さいたま市桜区・南区・浦和区の個人バイオリン教室

浦和のABEバイオリン教室

さいたま市の中学生体験レッスン

   

中学生経験者の体験レッスン

さいたま市中央区から中学生のHクンがお母さまと昨日、体験レッスンに見えられました。

Hクンはバイオリンを7年も続けてきたなかなかの頑張り屋さん。

今日は新しいバイオリン教本3の中のFiocco Allegroを弾いてくれました。

この曲は細かい音符がとても多く1音1音を楽譜通りの音を拾っていくだけでも生徒さんにとっては大変な労力を要する曲なのですが、Hクンは音符だけでなく、音程も正確にとっても丁寧にさらってありました。

しかし、この曲は右手のしなやかなボーイング(技巧)が最後まで要求される曲です。

右手首を使い回し弓はどこの位置でどのぐらいの量という厳密さがどうしても問われてきます。

そういった意味ではこの曲の場合は左手の音程よりも右手の手首を自由自在に使えるかがポイントになってきます。

IMG_6709

インテンポで速く弾くのは本当にむずかしい曲ですね。また、一定のテンポをキープするのも。

①これを速いテンポにもっていくには手首を一音一音使いながら逆付点のリズムで練習する。

②1拍ごとにわずかな休符を入れて練習する。次に2拍ごとに休符かな。

通す時はメトロノームで管理しながら、2メモリずつ上げていく。

このように練習すると速く弾けるようになりますが、弓を多く使うとどうしてもテンポを上げることはできなくなるので、速く弾くには真ん中より少しだけ上で短い一定の量をずっと弾き続けていきます。

また基礎力をしっかりとつけスキルアップさせていけば必ず、速いテンポでも弾けれるようになります。

バイオリンの技術は左手だけではありません。

バイオリンの技術は左手だけではありません。右手だけ難しい曲もいっぱいあります。

Fioccoは速いテンポで弾かれると聴いている人にとっても大変そう、難しそうって感じてくれる曲なのですが、そうでない曲もあります。

難しいボーイングをしているにもかかわらず、旋律が有名なものであったり、わかりやすい旋律であったりすると簡単そう、アマチュアでもこれぐらいなら弾けると思われてしまうような曲もあります。

そういった意味ではFioccoは弾き応えも聴き応えもある曲ですね。これに装飾音符がついた編曲版も出ていたと思います。

何年か経ってまた、この曲を弾いて見るとこの曲を練習してないのにもっともっと上手に弾けるようになってることが、バイオリンって意外にあるものです。

因みにバイオリンのテクニックでう~凄い!とステージ上でどよめきが上がるテクニックはフィンガーpizzです。

左手で弦をはじくこのテクニックは何度弾いてもお客さんの反応が凄いです。

さて、Hクン、レッスン開始からのテキストは今までほとんど曲しかやってこなかったということで、練習曲のカイザーとカールフレッシュを曲に追加することが決まりました。

曲は今までスズキメソード5巻の途中まで、おやりになったそうなのでその続きから始めることにしました。

今後の課題としてのフォームの矯正は

IMG_6711

左手の親指・・・・親指が出過ぎると速いテンポの曲が苦しいかなと思います。

そして、右手のお肘も各弦において必要な高さまで上げられるようになると音色が違ってくるだけではなく、手首も軽くなり回しやすくなります。さぁ、頑張っていきましょう。

せっかくここまで弾けれるようになったのだから、スキルアップさせて、弾けれる曲のレパートリーを増やしましょう。

ごいっしょに頑張りましょう。

 

 

 

 - 生徒さんレッスン風景

  関連記事

小学生Sちゃん講師と同じ肩当てを使い出しました。

ママとおそろいの肩当て 小学生Sちゃんは講師が最近、使い出したViva La M …

さいたま市桜区より中学生のレッスン

 一歩一歩、上達しているMちゃん 毎週のレッスンが楽しくて仕方のないMちゃん。 …

サラリーマン経験者のレッスン

yさん、合格おめでとうございます。/ ”   V  ” …

曲がどんどん進んでいく小学生yクン

曲以上にスケールも頑張って練習しましょう。 最近、少し、自分だけで練習するように …

大人のレッスン-yさん

右手の訓練 レッスンにいらしたyさん。 まずはバイオリンを持ってから、右手の脱力 …

4才のAちゃん、初レッスン

誰のバイオリン? 昨日はAちゃんが初のレッスンにやってきました。 元気いっぱいの …

バイオリンの美しい音色はどうしたら出せるようになるのか

バイオリンの甘い美しすぎる音色にウットリ~ 神奈川県から月1でレッスンへやって来 …

中学生Mちゃんのレッスン

右肘の高さは手首の高さに合わせる 中学生のMちゃんがレッスンにやってきました。 …

小学生と年中さんの新しいお友だち

初めて覚えた感動ー初めてのレッスン 3月から、小学生と年中さんのご兄弟でバイオリ …

一歩一歩上達している中学生のMちゃん

やはり、基礎をまじめにやると必ず上達していきます。 バイオリンは集中力が実はとて …