さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

      2018/09/05

シニアのバイオリンレッスン

DSCF03792

 

以前いらしていたシニアのTさん。その方は都内のオケや室内楽と休日は飛び回っているほどの演奏活動をしている人なのですが、1つだけ勘違いされていた点に気ずいてしまいました。通常、オケだと重音は弾きませんから、ついつい家でのスケールなどの個人練習においても重音は単音をマスターしてからやるものだと思っていたようです。

こういう風に思われる方はこの方だけじゃなく、もしかしたら一般のアマチュアに多いかも知れません。でもこれは本当は正しくないのです。なぜか?それは単音のみだと適当なフォームでも音程が偶然に決まることがある。でも重音はどこか1つでもフォームに正しくないところがあると絶対に上手く弾けないからなんです。重音を毎日弾いてればフォームが正しいか正しくないかが素人でもわかるよとよく生徒に話しています。

実は1stポジションってむずかしいのです。

私が今考えていることはパソで音符が書けるようになったら(永久にないかも知れませんが)教本を作りたいなぁなんてとんでもないことを時々考えてしまいます。なぜそんな気持ちになってしまうのか・・・・・。

どの教本も(曲)必ず初心者用のテキストは1stポジから始まっており、おまけに全く重音というものがないに等しいでしょ。

7つあるポジションの中で一番むずかしいポジションって実は1stなのです。

一番、感覚が広くて肉体労働を伴うポジからいきなり初心者の人が入るなんてあまりにも過酷です。

私が書くなら感覚的にも肉体的にも一番弾きやすいサードポジから始めるものを作っていきたいな。

といっても新版の○木のように1stから3rdへと不必要なところで面白半分に不自然な移動の形をとることは好ましいとは思えません。

まず、入門編は3rdのみの移動しない固定ポジの曲を作るということかな。

夢の教本作りと話が随分、脱線してしまいましたが、要は日々のスケールトレーニングの中で必ず毎日、重音を取り入れるということが大切。単音がちゃんと弾けてなくても重音は重音でさらって下さいネ。

順序は単音→重音です。じゃないといきなり冷たいプールの水に飛び込むのと同じですからね・・・。

 - バイオリンのお話し

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

初心者お子様でも調弦ができる楽器

テールピースの進歩によってお子様でも自分で調弦ができるようになりました。 以前の …

肩当てが必要になる人とはどんな人か

肩当てが必要になる人とは 以前、お教室の先生の方針によっては「肩当てはやめましょ …

主婦の方のレッスンーオールドの楽器をより鳴らしていくには

楽器をグレードアップされたSさん 今年の始めに楽器をオールドにグレードアップされ …

防音について

バイオリンの防音 新しい稽古事を始めた。しかし、練習場所が、と悩んでしまったこと …

通学通勤の帰りに通われる生徒さんに最も適したバイオリンケース

下倉楽器さんオリジナルのマルカート 以前は大学生の方もまた、通勤されておられる方 …

楽器を同時期にサイズアップされた小学生の女の子と男の子

楽器の大きさは身長だけでなく、腕の長さを考慮します。 お子様の分数楽器のサイズの …

新しい楽器持ち替えの際に重視すること

新しい楽器に持ち替えたときは お子様用の分数楽器も大人用のフルサイズ用楽器も、持 …

中級者が左手をなめらかに動かすコツとは

中級者のためのポジション移動 今回の記事は既にポジション移動に入っている方々の中 …

バイオリン弦、ドミナントをお勧めする理由

曲、楽器、会場を選ばない弦はやはりドミナント 最近は時代とともにさまざまなバイオ …