さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン.ピアノ教室

浦和のABEバイオリン教室

主婦の方のレッスン

   

大人のレッスンでは様々なテキストを使用

当教室では鈴木メソード、新しいバイオリン教本、篠崎バイオリン教本、小野アンナ、カールフレッシュ、ホーマン、カイザー等様々な教本を使用してレッスンをしています。

主婦のKさんもそんなお一人です。

今までに曲だけでも3種類、そして、基礎固めのためのスケールや練習曲。

そんなこともあって、当教室にいらした生徒さんは必ず上達しています。

主婦のKさんは最初はお子様のスタートから1ヶ月遅れでバイオリンを習われたのですが、当初は楽譜を全く読むことのできなかった状態でドレミが楽譜にたくさん書き込んであった状態でした。

が、現在は練習曲の課題をドレミをいつの間にか全く書き込まずスイスイと弾けるようになりました。

2番目の当教室の特徴

曲だけのレッスンではなく、2番目の特徴として、当教室の生徒さん、みなさん、美しい音を出しています。

その理由は基礎フォームを徹底させるからです。

きちんとしたセオリーに元ずきバイオリンが弾けるようになる正しい弾き方を最初から学べます。

譜読みは誰でも億劫です。

実は自力で譜読みができるようになるここまでが、みなさん、とっても大変なのです。

譜読みを速くできるようになるコツはできるだけたくさんの曲を同時に読んでいくことなのです。

1つの曲が仕上がってからというのではなく、特に練習曲の場合は宿題以外の先の曲もどんどん予習していくとかなりの効果があります。

サマーコンサートに向けて

Kさんもサマーコンサートに向けて頑張っています。

コレルリーは難しい作曲家ですが、細かい弾き方を調整しながら、ごいっしょに頑張っていきましょう。

 

お問い合わせは

友だち追加

ID検索→@abe1

お問合せ

さいたま市バイオリン教室、中浦和バイオリン教室、桜区バイオリン教室、浦和バイオリン教室,さいたま市南区バイオリン教室、西堀バイオリン教室、別所バイオリン教室、埼玉県バイオリン教室,南与野バイオリン教室、武蔵浦和バイオリン教室、さいたま市中央区バイオリン教室

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

弓の持ち方

弓の持ち方で劇的に音質が変わる! 昨日、来た生徒さんの中で面白い発見をしてしまい …

聴いておきたい弦楽四重奏曲ハイドン/「皇帝」

ハイドン/弦楽四重奏曲第77番「皇帝」第2楽章「神よ皇帝フランツを守りたまえ」 …

一歩一歩上達している中学生のMちゃん

やはり、基礎をまじめにやると必ず上達していきます。 バイオリンは集中力が実はとて …

さいたま市中央区の高校生レッスン風景

フォームが良くなってきた高校生 今年3月にバイオリンを始められたHさん。 始めた …

年中さんーAちゃん、大好きなキラキラ星

合奏曲の練習に熱が入り 当教室では3/21に合奏の合同練習が行われるのですが、各 …

ロングトーンボーイングの重要性ー小学生レッスンより

ボーイング練習が足りなかったかな。 夏休み明けのレッスンはyクンなりに頑張ってき …

親子レッスンー怪我をしても頑張って弾いています。

5才のIちゃん、捻挫をしてしまったようです。 2月からママと親子レッスンを始めた …

さいたま市桜区よりー3才児レッスン

楽しみなおけいこ 3才のyちゃんがレッスンへ見えられました。 yちゃんは毎週、毎 …

大学生ーサマーコンサートに向けて頑張っています。

本番が近くなればなるほど 幼き頃にピアノをやっていた大学生なだけあって、ピアノの …

大好きなバイオリンー中学生レッスンより

嬉しそうに入ってきたMちゃん。 何だかうれしそうにレッスンへ入ってきたMちゃん。 …