さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

お母様お一人でのレッスン

   

Fさん、頑張ってきましたね。

IMG_6524IMG_6525

今日はお子さんのyクンが春休みでご旅行中な為、お母様、お一人でのレッスンとなりました。まず、ロングトーンのボーイングをやってもらいました。

最初は少し右腕に力が入っていましたが、手首と同時に右腕を脱力することとダウン時に集中をして手首の力を抜くコツをつかまれたことで、先ほどの音とは桁違いに良くなってきました。これから練習の上で気をつけることはボーイング時から全弓であっても、もっともっとゆっくり弓を引っ張りましょう。すると必ず、次のスケールが弾きやすくなります。

次にカールフレッシュの1ページ目の1,2小節を1STポジションでarco(弓で弾いてみる。)おやっ!親指の形がきれいになってきましたね!左手のお肘も大分、落ち着いてきましたが、あともう少しがんばりましょうね。

1小節目はかなり、練習してきましたね。音まで良かったですよ。

次に2小節目を講師といっしょに弾いてみました。

2小節目は左指の使い方(5度でずらせる箇所は横にズラシ一回一回、指を上げないように。

また、前の指は全て押さえること。(3の指を抑えるとき、1本になってしまうので3本必ず押さえるように習慣ずけましょう。

曲以外のスケールや練習曲は必ず、この習慣をつけましょう。

次にホーマン1巻の15番をやりました。音はさらに、きれいになってきたのですが、左手で音程を取る際、手首を動かしてしまわないようにしましょう

手首を振り回さないと音程が上がりにくい原因は顎の力が抜けてしまい左親指に力が入ってしまうからです。

親指の形は正しくなってきても力を入れることは可能ですので音程が低くなりそうな時は顎を見直してみてください。

次に16番をpizzのみでやってみました。左肘が演奏中に動かず、定位置に安定するようになれば指の形が整ってきます。

次に読譜力をアップさせるためにホーマンのかなり先の練習曲の階名唱を拍子をつけながらやってみました。

左手で叩いているテンポの中でドレミを読んでいけるように頑張りましょう。

譜読みは1曲でも多く読んでいくことでだんだん早く読めるようになってきます。

ただし、知ってしまっている曲は効果が出ませんので、どんどん、違う曲の階名を読んでいきましょう。

一生懸命、頑張っておられるのか少しずつ、良くなってきています。

練習は少しずつの積み重ねが大切ですので、短時間を何回も繰り返されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

さいたま市南区のYクンレッスンー劇的に上達するボーイング練習とは

新しい楽器に少しずつ慣れてきましたね。 いつもの時間になるとYクンがお母さんとや …

吹雪の中のレッスン

新しい写真がワードプレス不具合によりアップできず、現在、調査中です。 生徒のみな …

4才の年少さんー親子でレッスンへ

楽しい楽しい親子レッスン 今週も元気よくAちゃんがお母さんといっしょにレッスンへ …

カールフレッシューやはり、我々の恐るべきバイブルです。

久しぶりに見えられた遠方の生徒さん。 久しぶりに横浜から見えられた経験者の生徒さ …

さいたま市桜区からMちゃんがレッスンへ

ぐんぐん上達しているMちゃん 毎週のレッスンが楽しみでしかたがないMちゃん。 バ …

スズキメソード4巻までに修得しておかなければならないこと

5月で5才になるyちゃん凄い勢いで上達してます。 年少のyちゃんは昨年のちょうど …

4才の親子レッスンーバイオリンがきました!

待ちに待っていたバイオリンがきました! 自分のバイオリンを手にする瞬間って大人の …

5才の女の子とお母様の親子初レッスン

待ち遠しかった初レッスン 体験レッスンから日にちが空いてしまったことからか、2月 …

大宮区のOLさんー初レッスンへ

マイ楽器とご対面 11月に体験レッスンに見えられ、この12月からレッスン開始され …

さいたま市中央区からMクンがレッスンへ

中学生で忙しいMクンですがコツコツ頑張っています。 中学生と言えば部活でしょうか …