さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生Sさんのレッスン

   

音の出し方の基本

中学生のSさんがレッスンへ見えられました。

前回のレッスンでは右手の肘がいっしょに下りてこないという状況でしたが、少しずつ手首と合わせられつつあります。

まだ、完全ではありませんけれど。

先週のレッスンで気がついた事は右手首の脱力です。ダウンボウでは完全にまだ、抜け切れていません。

手首はへこませていても少しでも力が入っていると次のアップでは遊び(手首が動かない状態)が発生してしまいます。

手首始動がしばらく経ってからということになってしまいます。

バイオリンの音色が良くなる瞬間というのはこのダウンボウの時でこの時に完全脱力できていないと後のアップでの音色は期待できません。

ロングトーンのボーイング

今度はダウンボウで完全脱力できていたとしてもアップ時に弓の速度が速いとどうなるでしょうか。

手首を微動でふくらませていく間がなくなってしまいます。

単音は少しだけゆっくりになりましたが、重音はまだ速いです。

カールフレッシュで安定したフォームを目指そう。

安定したフォームを目指すには一言で言えば正しい同じ姿勢ということなのですが、大切なことは音をはずしたとか弾けなかった時に体の何がどうなっていたから弾けなかったというように問い正せるかです。

例えば、音程が合わない場合も必ず、原因があります。偶然のように思えても偶然ではないのです。

その後、講師から、あまり、フォーム、直されないなぁと思っていたら、音程が取れるようになっていた。音色もきれいになっていた。ということを体験していくかと思います。

初めは何が何だかわからないと思いますので、日毎に記録を録っていかれると良いでしょう。

記録を録りながら、毎日、しっかりと続けましょう。

ガボット/ゴセック

まず、音符を見て弓を使う量の確認を箇所ごとにしていきましょう。

冒頭のテーマのスタカートの旋律は真ん中でわずかの量で弓をしっかり止めましょう。

音量はもう少し出した方が良いでしょう。

2小節目など装飾音符の入った小節の4分音符は全弓で弓にスピードを出して弾きましょう。

また、4分音符はどこも全弓です。

強弱記号ですが、今の段階から、弾いているところまでをつけて暗譜しておきましょう。

暗譜の基本は少しずつ譜読みの段階から、読みながら覚えていくことです。

最後まで弾いたら、暗譜するではなかなかできない人が多いですので、その都度、必ず覚えていきましょう。

頑張りましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

始めて4ヶ月で「きらきら星」を弾くようになりました。

小学生のyクンが最近、とっても練習をがんばっているようです。 それもその筈、「き …

さいたま市中央区からMクンがレッスンへ

中学生で忙しいMクンですがコツコツ頑張っています。 中学生と言えば部活でしょうか …

最近は親子二人三脚で始めるケースがとっても多いようです。

バイオリンの習い始めはお母さまといっしょに。そして親子でやる意味 最近のおけいこ …

Sさん段々、楽器に馴染んできましたね。

Sさん、今、学校では大変な曲を Sさんは学校のオーケストラに半年前に入部されたよ …

小学2年生のyクン本当に頑張りました!

この日はお父様の送迎で いつもはお母様といっしょにレッスンへやってくるyクンです …

ヴァイオリン上達法ー中学生のレッスンより

「継続は力なり」とはよくいわれていますが。 「継続は力なり」とは昔からよくいわれ …

バイオリンの練習が大好きな中学生のMちゃん。

バイオリンの練習が大好き 中学生のMちゃん、練習が大好きで、そして、Mちゃんはま …

さいたま市桜区の学生さんのレッスンよりー動画あり

全てのフォームチェックは重音で確定する 重音というと上級者はともかく、中級者の一 …

弾き方が音楽的になってきた小学生Sちゃん

年明けにレッスンへいらした小学生のSちゃん。 年明けのレッスンは講師もかなりの覚 …

はじめてのレッスン

はじめてのレッスンは 体験レッスンが終わり、はじめてのレッスンはお母さまとお姉ち …