さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

フォーム矯正により、凄いスピードで上達ー中学生レッスンより

      2017/09/03

調弦から音質が変わった中学生Mクン

レッスン前に必ず行うものが調弦ですよね。

今の時期は狂いやすいのでレッスン中に何度も合わせますが、この日レッスンに見えられたMクンは自分で合わせ出してビックリ!!音質が良すぎるのです。

講師:「いつ弦を変えましたっけ?」Mクン:「6月ごろ」講師は一瞬、あまり、弾いてないのかしらんと全く逆のことを考えてしまいましたが、最近、お母様曰く、かなり、練習しているそうです。

その後、ボーイング練習をやりだしてその全貌が明らかになりました。

なぜ、びっくりするほど音質が良くなったかです。

単刀直入に申し上げますと右肘でした。右肘が激的に上がるようになったからでした。

ではどのような練習を行ったら正しいフォームを身につけられるのでしょうか。

後に分析していきましょう。

その前に右肘が上がるということはどのようなメリットがあるのかごいっしょに考えてみましょう。

①音質ー音が抜け、伸びるので、テンポが速くなっていかない。

②弓の持ち方が安定させやすいので手首が自由自在に動かせるようになる。

③元まで使えるようになるので弓の有効範囲が増える。

上達の秘訣は

ズバリ、アップ時の元なのです。ここを一弓ごとに必ず毛が無くなるまで美しい音色で弾けるかどうかで上手い人かどうかが分かるわけなのです。

もちろん、プロは誰でも弾けますが、アマチュアのみなさんにとっては簡単には弾けない場所ですが、必ずクリアーして欲しい課題です。

皆さんの場合はそこを弾こうとすると音がグシャッとつぶれてしまったりとトラブルの起きそうな場所だという認識がどこかにあるようです。

それで、元から逃げだんだん上へと弾いてしまうわけです。

しかし、弓の先の方というのは全くパワーがなく、どんなフォームであっても全く、音に反映しないのです。

カールフレッシュを元だけで弾く意味

ここまで読んでくださった方は弓の元での練習がいかに大切かが良くお分かりになったかと思います。

Mクンもこのカールフレッシュの日毎の練習を毎回、元のみで(アップは毛がなくなるまで弾く)練習したところ、肘が全体的に上がり、演奏全体がグレードアップしました。

実例から話しをしましたが、まとめますとスケールを弾く時だけは元のみで練習しないと激的な上達は難しいかも知れません。それぐらい元とはとても大切なポイントになります。

曲を弾く時の弓の場所は

では曲を弾く時の弓の場所はどうなのでしょう。

本日、ある生徒さんからご質問をいただきましたので書いておきます。

曲の場合はもちろん、元だけではありません。パッセージによって違ってきます。

音符によって真ん中だけで弾かないと弾けない奏法や連続テヌートは先で弾くとか、スラーのついていないスピカートのような飛ばしは元で弾きますし、スラーのついているスピカートは先に持っていきます。

といったように音符をみたら、瞬時にどこに弓を持っていけば弾けるのかということが分かるようになるまで、みなさん、どんどんバイオリンを弾き込んでいきましょう。

また、弾けない箇所が出てきた場合はまず、弓の場所を変えて見たり、使う量を変えてみると大半は弾けれるようになります。

こればかりは弾き込んで慣れていくものです。頑張りましょう。

 

埼玉県バイオリン教室,さいたま市バイオリン教室,浦和バイオリン教室,桜区バイオリン教室,中浦和バイオリン教室.さいたま市南区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

出張が入っても熱心に続けられるサラリーマンさん

継続は力なりですね。 年中、お仕事の関係で、全国を飛び周っておられるyさん。 先 …

桜区より中学生のレッスン

 病み上がりで少し不調だったMちゃん Mちゃん、先週は体調を崩し、バイオリンがあ …

さいたま市南区から小学生親子でレッスン

 構えー片手持ち さいたま市南区からYクンとお母様がレッスンへやってきました。 …

Yクンバイオリンが楽しくなってきたようですね。

構えが良くなってきましたね。 Yクン、バイオリンがしっかりと持てるようになる時間 …

新しくお仲間入りした年中のjクン

体験レッスン後の即入会ーそして初レッスンでした。 おうちからママとお教室まで歩い …

親子でレッスンーお勧めです。

ボーイング 昨日、元気にお母さんとレッスンへやってきたYクン。 会うごとに微妙に …

毎日の練習を欠かさない4才の女の子

毎日、楽器を持つことが大切 子供さんのやる気を起こすモチベーシヨンアップの一つに …

最近は親子二人三脚で始めるケースがとっても多いようです。

バイオリンの習い始めはお母さまといっしょに。そして親子でやる意味 最近のおけいこ …

弾き方が音楽的になってきた小学生Sちゃん

年明けにレッスンへいらした小学生のSちゃん。 年明けのレッスンは講師もかなりの覚 …

さいたま市桜区の中学生レッスン

左親指はネックから出過ぎないようにすることが重要 中学生のMちゃんがレッスンへや …