さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

上級者のためのバイオリン奏法

      2016/02/27

スキルアップ講座

バイオリニスト阿部知恵子

 

中級者から上級者向けのバイオリン奏法をまとめてみました。

 

1.弓使い   それぞれのパッセージに適合する弓使い。
(場所、量)
2.ポジション     1~7ポジションにおける親指の位置を確認する。
3.ガード     ポジション移動におけるなめらかな指の移動
4.メトロノーム

あらゆる曲、練習曲、スケールにおいての細かいテンポの設定。「ゆっくり」と「速い」の2パターンのみではなく

日毎に2メモリずつテンポアップしていこう。

5.スケール

リズムを変化させ短い~長いスラーまでの練習を

メトロノーム使用で行う。弓の場所は元半弓のみで弾くこと。ガードをつけながら指の正しい形を確認していく。

重音は必ずやるように。

6.左手のアクセント 速い曲、弓をたくさん使えない曲に有効。

拍の頭で指をたたくように。特に4は強目に。

7.重音奏法  単音奏法とは異なり弓圧を抜く重音奏法。(中級)

弓はぶつけない事。置いてから弾く。(中級)

スラーのついた速い曲も弾けるように。(中級)

全ての音がクリアーな音色になるように。(上級)

重音を弾きながらビブラートがかかるように。(上級)

ビブラートをかけながら速い曲も弾けるように(上級)

8.道具のメンテナンス 弓の毛の消耗によるトーンダウン、弦消耗による音質劣化。(初心者~上級者)

適合しない楽器のサイズ(分数)適合しない道具(肩当など)(初心者)

9.ボーイング   元で美しい音が出るように(肘の高さに注意)
重音奏法における手首の脱力・ロングトーン(弓をゆっくり 引っ張る練習)
10.指の型 手のひらをネックから遠ざけた形で構え指の爪を

天井に向けた押さえ方が正しいフォーム。

この奏法はビブラート、アルページヨ、重音、倍音など

全てのテクニックをクリアーします。

 

 

 - バイオリン上達法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

初心者のためのバイオリン上達法

音程が思うように取れない理由は・・・・ 以前、ピアノをやっていて、絶対音感もお持 …

バイオリンの練習時間

レッスンの前日の練習について レッスンにて最高の状態を目指すなら懸命にさらうのは …

初心者のバイオリン習得期間

曲が弾けれるようになるまでに  バイオリン初心者の方から、よく聞かれることなので …

バイオリン上達法2その秘訣は暗譜にあった!

最短でマスターできる暗譜の仕方はコレ! せっかく、曲が弾けるようになっても暗譜だ …

夏の練習の時間帯

朝練を習慣つけると体にも良く必ず上達できる! みなさん、暑い夏がやってきました。 …

バイオリン練習嫌い克服法

埼玉県さいたま市桜区のABEバイオリン教室の阿部です。 梅雨に入りだんだん暑い季 …