしたい弦になります。

また、子供用の分数楽器にも本当はドミナントが良いのですが、費用の点でビジョンの方が低価格なことからビジョンを張る方が多いのですが、少し余裕ができたり、曲を弾くようになったら変えた方がいいと思います。

因みに子供用の分数楽器のビジョンはビジョンチタニウムというのはなかったと思います。

大人用だけにあるビジョンチタニウムという弦なら、まだ、いいのですが、やはり、みなさんにとってもドミナントのようにどんな楽器や弓でも大丈夫という弦がいいと思います。

弦だけは肩当てや松脂と違って、時代とともに進化してるようで進化してないのですね。

 

 

 

 

 

 

 - バイオリンのお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

レッスンコース追加

レッスンコースの追加 月 2回   /60分 ¥9,000(消費税、設備費含む) …

初心者のためのバイオリン上達法

音程が思うように取れない理由は・・・・ 以前、ピアノをやっていて、絶対音感もお持 …

バイオリン用肩当てViva La Musica の脚

Viva La Musica の脚パーツ  当教室の生徒さんもこの肩当てを使用さ …

経歴30年のバイオリン講師がオススメする子ども用教本はこれ!

バイオリンの子ども用教本はこれ! 当教室で使用しているテキストはカールフレッシュ …

子どもの分数楽器の買い替え時期について

子供用分数楽器について 小学一年生から始めた場合いったいバイオリンって何回買い替 …

防音について

バイオリンの防音 新しい稽古事を始めた。しかし、練習場所が、と悩んでしまったこと …

珍しい松脂

大きな松脂 バイオリンを弾く上で大切なアイテムの一つに松脂があります。 松脂も進 …

3rdポジションまでで弾けるバイオリン小品名曲集

今、講師も弾いているバイオリン小品名曲集   私たちの生活の中で今まで …

夏の練習の時間帯

朝練を習慣つけると体にも良く必ず上達できる! みなさん、暑い夏がやってきました。 …

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

シニアのバイオリンレッスン   以前いらしていたシニアのTさん。その方 …