さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

暗譜で上達できるー主婦のレッスンより

   

暗譜をするとどんなことが良くなるのか。

バイオリンでもピアノでも暗譜をするとどんなことがよくなるのか。

一言で単刀直入に申し上げますとかなり、上達できる。

これを要約しますと、ご自分のテクニックをはるかに超えたスキルが暗譜によって加わるので、即時ですぐに弾けてしまうようになります。

では一度、暗譜できれいに弾けたところを楽譜を見てもう一度、弾くと先ほど弾けていたところが全然、弾けなく、音程も音色も満足できないということが起きます。

やはり、楽譜を置いておくと頼ってしまい、気が付くと体ごと楽譜にかじりついておられる方をかなり、見ます。

そうなるとマスターできていたフォームも崩してしまうことになります。

バイオリン演奏時の正しい目線は左指方向を見ることにしましょう。

弓方向ではありません。

バイオリンはこのアイポイントを左指にきちんと合わせることで上達できるということです。

暗譜の時期

ではいつの時期に暗譜をし出すと良いのでしょうか。

弾けれるようになってから行うものと思っていませんか?

実はそれは逆で暗譜をしようとしないので弾けない、弾きにくいということが大半です。

わかりやすく、言いますと弾けるようになってから暗譜をしようと思っているといつまでも弾けるようにはなりません。

私の場合は最初の譜読みの段階からいっしょに覚えていきます。

暗譜の方法

音符の少ない曲は4小節、多い曲は2小節ごとで区切り、最初はもちろん、楽譜を見て4小節だけ弾く→その後後ろを向いてその4小節を弾く。

わからなくなったら、また前を向いて1回弾く→その後後ろを向いてその4小節を弾くということをくりかえして、小節を4小節ずつ進めていきます。

難技巧な箇所が多くあったり、音符がたくさんでしんどい場合は2小節ずつやっていくとよいです。

その時に覚えるのは音やリズムだけではなく、スラーや指番号を同時に決めながら覚えていくととても効率が良いかと思います。

それでも大変な場合は1ヶ月に同じ4小節を繰り返すという方法もあります。

主婦のSさんもがんばって覚えようとしています。

難技巧のカールフレッシュスケールを弾かれるSさん。

最初、楽譜をしっかり、ご覧になられていて、随所で弾きにくそうな箇所が見られたので、一旦、楽譜から離れて講師といっしょに弾いてみます。

うろ覚えな部分があっても大丈夫です。講師がいっしょに弾きながら、しっかり、口で運指をアシストしていきますので、ご安心くださいませ。

弾けるまで帰してもらえないとか、そのようなことはいっさいありませんので、ご安心くださいネ。笑

左指にアイポイントを合わせて弾いていくと凹凸がなく驚くほどまろやかに上手に弾けました。

みなさま、日ごろから、暗譜を少しずつでもしていく習慣をつけていきましょう。

すると弾けなかったところや弾けなかった曲が弾けれるように必ずなります。

ごいっしょにがんばりましょう。

ただいま新規生徒さまを

募集しております。

お問い合わせは下記のボタンへ

友だち追加

  LINE OfficialAccount
   こちらは体験レッスンお申し込み専用アカウントです。
   現生徒さん用ではありませんのでご注意くださいネ。
 

 

 

 

 

さいたま市バイオリン教室、西堀ピアノ教室、浦和バイオリン教室、さいたま市南区バイオリン教室、桜区ピアノ教室、中浦和ピアノ教室、桜区バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、西堀バイオリン教室、オンラインレッスン、.zoomでレッスン、facetimeでレッスン、オンラインバイオリンレッスン、どこからでもアクセス、楽しく音楽,、さいたま市南区ピアノ教室、埼玉バイオリン教室、別所バイオリン教室、南与野バイオリン教室、ABEピアノ教室、子供習い事、大人のレッスン

 

 - バイオリンのお話し, 生徒さんレッスン風景

  関連記事

さいたま市南区の小学校1年生のレッスン

 発表会に向けて頑張りましょう。 すくすく、大きくなっているように見受けられるy …

色々なバイオリンサイズー小5で3/4~4/4サイズへ持ち替えたAちゃん

分数楽器のサイズ変更時期は様々です。 最近、お子様の分数楽器が様々なサイズで持ち …

中学生Mクンのレッスン

スケールを弾くことの目的 音階(スケール練習)の一番の目的はみなさん、何だと思い …

音階練習のスタートは早ければ早いほど良い。

スケールはバイオリンの正しい弾き方を学べるバイブルです。 初心者の生徒さんでは正 …

さいたま市南区のサラリーマンSさんー4ヶ月でハイドンを弾くように。

たった4ヶ月でハイドンに取り組むようになった大人のSさん。 最近、当教室では大人 …

重音レッスンで正しいフォームを身につける!

シニアのバイオリンレッスン   以前いらしていたシニアのTさん。その方 …

はじめてのレッスン

はじめてのレッスンは 体験レッスンが終わり、はじめてのレッスンはお母さまとお姉ち …

楽器演奏者の練習と本番は折れない心と無限な可能性を創り上げる

練習はプロだって大変、つらいものです。 楽器演奏者にとって弾けないものを弾けるよ …

バイオリン上達のカギはコレです!

1たくさん楽器に触れましょう。 ここでは難しいお話しは避け、できるだけみなさまに …

鈴木メソード4巻/ビバルディーに取り組むMクン

週ごとに着実に上達しているMクン 「継続は力なり・・・」コツコツと少しずつ弾くと …