さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

      2018/09/05

シニアのバイオリンレッスン

DSCF03792

 

以前いらしていたシニアのTさん。その方は都内のオケや室内楽と休日は飛び回っているほどの演奏活動をしている人なのですが、1つだけ勘違いされていた点に気ずいてしまいました。通常、オケだと重音は弾きませんから、ついつい家でのスケールなどの個人練習においても重音は単音をマスターしてからやるものだと思っていたようです。

こういう風に思われる方はこの方だけじゃなく、もしかしたら一般のアマチュアに多いかも知れません。でもこれは本当は正しくないのです。なぜか?それは単音のみだと適当なフォームでも音程が偶然に決まることがある。でも重音はどこか1つでもフォームに正しくないところがあると絶対に上手く弾けないからなんです。重音を毎日弾いてればフォームが正しいか正しくないかが素人でもわかるよとよく生徒に話しています。

実は1stポジションってむずかしいのです。

私が今考えていることはパソで音符が書けるようになったら(永久にないかも知れませんが)教本を作りたいなぁなんてとんでもないことを時々考えてしまいます。なぜそんな気持ちになってしまうのか・・・・・。

どの教本も(曲)必ず初心者用のテキストは1stポジから始まっており、おまけに全く重音というものがないに等しいでしょ。

7つあるポジションの中で一番むずかしいポジションって実は1stなのです。

一番、感覚が広くて肉体労働を伴うポジからいきなり初心者の人が入るなんてあまりにも過酷です。

私が書くなら感覚的にも肉体的にも一番弾きやすいサードポジから始めるものを作っていきたいな。

といっても新版の○木のように1stから3rdへと不必要なところで面白半分に不自然な移動の形をとることは好ましいとは思えません。

まず、入門編は3rdのみの移動しない固定ポジの曲を作るということかな。

夢の教本作りと話が随分、脱線してしまいましたが、要は日々のスケールトレーニングの中で必ず毎日、重音を取り入れるということが大切。単音がちゃんと弾けてなくても重音は重音でさらって下さいネ。

順序は単音→重音です。じゃないといきなり冷たいプールの水に飛び込むのと同じですからね・・・。

 - バイオリンのお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

子どもの分数楽器の買い替え時期について

子供用分数楽器について 小学一年生から始めた場合いったいバイオリンって何回買い替 …

ヴァイオリン上達に欠かせないいくつかの大切なポイント

1ロングトーンボーイングからスケールでの重音奏法 ヴァイオリンの初心者から上級者 …

弓の毛替えについて

弓の毛替えってどうして必要なの? 一言で説明しますと、スティックの木は違うけれど …

楽器と弓の価格の差

楽器と弓の価格の差   皆さんが一番、知りたいと思っている価格の事につ …

初心者でも自分の楽器を手にするとモチベーションがかなり上がります

初めて手にした自分の楽器 バイオリンを大学オーケストラから始められて半年のTさん …

楽器と弓の相性

  楽器と弓は価格が合えば相性も合うというわけではありません。 人間に …

珍しい松脂

大きな松脂 バイオリンを弾く上で大切なアイテムの一つに松脂があります。 松脂も進 …

新しい楽器持ち替えの際に重視すること

新しい楽器に持ち替えたときは お子様用の分数楽器も大人用のフルサイズ用楽器も、持 …

レンタルー桜区の年少さんの楽器の持ち替え

楽器のサイズが1つ大きくなりました。 お子様のご成長は本当に早いものですね。 特 …

バイオリン上達法2その秘訣は暗譜にあった!

最短でマスターできる暗譜の仕方はコレ! せっかく、曲が弾けるようになっても暗譜だ …