さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

4才の年少さんー親子でレッスンへ

      2017/05/08

楽しい楽しい親子レッスン

IMG_8184

今週も元気よくAちゃんがお母さんといっしょにレッスンへやってきました。

さぁ、みんなといっしょに今年の目標を確認し合いました。

先生の提案発表では講師まで口と手が本当にこれで良いのだろうか良いのだろうかと震えながらの発表でした。

テキストを片手にしている講師の手が開けたページは「まっすぐたいらに」と「ちいさいともだち」でした。

何とこの曲を持って発表会デビューしてもらいます。というものでした。

講師のこの言葉を聞くなり、お母さまとAちゃんから歓声が上がります。

ということで、これから、お家でも真剣におけいこをしましょう。

ということで早速、レッスンへ入りました。

バイオリンで音を出して見ました。

IMG_8179

先ほどのリアクションが大きかったせいかAちゃんは1,2秒を争うかのようにあわててバイオリンへ向かっていきました。

とっさにすぐに弾かなくちゃと思ったのでしょうか。この気持ちをいつまでも持ち続けて欲しいですね。

Aちゃんは1ポジションから5ポジションのネックの位置に親指を何度も動かしてて(まだ教えてないのに)演奏しているイメージを描いていたようです。凄い!ちゃんとどうやって弾くものかを知っているのですね。

バイオリンに弓を当てる時はやさしく力を入れずに乗せましょう。

お歌を歌いながらリズムを覚えていきます。

「ヴァイオリンのおともだち」の中の『まっすぐたいらに』と『ちいさいともだち』を講師のピアノといっしょに歌ってみます。

何度も繰り返して歌詞を覚えてしまうとリズムや拍を覚えやすいと思います。

バイオリンで曲を2曲弾いてみました。

IMG_8178

『まっすぐたいらに』と『ちいさいともだち』を講師といっしょに譜読みをしていきます。

『まっすぐたいらに』は開放弦で指を押さえませんが、左手の肘をしっかり固定し手首の形を整えましょう。

先ほど歌った歌詞をつけながら弾いていくと運弓しやすいと思います。

『ちいさいともだち』は1のお指が出てきますのでPIZZ(はじく)だけで今週はやってみましょう。

あまり、強くはじき過ぎないように気をつけましょう。

おんぷにこにこワーク

img_6965Aちゃんは書くことが大好きな女の子です。ト音記号もむずかしいのにいっぱいいっぱい書いていたら、とっても上手に書けれるようになりました。

ワークの中では指定された色の通り音符を塗っていくとより早く音が覚えられるようになるでしょう。

また、音符を早く覚える方法は数えるよりまるごと覚える方が早く覚えることができます。

Aちゃんは今まで、習った音を何度も何度も書いておさらいしていました。

ドレミのカルタ

IMG_8195

ドからファまでのピアノが出した音を取っていきました。

Aちゃん全問、正解でした。音符はいつも書いて読んで、歌って声を出すことを心がけていきましょう。

今週はソの音を覚えてきましょう。何度も何度もお渡しした五線譜に書いて覚えましょう。

お母さまのレッスンでは

お母さまもお子さんと一緒に弾けれるように「ヴァイオリンのお友だち」の中の『まっすぐたいらに』『小さいおともだち』を勉強して見ます。

弓のチェックを行い、早速、弾いて見ました。

『まっすぐたいらに』の方は手首をやわらかく使って美しい音色を目指しましょう。

まだ、手首が硬いです。

『小さいおともだち』の方ははじめて1の指が出てきます。手首の形をこわさず、左肘を固定し、指を寝かして押さえましょう。

この曲をやる時は初めに何度もpizz(指ではじく)を繰り返して練習してから弓で弾きましょう。

ボーイングはこの曲の方がそんなにむずかしくはありません。

頑張りましょう。

ホーマン練習曲1巻

15番をレッスンではやっておりますが、ホーマンの練習曲は指と指を広げなければならない課題を与えられています。

指を広げる際は必ず顎が抜けていないかを確認しましょう。ここで広げられるようになると後にどんな曲を弾いても楽に音程を取ることができるようになります。

頑張りましょう。

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

頑張ってレッスンへ来てくれた中学生のMちゃん。

体調不良だったのに頑張ってきてくれました。 中学生のMちゃん、体調不良で何度も講 …

さいたま市南区の小学校1年生のレッスン

 発表会に向けて頑張りましょう。 すくすく、大きくなっているように見受けられるy …

継続は力なりー中学生レッスンより

続けてきたことにより、どんどん力をつけてきましたね。 全てのことにおいてそうなの …

中学生Sさんのレッスン

 弓はf 字孔に乗せ駒に対して平行に乗せましょう。 バイオリンの正しい奏法は弓を …

サラリーマン経験者のレッスン

yさん、合格おめでとうございます。/ ”   V  ” …

経験者のレッスン

日々熱心にバイオリンと向き合うことが大切ですね。 いつも思いますが、「練習」は本 …

横浜からYさんレッスンへ

硬さがなかなか取れませんでしたね。 いつも遠方から見えられるYさん。早速、バイオ …

良い演奏とは

中学生ー弦楽アンサンブル経験者のレッスンから Sさんは今後、ボーイングの課題が2 …

3才児親子レッスンスタート

1/16のレンタルバイオリンでスタート 8月からレッスン開始された3才のNちゃん …

バイオリン演奏を上手に弾くポイント

当教室は8月8日~8月18日まで夏休みでした。 その間、お問い合わせをして下さっ …