さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

お母様お一人でのレッスン

   

Fさん、頑張ってきましたね。

IMG_6524IMG_6525

今日はお子さんのyクンが春休みでご旅行中な為、お母様、お一人でのレッスンとなりました。まず、ロングトーンのボーイングをやってもらいました。

最初は少し右腕に力が入っていましたが、手首と同時に右腕を脱力することとダウン時に集中をして手首の力を抜くコツをつかまれたことで、先ほどの音とは桁違いに良くなってきました。これから練習の上で気をつけることはボーイング時から全弓であっても、もっともっとゆっくり弓を引っ張りましょう。すると必ず、次のスケールが弾きやすくなります。

次にカールフレッシュの1ページ目の1,2小節を1STポジションでarco(弓で弾いてみる。)おやっ!親指の形がきれいになってきましたね!左手のお肘も大分、落ち着いてきましたが、あともう少しがんばりましょうね。

1小節目はかなり、練習してきましたね。音まで良かったですよ。

次に2小節目を講師といっしょに弾いてみました。

2小節目は左指の使い方(5度でずらせる箇所は横にズラシ一回一回、指を上げないように。

また、前の指は全て押さえること。(3の指を抑えるとき、1本になってしまうので3本必ず押さえるように習慣ずけましょう。

曲以外のスケールや練習曲は必ず、この習慣をつけましょう。

次にホーマン1巻の15番をやりました。音はさらに、きれいになってきたのですが、左手で音程を取る際、手首を動かしてしまわないようにしましょう

手首を振り回さないと音程が上がりにくい原因は顎の力が抜けてしまい左親指に力が入ってしまうからです。

親指の形は正しくなってきても力を入れることは可能ですので音程が低くなりそうな時は顎を見直してみてください。

次に16番をpizzのみでやってみました。左肘が演奏中に動かず、定位置に安定するようになれば指の形が整ってきます。

次に読譜力をアップさせるためにホーマンのかなり先の練習曲の階名唱を拍子をつけながらやってみました。

左手で叩いているテンポの中でドレミを読んでいけるように頑張りましょう。

譜読みは1曲でも多く読んでいくことでだんだん早く読めるようになってきます。

ただし、知ってしまっている曲は効果が出ませんので、どんどん、違う曲の階名を読んでいきましょう。

一生懸命、頑張っておられるのか少しずつ、良くなってきています。

練習は少しずつの積み重ねが大切ですので、短時間を何回も繰り返されることをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

親子で初レッスン

今日がレッスン2回目のYクン。バイオリンの構え、弓の持ち方をおさらいし、今日から …

さいたま市南区からYクンがレッスンへ

バイオリンの片手持ち頑張ってきましたね。 Yクン、宿題になっていたバイオリンの片 …

さいたま市南区より親子でレッスンへ

親子でアンサンブル、やはり気持ちが和みます。 弦楽器の楽しさや面白さは身近なご家 …

ヴァイオリンの正しい演奏法ーOLさんのレッスンから

正しい演奏法ー目線のポイント バイオリンの上達が早いTさん。 たったの3ヶ月で右 …

進化しているバイオリンケース

OLさんの初レッスン 3月からご入会されたTさん。 この日、念願のマイバイオリン …

大人のレッスン-yさん

右手の訓練 レッスンにいらしたyさん。 まずはバイオリンを持ってから、右手の脱力 …

バイオリンを初めて10ヶ月の中学生

ボーイング Sさんは日々の練習においてもまじめにきちんとやっておられるせいかレッ …

幼児レッスンー思いもしないサプライズ

バイオリンを出し始めると 先週、久しぶりにお母さまといっしょにレッスンへ来れたa …

新しく入られた主婦の方

初めてのお写真です。 8月にご入会された主婦のjさんは少しバイオリンをやっていた …

小学1年生のレッスン

親子でレッスンへ この春で小学2年生になるYクンがレッスンへやってきました。 お …