さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

4/4のバイオリンレンタル楽器

   

調整後のオールドレンタル楽器4/4

工房に出していた4/4,オールドのレンタル楽器の調整が終わり、戻ってきました。

IMG_7113

この楽器、塗りが凄い魅力的な楽器です。カラーが何ともいえないのですが、とある工房さんの手工品です。

父が生きていたころ、使用していた楽器で、当時、どれぐらいで買い求めたのか、聞けませんでしたが、私が子供のころに手にした印象よりも良く、時が経過し年数が経っているせいか、今、弾いて見るとなかなか甘い深みのある美味しい音に。

音が良く伸びるので初心者でも弾きやすいと思います。

オールドの弾きやすさを実感できるような楽器です。

新作とオールドの音の違い

そもそも、新作楽器はまだ、誰も弾きこまれていない楽器なせいか、弾いた感触は硬い、音が箱の中だけで鳴っている。

音がすぐ消える、細かい音が出せない等、講師が初めて、新作を手にした時の感想はまるで金属を相手にしているような気分でした。

今となっては多少は弾き方でカバーができる部分もありますが、オールドにはやはり、叶わないと思えます。

新作を弾くには少し、コツがいるのである程度の技術へ進むと断然、オールドの方が弾きやすいと感じるようになると思います。

オールドでも、もちろん、楽器にも依りますが、弾いた感触はやらわかい、dimが何段階もできる。速い細かいパッセージもやってる通りにタイムリーに出てくれる。新作だとパッセージによってはタイムリーについてきてくれない。

ビブラートも指を動かしている間は小さな音でも出てくれているのがオールド。

それに対しまだ、ビブラートをしているのに音がとっくにないというのが新作です。

このように書いていると新作のメリットってないように思えますがそんなことはありません。

人間と同じで若いわけですので工房へ出す頻度がオールドより少ないという点でしょうか。

IMG_7120

バイオリンはきちんとまめに調整に出すと見違えるほど見た目も美しくなり、また、音も良くなってきます。

今回、お願いした内容は指板がはげていたので、塗り直ししてもらい、また、魂柱の交換(異常に細いものだった)とベグ4本の交換と加工です。

もちろん、弦も全て交換し、クリーニングもしてくださいましたが、さらに、良くなった楽器、弾いて見ませんか?。

このレンタル楽器はお教室内のみですが、オールドをご検討中の方とか、お手持ちの新作楽器と比べて見たい方、またオールドの音色というものを体験してみたい方、その他、バイオリンをまだ、持ってない方でも大丈夫です。

IMG_7121

撮る写真の角度によって微妙に違う色合いもステキですね。

当時、20代だった父が大金をつぎ込んだとは思いにくいので、当初は手の届く範囲で購入したのでしょう。

でもね、バイオリンは時が経過すると本当に凄い音に変わるのです。

みなさんも子供のころバイオリンをやってて今となっては弾いてないどころか眠っているという楽器、ありませんか?

時がかなり、経過して、開けたら、凄い音になっているということがあるかも知れません。

IMG_7122

この楽器もできて70年は経過しているせいか凄い音になりました。

ぜひ、弾いて見てください。

当教室では体験レッスン生を募集しております。

何と 体験レッスンが一人、3回まで受けられ体験レッスン料が3回で¥1,000

体験レツスン中に、もしもご入会された場合は3回とも無料になります。

入会金は8月31までにご入会された方は¥8000が¥0です

ご連絡、お待ちしております。

 - レンタル

  関連記事

レンタル楽器1/8

 カルロジョルダーノ1/8vs-1 お教室のレンタル楽器1/8が先日、仲間入りし …