さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

上級者のためのバイオリン奏法

      2018/09/05

スキルアップ講座

バイオリニスト阿部知恵子

 

中級者から上級者向けのバイオリン奏法をまとめてみました。

 

1.弓使い   それぞれのパッセージに適合する弓使い。
(場所、量)
2.ポジション     1~7ポジションにおける親指の位置を確認する。
3.ガード     ポジション移動におけるなめらかな指の移動
4.メトロノーム

あらゆる曲、練習曲、スケールにおいての細かいテンポの設定。「ゆっくり」と「速い」の2パターンのみではなく

日毎に2メモリずつテンポアップしていこう。

5.スケール

リズムを変化させ短い~長いスラーまでの練習を

メトロノーム使用で行う。弓の場所は元半弓のみで弾くこと。ガードをつけながら指の正しい形を確認していく。

重音は必ずやるように。

6.左手のアクセント 速い曲、弓をたくさん使えない曲に有効。

拍の頭で指をたたくように。特に4は強目に。

7.重音奏法  単音奏法とは異なり弓圧を抜く重音奏法。(中級)

弓はぶつけない事。置いてから弾く。(中級)

スラーのついた速い曲も弾けるように。(中級)

全ての音がクリアーな音色になるように。(上級)

重音を弾きながらビブラートがかかるように。(上級)

ビブラートをかけながら速い曲も弾けるように(上級)

8.道具のメンテナンス 弓の毛の消耗によるトーンダウン、弦消耗による音質劣化。(初心者~上級者)

適合しない楽器のサイズ(分数)適合しない道具(肩当など)(初心者)

9.ボーイング   元で美しい音が出るように(肘の高さに注意)
重音奏法における手首の脱力・ロングトーン(弓をゆっくり 引っ張る練習)
10.指の型 手のひらをネックから遠ざけた形で構え指の爪を

天井に向けた押さえ方が正しいフォーム。

この奏法はビブラート、アルページヨ、重音、倍音など

全てのテクニックをクリアーします。

 

 

 - バイオリンのお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ヴァイオリン上達に欠かせないいくつかの大切なポイント

1ロングトーンボーイングからスケールでの重音奏法 ヴァイオリンの初心者から上級者 …

楽器より弓の方にお金を出そう。

一般のアマチュアから音大受験生、プロと特に私たち日本人はバイオリンを弾くというこ …

珍しい松脂

大きな松脂 バイオリンを弾く上で大切なアイテムの一つに松脂があります。 松脂も進 …

レンタル楽器1/8

 カルロジョルダーノ1/8vs-1 お教室のレンタル楽器1/8が先日、仲間入りし …

弦楽器の重要なメンテナンス

発表会に備えて弦と弓の毛替えをしましょう。 通常、弦楽器のメンテナンスといえば弦 …

バイオリンを持ち替えた桜区の年中さん

バイオリンが小さくなって持ち替えたyちゃん。 yちゃんは腕の長さがここ2、3週間 …

【バイオリン上達法】ビブラート編 動画あり

誰もが憧れるビブラートー始める時期は? バイオリンを習ったからには必ずいつかはや …

肩当てが必要になる人とはどんな人か

肩当てが必要になる人とは 以前、お教室の先生の方針によっては「肩当てはやめましょ …

バイオリン練習を困難に感じたら・・・・

もしもバイオリンを弾いていてすぐ、疲れるとか昔、弾けてたものが弾けないとか弾きに …

レンタル楽器ー新システムが導入されました。

初レッスンの前の練習のために 先日、ご入会された経験者のAさん。8月からの初レッ …