さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

中学生Sさんのレッスン

   

音の出し方の基本

中学生のSさんがレッスンへ見えられました。

前回のレッスンでは右手の肘がいっしょに下りてこないという状況でしたが、少しずつ手首と合わせられつつあります。

まだ、完全ではありませんけれど。

先週のレッスンで気がついた事は右手首の脱力です。ダウンボウでは完全にまだ、抜け切れていません。

手首はへこませていても少しでも力が入っていると次のアップでは遊び(手首が動かない状態)が発生してしまいます。

手首始動がしばらく経ってからということになってしまいます。

バイオリンの音色が良くなる瞬間というのはこのダウンボウの時でこの時に完全脱力できていないと後のアップでの音色は期待できません。

ロングトーンのボーイング

今度はダウンボウで完全脱力できていたとしてもアップ時に弓の速度が速いとどうなるでしょうか。

手首を微動でふくらませていく間がなくなってしまいます。

単音は少しだけゆっくりになりましたが、重音はまだ速いです。

カールフレッシュで安定したフォームを目指そう。

安定したフォームを目指すには一言で言えば正しい同じ姿勢ということなのですが、大切なことは音をはずしたとか弾けなかった時に体の何がどうなっていたから弾けなかったというように問い正せるかです。

例えば、音程が合わない場合も必ず、原因があります。偶然のように思えても偶然ではないのです。

その後、講師から、あまり、フォーム、直されないなぁと思っていたら、音程が取れるようになっていた。音色もきれいになっていた。ということを体験していくかと思います。

初めは何が何だかわからないと思いますので、日毎に記録を録っていかれると良いでしょう。

記録を録りながら、毎日、しっかりと続けましょう。

ガボット/ゴセック

まず、音符を見て弓を使う量の確認を箇所ごとにしていきましょう。

冒頭のテーマのスタカートの旋律は真ん中でわずかの量で弓をしっかり止めましょう。

音量はもう少し出した方が良いでしょう。

2小節目など装飾音符の入った小節の4分音符は全弓で弓にスピードを出して弾きましょう。

また、4分音符はどこも全弓です。

強弱記号ですが、今の段階から、弾いているところまでをつけて暗譜しておきましょう。

暗譜の基本は少しずつ譜読みの段階から、読みながら覚えていくことです。

最後まで弾いたら、暗譜するではなかなかできない人が多いですので、その都度、必ず覚えていきましょう。

頑張りましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

合奏曲を親子で楽しまれているkさん。

アンサンブルができるようになった喜び バイオリンを始めるといつかはアンサンブルも …

音階練習のスタートは早ければ早いほど良い。

スケールはバイオリンの正しい弾き方を学べるバイブルです。 初心者の生徒さんでは正 …

親子でレッスンー小学生

yクンのお母さまはお家では立派な先生です。 小学生yクンのお母さまは過去にバイオ …

4才の親子レッスン

モチベーションを上げる発表会 発表会は子どもさんのモチベーションに繋がるとはホン …

3才児親子レッスンスタート

1/16のレンタルバイオリンでスタート 8月からレッスン開始された3才のNちゃん …

「タイム・ トウ・ セイ・ グッバイ」をバイオリンとピアノで

 サラリーマンyさんのお気に入りの曲 洋楽ポップス「タイム・ トウ・ セイ・ グ …

ロングトーンボーイングの重要性ー小学生レッスンより

ボーイング練習が足りなかったかな。 夏休み明けのレッスンはyクンなりに頑張ってき …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …

経験者のレッスン

日々熱心にバイオリンと向き合うことが大切ですね。 いつも思いますが、「練習」は本 …

さいたま市中央区の高校生レッスン風景

フォームが良くなってきた高校生 今年3月にバイオリンを始められたHさん。 始めた …